読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・リトル・フォレスト 夏・秋

2014年09月22日 | 映画(国内)

 

2014年 日本

 

 

東北の小さな山村・小森(リトル・フォレスト)で独り暮らしをしているいち子(橋本愛)・21歳
高校を出てから都会で彼氏と暮らしていたが、彼女の性格が邪魔をしたのか上手くいかず故郷に戻ってきた
『逃げ戻ってきた』という自覚はあるものの、まだ自分とは向き合えていない様子
とりあえずは実家で自給自足に近い暮らしをしている
母親(桐島かれん)がいるが数年前に家を出たらしい
父親のことなど、詳しいことは来年公開の冬・春編で明らかになるのでしょうか

 

稲を育て、畑仕事をし、野山で採った季節の食材、魚や鴨を自らの手で処理して毎日の食事を作る
いち子の手や指先が食材を慈しみつつ人が口にするものに変えていく行程が丁寧に描かれていきます
そして、いち子の食べ方がまた良いのです
豪快に食べるのではありません
食物への感謝が伝わってきます
口や顎の動かし方が美しく、品の良い食べ方の見本のようです
橋本愛さんのキリリと締った口元に見惚れてしまいました
好きな女優さんのひとりです

 

ストーリー展開は遅々としていてほとんど前に進みません
日々の野良仕事や、分校の後輩・ユウ太(三浦貴大)、親友のキッコ(松岡茉優)、キャンプ場のシゲユキ(温水洋一)、村のお年寄りたちとの会話を通じて深く内省するいち子
同じように都会から戻ってきたユウ太には考えさせられるところが多いようです
三浦貴大さんの少し陰のある雰囲気は百恵さんを思い出させますね

 

秋も深まった頃、いち子が着ていた温かそうな毛糸のベストが気になりました^^;

 

ウスターソース、ミズとろろ、自家製ホールトマト、くるみごはん、栗の渋皮煮、干し芋などなど
私でも作れそうな献立が紹介されます
まずは、ひと手間かけて筋を取った青菜炒めを作ってみようかな

 

ナレーションは橋本愛さんご自身
少し成長したいち子が、あの頃の自分を客観的に眺めているような雰囲気で
特に印象に残るのは小森の風景に重なって流れる冒頭ナレーションです

 

ちょっと疲れたと感じたら、いち子のように空を見上げてみましょうか
いち子も翌年の春には何か新しい道を見つけるのか
ともかく冬・春編の公開が待ち遠しいです

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皆川博子「笑い姫」 | トップ | 藤沢周平「闇の穴」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
橋本愛 (rose_chocolat)
2014-09-22 09:39:06
だから、よかったんじゃないかと思いました。
こういう作品って、出演者の人柄もしっかり出ちゃいますから、
彼女が作品にちゃんと向き合ったということが伝わってきて、良かったです。

>詳しいことは来年公開の冬・春編で明らかになるのでしょうか
そんな余韻も残していましたね。
森監督の上手さだと思いました。
rose_chocolatさん (こに)
2014-09-23 15:02:06
橋本愛さん
ますます好きになりました。
とても勘の良さそうな女優さんですね。
お料理だけじゃなく、チェーンソー、草刈や薪割りなども自分で演じておられて感心しました。
早く冬・春編が観たいですね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
リトル・フォレスト 夏・秋 (佐藤秀の徒然幻視録)
胃の中の蛙 公式サイト。五十嵐大介原作、森淳一監督。橋本愛、三浦貴大、松岡茉優、温水洋一、桐島かれん。1本の映画というより「夏」編、「秋」編同時連続上映という感じ。「夏 ...
『リトル・フォレスト 夏・秋』 (2014) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本: 森淳一 原作: 五十嵐大介 出演: 橋本愛 、三浦貴大 、松岡茉優 、温水洋一 、桐島かれん 鑑賞劇場: 新宿ピカデリー 公式サイトはこちら。 一度は都会に出たものの、自分の居場所を見つけることができず、東北の山間の小さな村・小森に戻って...
リトル・フォレスト 夏・秋/橋本愛 (カノンな日々)
五十嵐大介さんの人気コミックを橋本愛さんを主演に『重力ピエロ』の森淳一監督が映画化したヒューマンドラマです。東北の小さな集落を舞台に都会暮らしになじめず故郷に帰ってき ...
No.448 リトル・フォレスト 夏・秋 (気ままな映画生活)
旬の食材をいかした食事と自給自足の生活を通じて自分と向き合う若い女性の姿を四季を通じて描かれる全4部を「夏編・秋編」「冬編・春編」の2部にわけて公開。一度は都会に出たも ...
リトル・フォレスト 夏・秋 (とりあえず、コメントです)
五十嵐大介著の同名コミックを森淳一監督&橋本愛主演で創り上げたドラマです。 原作は未読ですけど、主人公が田畑で働いている予告編を観て、どんな作品なのだろうと気になっていました。 自給自足の中でえられる自然の恵みの豊かさに、観ているうちにどんどんお腹が空い...
「リトル・フォレスト 夏・秋」1人での自給自足を経て知る農業の奥深さと毎日の生活 (オールマイティにコメンテート)
「リトル・フォレスト 夏・秋」は岩手の山奥で自給自足の生活をする20代の女性が春夏秋冬の1年の自給自足の生活を描くストーリーである。1人の女性が田舎の山奥で農業で自給自 ...
ショートレビュー「リトル・フォレスト 夏・秋・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
世界は命で満ちている。 やたらお腹の空く映画だった。 原作は、「海獣の子供」「カボチャの冒険」などで知られる五十嵐大介の同名漫画。 大自然に囲まれた東北の小さな村を舞台に、一人自給自足の生活を送るいち子の日常を描く春夏秋冬の四部作で、実際に東北に移り...
リトル・フォレスト 夏・秋 ★★ (パピとママ映画のblog)
「海獣の子供」「魔女」などで知られる漫画家・五十嵐大介が、東北の小さな村を舞台に、旬の食材をいかした食事と自給自足の生活を通じて自分と向き合う若い女性の姿を描いた「リトル・フォレスト」を、橋本愛の主演で実写映画化。四季を通じて描かれる全4部を「夏編・秋....
リトル・フォレスト 夏・秋 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
リトル・フォレスト 夏・秋編 '14:日本 ◆監督:森淳一「蛇のひと」「重力ピエロ」 ◆出演:橋本愛、三浦貴大、松岡茉優、温水洋一、桐島かれん ◆STORY◆都会に出たものの馴染めないでいたいち子(橋本愛)は、故郷である東北地方の小さな集落・小森に戻ってく...
リトル・フォレスト 夏・秋 (映画好きパパの鑑賞日記)
 橋本愛が1年間かけて農村で暮らす様子を描いた贅沢な作品で、農作業のつらさとかもきちんと描いて、単なるエコ万歳になっていないのは良かったけれど、特に盛り上げることもなく、ひたすらご飯を食べまくる、なんとも不思議な作品でした。  作品情報 2014年日本映画...