読書と映画とガーデニング

読書&映画&ウォーキング&落語&野球などなど、楽しく生活したいですね!

映画・アバウト・タイム

2014年09月30日 | 映画(海外)

 

原題 ABOUT TIME
2013年 イギリス

 

 

タイムトラベルものです
しかし、本作のテーマは別のところにあります

 

 

イギリス南西部の美しい海辺の町コーンウォールに暮らす青年ティム(ドーナル・グリーソン)
両親(ビル・ナイ、リンゼイ・ダンカン)と妹(リディア・ウィルソン)、伯父(リチャード・コーデリー)の5人家族は少し風変わりだけれどとても仲良しだった
オレンジ色の髪とヒョロヒョロの体型にコンプレックスを抱いているティム
シャイで彼女も出来ず自己嫌悪に陥っていた彼は年越しパーティの翌日、父親からとんでもない事実を告げられる
なんと!一家の男たちは代々タイムトラベルの能力を持っているのだという
ただし、戻れるのは自分自身の過去のみ、未来には行けない
一家の中には、その能力の使い方を誤り人生をダメにした輩も多くいるという
タイムトラベルの方法は、暗い場所でこぶしを握り締め戻りたい過去のシーンを想像するだけなのだという
冗談だろうと思いながら父親に言われた通り実行してみると…
失敗ばかりした前日の年越しパーティの場に戻ることが出来たのだった!

 

その年の夏、一家に滞在していた美女・シャーロット(マーゴット・ロビー)に恋をしたティム
タイムトラベル能力を使って彼女にアタックするも見事撃沈
能力があっても思うようにことが運ばないことを実感するのだった

 

弁護士になるためロンドンで暮らすようになったティム
そこで、苦心惨憺
巧妙なタイムトラベルを重ねたうえ人生の最良の伴侶・メアリー(レイチェル・マクアダムス)を得た彼の人生は順風満帆のように見えたのだが…

 

子どもも二人になり年を重ねたティム
妹の不運や父親の病気など、人生には特殊能力をもってしても避けられない不運や不幸があるのだということを悟っていくのだった

 

 

ティムが特殊能力を悪い方向に使うことはありません
一度会っただけで心を奪われてしまったメアリーを手に入れるためにズルイことはしますが、そこはさらりと流して^^
一旦はメアリーと携帯番号の交換をするも、その後で人助けの為にタイムトラベルを使ったことでメアリーとの出会いが無かったことになってしまったティムは、人と人が出会うこと、愛し合うことの難しさに気づいて、その後徹底的に謙虚になっていきます

 

 

いいな、と思ったのは
父親から伝えられた「ある一日をもう一度体験すること」の大切さ
仕事で疲れ、昼食を買いに出かけた店で店員に愛想のない態度をとり、地下鉄の中で隣席の男性のイヤホンから流れて来る音楽に顔をしかめ、メアリーには疲れたとこぼし…
二度目のその日は、仕事で嫌味をいう相手を陰で笑い、店員に笑顔で気さくに話しかけ、地下鉄の車内で一緒に音楽を楽しみ、メアリーには大変だったけれど良い一日だったと語る
人生において、その日、その時は二度と来ないのです
その瞬間がいかに大切なものなのか
私たちは普段気づかずに過ごしているのです

 

父親がティムに教えてくれたこと
ティムもまた自分の息子に伝えていくのでしょう

 

ラストが本当に素敵!
タイムトラベルなんてどうでもいいこと
自分らしく今を生きることの大切さを改めて教えてくれる映画でした

 

 

劇中歌、エンディング曲も良かったです♪

 

 

 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9/28 志の輔らくご in 森ノ宮... | トップ | 川上弘美「真鶴」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たんぽぽ)
2014-10-13 19:57:06
一日を二度過ごすというのが本当にスゴイと思いました。
二度目の余裕で、周囲にいろいろな気配りができるなんて。
もともとこの父子は人にやさしいのですよね。多分こういう人にしかタイムトラベル能力は受け継がれないのかも。
たんぽぽさん (こに)
2014-10-14 08:18:10
トラバありがとうございます。
タイムトラベルの能力があったら、私など絶対ズルイことや楽なことばかりに流れそうです(笑)
佳き人々の素敵な映画でしたね♪

