読書と映画とガーデニング

読書&映画&ウォーキング&落語&野球などなど、楽しく生活したいですね!

映画・嗤う分身

2014年11月15日 | 映画(海外)

 

2013年 イギリス
原題 THE DOUBLE

原作 ドストエフスキー「二重人格」

 

 

時代も場所も不明
“大佐”(ジェームス・フォックス)と呼ばれる者が君臨する世界
不穏な空気の会社で働くサイモン・ジェームス(ジェシー・アイゼンバーグ)
勤続7年、真面目に働く青年だが存在感が薄く、上司や同僚から軽く扱われ、名前もまともに覚えてもらえていません
片想いの相手、コピー係りのハナ(ミア・ワシコウスカ)にも相手にされず、帰宅後は自宅アパートの真向かいにあるハナの部屋を望遠鏡で覗くのが日課

 

映画はサイモンの通勤風景
怪しい雰囲気の地下鉄車内から始まります
暗く揺れも騒音もひどく、かなり古そうな車両の中
ひとりの男性から、周囲は空席だらけなのに『そこは私の席だ』と言われ反論も出来ず席を立つサイモン
駅に着き、降りようとするが郵便物か何かの積み込み作業に邪魔をされてしまいます
発車寸前、何とか飛び降りたものの持っていたカバンが扉に挟まれたまま地下鉄は出てしまい、サイモンの手に残されたのは取っ手のみ
積み込み作業人に無視され続けたところから、サイモンの存在そのものが怪しげになっていることがわかります

 

運に見放された男には、どんな一日が待っているのでしょう

会社に着くも守衛からは来客者扱いを受けてしまいます
おかしな状況とは思いつつ
気の弱いサイモンは特に抗議するでもなく甘んじて受け入れ与えられた仕事をこなすのでした

 

ある日、突然現れた期待の新人
ジェームス・サイモン(ジェシー・アイゼンバーグ二役)
外見は全てがサイモンと瓜二つ
驚くサイモンだったが、会社の人間は皆気にも留めていない様子
サイモンとジェームスの違いは、その性格にありました
ジェームスはサイモンが持っていない(持っていたいと願う)明るさ、要領の良さで瞬く間に会社での存在感を増していきます
かたやサイモン
ますます存在感が薄れていき、とうとう社員IDも削除されてしまう始末

 

一体全体どうなっているのか…

 

アイゼンバーグによる暗いサイモンと明るいジェームスの演じ分けが素晴らしいです
少しの足の運び、腕の振り方、視線の高さ程度でも随分とその人の印象が変わるものですね

 

映画全体が『夜』『閉じられた世界』で
会社も地下鉄もサイモンやハナが暮らすアパートも暗く、この映画はどこに向かうだろうか、観客を捉えて離さない雰囲気で占められています

 

あの原作をこう料理したとは予想外でした
実に面白い、しかし空恐ろしい
ダークな分身に押しつぶされていくサイモンの様はリアル現代社会そのものでした

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11/9 入谷 上野 谷中 清水ミ... | トップ | 映画・天才スピヴェット »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
音楽も (たんぽぽ)
2014-11-15 20:10:27
原作を読まれたのですね!
これを読んでいる方というのは、少ないのではないかと思います。さすがですね。
そもそも時代が全然違うので、かなりアレンジされているのだろうなあ・・・とは思っていました。
この閉鎖された夜の世界。なんとも言えません。
そして、使われていた音楽も凄かった!ですね。
「上を向いて歩こう」には思わず泣きそうになりました。
たんぽぽさん (こに)
2014-11-16 08:40:46
原作は、映画の予告編を見て本屋さんに走りましたが在庫無し、困った時のAmazonにてゲットしました。
原作を読んでおいて良かったと思った一番のシーンは、サイモンが初めて自分の分身を見かけるところ。サイモンの心の内が手に取る様に分りました。
二番は大佐のパーティのシーンの、サイモンの歪んだ心でした。
原作を見事にアレンジした脚本・監督の手腕に大喝采を送りたい気持ちです。

