読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・とらわれて夏

2014年05月12日 | 映画(海外)

 

原題 Labor Day
2013年 アメリカ

 

 

夏の終りの5日間
過去の傷にとらわれた母を救い出したのは
心優しい脱獄犯だった-

 

1987年の夏の終わり
アメリカ東部、ニューハンプシャー州の小さな町に住む13歳のヘンリー(ガトリン・グリフィス)は、過去のつらい出来事からトラウマを抱え、ひきこもりがちな母アデル(ケイト・ウィンスレット)と二人で暮らしている
母と別れ、再婚、新たな家庭を築いた父(クラーク・グレッグ)は一緒に住もうと誘ってくれるがヘンリーは上手く生きられない母を守り抜くと決意していた

 

映画はヘンリーの目を通して描かれます

 

木曜日
週明けにはレイバーデイ(労働者の日とされる9月第一月曜日)をひかえ、月に一度の買い物のため母とスーパーに出かけたヘンリーは怪我をした見知らぬ男から助けを求められる
フランク(ジョシュ・ブローリン)と名乗る男は断ろうとするアデルの車に強引に乗り込む
フランクは脱獄犯だったが、アデルとヘンリーに危害は加えない、という
テレビから流れるニュースではフランクは殺人罪で18年の服役中らしい

翌金曜日、アデルのために朝食を作ったり、家の補修や車の整備など大人の男性しかできない仕事をこなすフランク
作業が終わると、まるで不在の父親代わりのようにヘンリーにキャッチボールを教えたりする
次第に緊張を解いていくアデルとヘンリー
二人は、突然訪ねてくる近所の住人に対してもうまく対応し、フランクを匿うのだった

 

 

レイバーデイ前日
アデルはついに一大決心をする

 

 

 

 

そもそもフランクが殺人を犯した顛末が映画の合間合間に挿入され
それで彼が根っからの悪人ではないことがわかります
理不尽としか思えないようなアクシデントで投獄されていたのです

 

父親不在の中、心の病を抱える母親を支えようとするヘンリー
だけれど、やはり13歳
彼も父親を欲していたところに現れたフランクは理想の父親像でした

 

アデルとフランクの接近は露骨ではないのですが、とてもエロティック
それを見つめるヘンリー
思春期を迎えた少年の性の目覚めや心の不安定も上手くストーリー展開に組み込まれていました

 

 

ネタバレになりますが
フランク、アデル、ヘンリーの3人は家族を装ってカナダへの逃亡を企てます
ところが、やはりそう簡単に事は運ばずフランクは逮捕されてしまうのです

 

この映画の素晴らしいところはこれで終わらないところです
その後のヘンリーの成長と、これ以上はないハッピーエンドにホロリとさせられました

 

後日談があることは
ナレーションを聞いていれば想像は出来たのですけどネ

 

しっとりと心を満たしてくれた映画でした

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5/11 松任谷由実 コンサートツ... | トップ | 久世光彦「桃」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
少年の視点 (たんぽぽ)
2014-05-19 22:14:13
本作は、少年の視点から描かれているところで成功していると思いました。
生活に疲れた母が次第にイキイキとした美しい女へ変貌していくさまを、少年は恐れているように見えます。その演技の素晴らしさもありましたね。
それにしても、フランクは理想の父親でもあり、理想の夫でもありました・・・。
たんぽぽさん (こに)
2014-05-20 08:33:18
このところ鑑賞した映画がどれもニジュウマルで嬉しいです。(^.^)
ヘンリー少年の大きな瞳が全てを語っていましたね。
とてもとても長い時間がかかったけれど、最後には幸せが待っていた、という終わらせ方に拍手を送りたいです。
あれ以外の出会いだったらフランクとアデルはやっぱりうまくいかなかったのかなぁ、なんて想像は下司ですネ。
機微~ (cyaz)
2014-05-21 08:51:27
こにさん、おはようございます^^
TB、ありがとうございましたm(__)m