最近映画館ばかりに出かけていて読書が進んでいません。
やはり時間が戻せたら読書かな。
でもその時間に映画館にいなかったということは…、ブログ記事はどうなるのかな…、映画記事と読書記事と両方アップ出来るのかなぁ。
考えたくなくなりました~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
No.455 アバウト・タイム 愛おしい時間について (気ままな映画生活)
タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信がなく、ずっと恋人ができずにい ...
アバウト・タイム 愛おしい時間について (佐藤秀の徒然幻視録)
人生の脚本作りをそのままSF処理したような 公式サイト。原題:About Time。イギリス映画。リチャード・カーティス監督、ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナ ...
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(P) 映画みたいに日常の失敗を、毎回やり直すことができたら。。。
「アバウト・タイム 愛おしい時間について」:爽やかなエンドマーク (大江戸時夫の東京温度)
映画『アバウト・タイム 愛おしい時間について』を試写会で観ました。まさに試写会タ
映画:アバウト・タイム 愛おしい時間について ABOUT TIME 人生・愛 の貴重な瞬間の儚さを振り返る (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
写真でわかるように、主演女優 = レイチェル・マクアダムス。 「きみがぼくを見つけた日 The Time Traveler's Wife」で既にタイム・トラベラーの彼女役。 タイム・トラベラー女優、とでも名付けるか(笑) あの映画の主人公は自分の意思とは関係なく現在過去未...
『アバウト・タイム~愛おしい時間について~(About Time)』リチャード・カーティス監督、ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクア... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』About Time監督 : リチャード・カーティス主演 : ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ 物語
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/ABOUT TIME (我想一個人映画美的女人blog)
わたしが心に止めている言葉のひとつに、映画「アメリカン・ビューティ」の中の言葉 「今日という日は、残りの人生の最初の一日」というのがある。 本当に毎日はあっという間にすぎてくからー。一日一日を意識して大事に生きたい。 この気持ちを更に強くする作品...
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (風に吹かれて)
日日是好日 公式サイト http://abouttime-movie.jp 製作総指揮・監督・脚本: リチャード・カーティス  「ラブ・アクチュアリー」 「パイレーツ・ロック」 イギリス南西部の海辺の
『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」□監督・脚本 リチャード・カーティス □キャスト ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ、       トム・ホランダー ハリー、マーゴット・ロビー、リンゼイ...
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (to Heart)
今日を生きることが 好きになる。 原題 ABOUT TIME 上映時間 124分 製作国 イギリス 脚本:監督 リチャード・カーティス 出演 ドーナル・グリーソン/レイチェル・マクアダムス/ビル・ナイ/トム・ホランダー/マーゴット・ロビー/リディア・ウィルソン/リンゼイ・ダンカン ...
アバウト・タイム~愛おしい時間について~ (はるみのひとり言)
映画館で観ました。彼女もなく冴えない青年ティム。21歳の誕生日に父親から家系の秘密を告げられます。それは代々一家の男たちにはタイムトラベル出来る能力があり、望んだ時間の戻れるとの事。信じられないティムでしたが、試してみると昨晩のパーティーに戻っていて。テ...
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (にきログ)
またまた映画の感想です 事前情報はタイムスリップの能力をもった青年の恋愛物語ということでした が、想像したのとは少し違った作品でしたね どちらかというとヒューマンドラマな印象でした あらすじ 自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン...
アバウト・タイム 愛おしい時間について (映画と本の『たんぽぽ館』)
タイムトラベルは幸せへの切符ではないけれど * * * * * * * * * * 「ノッティングヒルの恋人」や、「ブリジット・ジョーンズの日記」、 「ラブ・アクチュアリー」、 女心をくすぐるロマンチック・コメディの名手、 リチャード・カーティス監督作....
『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』 (beatitude)
イギリス南西部でティム(ドーナル・グリーソン)はちょっと風変わりな両親と妹、伯父ら家族とともに暮らしていた。家族との仲は良好であるものの、自分になかなか自信が持てず、恋人ができないでいた。21歳の誕生日を迎えた日、ティムは父(ビル・ナイ)からある秘密を告...
愛おしい映画について~『アバウト・タイム~愛おしい時間について』 (真紅のthinkingdays)
 ABOUT TIME  英国南西部、コーンウォール。海岸沿いの家に家族と暮らす冴えない青年ティ ム(ドーナル・グリーソン)は、21歳を迎えた時、父(ビル・ナイ)からある事実を知 らされる。それは、彼の家系の男子に代々伝わる特殊能力、タイムトラベル...
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (映画好きパパの鑑賞日記)
 タイムトラベルのラブコメもので、「ラブアクチュアリー」など英国ラブコメの名手リチャード・カーティス監督の引退作。ラブコメ部分は悶絶するぐらい胸がときめいたのですが、タイムトラベル部分で突っ込みどころがあり、最後までラブコメメインでいけばいいのにと思い...
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (とりあえず、コメントです)
「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が創り上げた、タイムトラベルもの&ラブストーリーです。 予告編を観て、レイチェル・マクアダムスのとても幸せそうな笑顔に惹かれました。 SFではなくてファンタジーなのりの優しい視線の物語の世界に、とても癒...
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ '13:イギリス ◆原題:ABOUT TIME ◆監督:リチャード・カーティス「ラブ・アクチュアリー」 ◆出演:ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ、トム・ホランダー、マーゴット・ロビー、リンゼイ・...
アバウト・タイム 愛おしい時間について/人生は偶然と奇跡の連続 (MOVIE BOYS)
『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督が送るロマンティック・コメディ。一族の男性がタイムトラベルの能力を持つという家系に生まれた主人公が、恋人や家族との時間の中で愛や幸せとは何かに気付いてゆく。主演は『ハリー・ポッター』シリーズでビル・ウ...
「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「 About Time」2013 UK コーンウオールに住むティムは21歳の誕生日に父親から先祖代々タイムトラベルの能力があると知らされる。驚きながらもそれを活用しようと心に誓い素晴らしい女性をゲットすべく奔走する... ティムに「わたしを離さないで/2010」「シャドー...
『アバウト・タイム 愛おしい時間について』をシネマート六本木3(B1F小)で観て、まあまあふんふんふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
忘れちゃいそうだから、軽くポコポコ映画の感想潰していっちゃうぞ祭。 五つ星評価で【★★★気持ちいい春風みたいな。でもパンチは薄い】   タイムトラベルものだけど、タ ...
タイムスリップは恋を生む (笑う社会人の生活)
8日のことですが、映画「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」を鑑賞しました。 自分に自信がなく恋人のいないティムは21歳の誕生日に父親から一家の男にはタイムトラベル能力があることを告げられる 恋人を得るため能力を繰り返しティムはメアリーと恋をするが ...
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/フランシス・ハ (あーうぃ だにぇっと)
ギンレイホールの2本立て
「アバウト・タイム」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったけど、やっぱり私は、「バタフライエフェクト」の方が好きです。
「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」 まさに時は愛おしい (はらやんの映画徒然草)
昨年公開された作品で、恒例の年末のブロガーさんのランキングでも評価が高かったのを