読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・ジャッジ!

2014年01月29日 | 映画(国内)

 

2014年 日本

 

広告代理店・現通に勤務する太田喜一郎(妻夫木聡)
仕事を愛して止まないものの腕はイマイチの落ちこぼれクリエイター
合コンでもドン引きされ、故郷・青森時代の彼女からもらったキーホルダーを手放せないでいる
企画書を提出しても毎回のように先輩(加瀬亮)からダメ出しをくらい、「出来る方のオオタにやってもらうからいい」と言われる始末
その、もう一人のオオタ・大田ひかり(北川景子)はギャンブル好きというのが少々困ったさんだが仕事は出来るので喜一郎よりは遥かに会社の信頼は厚い

ある日、身勝手で長いものに巻かれろ主義の上司・大滝一郎(豊川悦司)から突然無茶ぶりされたのは
自分の代わりにサンタモニカ国際広告祭の審査員をする、というもので、会社の大事な顧客のちくわのCMを入賞させなければクビになってしまうというのだ
大滝一郎=オオタキイチロウ=太田喜一郎、だから大丈夫だ、という意味不明の理屈には笑えました

大滝から紹介された窓際社員・鏡さん(リリー・フランキー)に教わったペン回しと英会話、カマキリのフォーム、大量のオタクグッズを武器に、同じ苗字だからと偽夫婦として同行してもらったひかりと共に広告祭の審査会を乗りきりクビを回避することはできるのか

 

各国から集まった一癖も二癖もある審査員たち
もう一人の日本人審査員・木沢はるか(鈴木京香)
クリエイターとしての自分を捨てかけていたアメリカ人審査委員長
闇取引あり、駆け引きあり、色仕掛けあり、凄まじいバトルの中、真っ正直にCMの良さを伝えようとする喜一郎でした

 

 

ラブコメ+広告業界の生のエピソード満載なのだそうです
全編に張り巡らされた伏線が最後にバッチリ噛み合う快感は喜劇の王道
ドキドキハラハラし、笑い、ちょっぴりの感動もあり、最後はスカッと気持ちよくなれる映画でした

 

当初は出来の悪い喜一郎をバカにしていたひかりでしたが、徐々に彼の人間性に惹かれていきます
恋愛相手の選択は、確かに大きな賭けですけどネ (^_^;)

 

 

そういえば
各国から応募されたCMや審査委員の中に、我が国と海を挟んで揉めているあの2国が無かったのは嬉しかった

\(^o^)/

 