「上を向いて~」はあのシーンにピッタリでしたね。
私もサイモンの切ない恋心にグッときました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
嗤う分身~回帰分析的ハッピーエンド (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス映画。原題:The Double。フョードル・ドストエフスキー原作、リチャード・アイオアディ監督。ジェシー・アイゼンバーグ、ミア・ワシコウスカ、ウォーレス・ショ ...
『嗤う分身』 (beatitude)
厳しい束縛と管理体制の中、労働者は単なるコマにしかすぎない世界。“大佐”(ジェームズ・フォックス)なる者が君臨する不穏な雰囲気の会社で働くサイモン・ジェームズ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、気は優しいが要領の悪い内気な男。勤続7年になるが....
嗤う分身 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★☆【2.5点】(11) この映画の世界観はまるでアンダーグラウンド(笑)
嗤う分身 (映画と本の『たんぽぽ館』)
しびれるほどにユニーク!! * * * * * * * * * * ドストエフスキー原作の不条理スリラー ・・・という触れ込みに惹かれまして、拝見。 気が小さくて人付き合いも不器用、 目立たない男サイモン(ジェシー・アイゼンバーグ)。 向かいのアパート...
嗤う分身 (あーうぃ だにぇっと)
嗤う分身@西荻ターニング
嗤う分身 (ザ・ダブル)/The Double (我想一個人映画美的女人blog)
ある日、自分と同じ姿の人間が現れて、全てを奪っていく ロシアの文豪、「罪と罰」や「カラマーゾフの兄弟」などでお馴染み ドストエフスキー著の「分身」を英語圏では初の映画化。 お気に入りのジェシー・アイゼンバーグが主演と聞いたときから楽しみにしてい...
【TIFF_2013】『ザ・ダブル/分身』 (2013) / イギリス (Nice One!! @goo)
原題: The Double 監督: リチャード・アヨエイド 出演: ジェシー・アイゼンバーグ 、ミア・ワシコウスカ 、ウォーレス・ショーン 、ノア・テイラー 第26回東京国際映画祭『ザ・ダブル/分身』 ページはこちら。 今年もTIFFがやって参りました。この時期....
嗤う分身 (2013) (ジュライシネマログ)
〈あらすじ〉 内気で要領が悪く、驚くほど存在感の薄い青年サイモン(ジェシー・アイゼンバーグ)。 秘かに想いを寄せるコピー係のハナ(ミア・ワシコウスカ)にもまるで ...
嗤う分身・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ホンモノの“僕”はどっちだ? ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの不条理小説、「分身」の大胆な新解釈。 ジェシー・アイゼンバーグ演じるコンプレックスの塊のような主人公は、ある日自分のドッペルゲンガーと出会う。 やがて彼は、自分とは正反対に快活で...
「嗤う分身」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・イギリス/Alcove Entertainment配給:エスパース・サロウ 原題:The Double監督:リチャード・アイオアディ原作:フョードル・ドストエフスキー原案:アビ・コリン脚本
嗤う分身 (心のままに映画の風景)
要領が悪く存在感の薄いサイモン・ジェームズ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、周囲からまともに相手にされず、向かいの部屋に住む職場の同僚ハナ(ミア・ワシコウスカ)を望遠鏡でのぞくパッとしない毎日を送っていた。 ある日、サイモンと生き写しのような新人、ジェ...
「ザ・ダブル/分身」(東京国際映画祭2013) (ここなつ映画レビュー)
東京国際映画祭コンペティション作品。ドフトエスキーの原作をモチーフに作られた不条理劇。今をときめくジェシー・アイゼンバーグとミア・ワシコウスカが主演。 主人公の生きる世界は近未来で「未来世紀ブラジル」にも似た世界観。ただし、未来なんだかレトロなんだ...
嗤う分身 ★★★ (パピとママ映画のblog)
ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの著書を、ジェシー・アイゼンバーグ主演で映画化した不条理スリラー。内気でさえない男の前に、見た目は全く同じながら性格は正反対のもう一人の自分が出現したことで、全てを狂わされていく男の姿を描く。監督はコメディアンと...
またも瓜二つの人物の出現 (笑う社会人の生活)
10日のことですが、映画「嗤う分身」を鑑賞しました。 サイモン・ジェームズはまともに周囲から相手にされず 向かいの部屋に住む同僚ハナを望遠鏡でのぞくことだけが楽しみの毎日。 そんなある日 彼と瓜二つのジェームズ・サイモンが入社し 容姿は同じでも性格は全然違う...