 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三浦しをん「政と源」 | トップ | 映画・アイム・ソー・エキサ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ジャッジ!』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャッジ!」□監督 永井 聡 □脚本 澤本嘉光 □キャスト 妻夫木 聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、       荒川良々、玉山鉄二、田中要次、風間杜夫、でんでん、伊藤 歩、加瀬 亮 ■鑑賞日 1月11日(...
ジャッジ!/妻夫木聡、北川景子 (カノンな日々)
CMディレクター出身で『いぬのえいが』にも参加している永井聡監督が妻夫木聡さんを主演に落ちこぼれの広告マンの奮闘する姿を描いた業界物バックステージ・コメディです。CMプラン ...
『ジャッジ!』 2013年12月19日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ジャッジ!』 をプレミア試写会で鑑賞しました。 上映前に舞台挨拶があり、妻夫木聡、北川景子、木村祐一澤本義光(脚本)、永井聡監督登壇して 面白いトークで盛り上がりました。 度重なる妻夫木君の突っ込みや北川景子のイメージと違う女王様キャラで無い所が聞けて...
ジャッジ!~トヨタが落選する訳ない (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。永井聡監督、妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、荒川良々、玉山鉄二、玄里、田中要次、風間杜夫、でんでん、浜野謙太、伊藤歩、加瀬亮、 ...
ジャッジ! (映画的・絵画的・音楽的)
 『ジャッジ!』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)『ルームメイト』での演技がなかなか良かった北川景子が出演するというので、映画館に行ってきました(注1)。  本作の冒頭は、「きつねうどんのCM」(注2)の撮影風景が描かれます。キツネの着ぐるみに広告代理店・....
「ジャッジ!」:CMだったらクライアントNG? (大江戸時夫の東京温度)
映画『ジャッジ!』は、国際CMフェスティバルの裏側というか受賞のための裏工作の世
ジャッジ! (映画と本の『たんぽぽ館』)
広告業界では“無茶”と書いて“チャンス”と読む!? * * * * * * * * * * 落ちこぼれ広告マンの太田喜一郎(妻夫木聡)が、 ひょんなことから世界一のテレビCMを決めるサンタモニカ国際広告祭の審査員を務めることになります。 パーティーの同...
ジャッジ! (ダイターンクラッシュ!!)
2014年1月12日(日) 18:30~ 109シネマズ川崎2 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 無茶と書いてチャンスと読む。(無謀だったかな?) 『ジャッジ!』公式サイト 同じタイトルの「JUDGE/ジャッジ」と大違いだ。あちらはワーストを争うものであ...
「ジャッジ!」 (元・副会長のCinema Days)
 面白い。練りに練ったオリジナル脚本と、ライトな演出。ただ笑わせるだけではなく、浮き世の世知辛さをスパイスとして挿入するバランス感覚。的確なキャラクター配置と、それに応えるキャスティング。娯楽編としては合格点を付けたい。  大手広告代理店の電通・・・....
ジャッジ! ★★★★ (パピとママ映画のblog)
世界的にも有数の広告祭に参加することになった新人広告マンが、自社CMのグランプリ獲得を目指して奔走するさまを描くコメディー。名字の読みが同じことからニセ夫婦として広告祭に参加する会社の同僚を、妻夫木聡と北川景子が演じる。ソフトバンクモバイルの「ホワイト家...
映画『ジャッジ!』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-6.ジャッジ!■配給:松竹■製作年、国:2013年、日本■上映時間:105分■料金:0円(1カ月FP12本目)■観賞日:1月13日、TOHOシネマズ府中(府中) □監督:永井聡◆妻夫木聡◆北川景子◆鈴木京香◆リリー・フランキー◆荒川良々◆豊川悦司◆加瀬亮...
[映画まとめ語り 『ジャッジ!』『大脱走』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『ジャッジ!』 今年最初の傑作でした。 最近、視聴率的にジリ貧のフジテレビの制作だが、いい意味でのバラエティっぽさを底力で出し切った作品だろう。 気持ちよく笑い続けられた。 映画館でのチラシを見た限りでは、なんか内容が読めなかったのだが、夢を持...
映画『ジャッジ!』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
出張で帰省していた息子が寝込んでいました。 ノロウィルスに感染してしまったそうです。  お正月に帰省した時も、帰りの新幹
ジャッジ! (だらだら無気力ブログ!)
これは笑えたわ。
「ジャッジ!」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・日本/フジテレビ=松竹 配給:松竹 監督:永井聡脚本:澤本嘉光撮影:野田直樹音楽:平沢敦士 数々のテレビCM演出を手掛けたディレクター・永井聡が長編監督デビューを飾った、CM業界の裏側で繰
『ジャッジ!』が問う日本人のあり方 (映画のブログ)
 広告業界を舞台にした『ジャッジ!』は、ゆるい笑いに満ちたコメディだ。  しかもそれだけにとどまらず、なかなか教訓に富んでいる。  『ジャッジ!』の主人公は、広告代理店で働きながらも、モテない、仕事できない、うだつが上がらない青年・太田喜一郎だ。  ...
ジャッジ! (銀幕大帝α)
2013年 日本 105分 コメディ 劇場公開(2014/01/11) 監督: 永井聡 主題歌: サカナクション『アイデンティティ』 出演: 妻夫木聡:太田喜一郎 北川景子:大田ひかり リリー・フランキー:鏡さん 鈴木京香:木沢はるか 豊川悦司:大滝一郎 荒川良々:カルロ....
ジャッジ! (いやいやえん)
「つまらなくて死ぬかと思った」CMをサンタモニカ広告祭で入賞させるという無茶なお話。 前半のキツネ(「コンコンコンコン♪こしこしこしこし♪」)が、アップで「ニャンニャン」と鳴いたのには、笑いました。これは前半部がとても面白かったかな。そこから先も悪く...
ジャッジ! (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/01/11公開 日本 105分監督:永井聡出演:妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、荒川良々、玉山鉄二 一流広告代理店・現通で働く落ちこぼれクリエイターの太田喜一郎。ある日、身勝手な上司・大滝から彼の替え玉となって世界一のテレビCM....
映画 ジャッジ! (こみち)
JUGEMテーマ:邦画     CM業界を巡るコメディー。   おかまやオタクが威力を発揮する?   きつねちゃんこと大田ひかり(役:北川景子)が   いい味出しています。   審査は汚...