大人テイストの5日間でしたね~♪
ケイトは女として、母として、
揺れ動く心の機微を上手に演じていたと思います。
派手さは無いですが、ジョシュも上手かったと思いました。
トビー、あれだけだったんですね(笑)?
cyazさん (こに)
2014-05-22 08:24:38
トビー・マグワイア
ナレーションだけではなかろうと思っていたのですが、ここまで引っ張られるとは、でしたね。
実に味わい深い映画でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『とらわれて夏』 2014年5月1日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『とらわれて夏』 を鑑賞しました。 今日は映画の日ですが、増税後なので¥1,100-でした。 今までの¥1,000-から¥100の値上げですが、この¥100が行く気を削ぎますね(笑) 【ストーリー】  9月初めのレイバーデーの連休が迫る、アメリカ東部の閑静な町。シングルマ...
とらわれて夏~不思議なピーチパイ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Labor Day。ジョイス・メイナード原作、ジェイソン・ライトマン監督。ケイト・ウィンスレット、ジョシュ・ブローリン、ガトリン・グリフィス、トビー・マグワイア、 ...
とらわれて夏 (to Heart)
原題 LABOR DAY 製作年度 2013年 上映時間 111分 原作 ジョイス・メイナード 監督 ジェイソン・ライトマン 出演 ケイト・ウィンスレット/ジョシュ・ブローリン/ガトリン・グリフィス/トビー・マグワイア/トム・リピンスキー/ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク/ディラン....
とらわれて夏 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) ケイト・ウィンスレットのひとり芝居でも成り立つとか?(笑)
『とらわれて夏』 (2013) (相木悟の映画評)
荒んだ心をうるおす、ファミリー・メロドラマ! ヘビーなヒューマン・サスペンスかと思いきや、いい意味で予想を裏切られる恋愛映画であった。 本作は、『JUNO/ジュノ』(07)、『マイレージ、マイライフ』(09)と興行、批評面共に成功をおさめ、一躍若手のトップ...
『とらわれて夏』 (ラムの大通り)
(原題:LABOR DAY) ----『とらわれて夏』… ちょっとカッコいいタイトルだよね。 文学的と言うか…。 「うん。 原題は『LABOR DAY』(労働者の日)。 この内容で、そんなタイトルつけたら、 配給会社が狙っているターゲットは そっぽを向いてしまう」 ----どんなお話ニ...
『とらわれて夏』 (こねたみっくす)
永遠になる夏の5日間。 官能的に見せる映像とプラトニックなストーリー。世の中に恋愛映画は数あれど、これこそ本当の意味での大人の恋愛映画、いや愛の映画。 乾いた人生に一滴 ...
映画:とらわれて夏 Labor Day  登場人物たちに、まるで永遠のように記憶される 5日間。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
既に2度もアカデミー賞にノミニーの、ジェイソン・ライトマン監督の最新作。 (「JUNO/ジュノ」「マイレージ、マイライフ」) 買物に出かけた主婦(ケイト・ウィンスレット)は、息子が逃亡犯(ジョシュ・ブローリン)に巻き込まれ、家に。 その日の夜に、消え失せ...
「とらわれて夏」 (ここなつ映画レビュー)
こういう、言わばメロドラマ的な、ハーレクイン・ロマンス的なものをわざわざ映画館で観るのってどうなの?と思いながら、まあターゲットは間違いなく私(の属する属性)なのだろう、と思いつつ、劇場に行ってみたら、観客が男性ばかりなのに驚いた。たまたま、だとは思う...
とらわれて夏 (映画的・絵画的・音楽的)
 『とらわれて夏』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)ケイト・ウィンスレットが出演するというので映画館に行ってきました。  本作の時代は1987年の夏の終りの5日間、舞台はアメリカ東部のニューハンプシャー州の小さな町(注1)。  冒頭では、その町から、シングルマザ...
とらわれて夏 (映画と本の『たんぽぽ館』)
みずみずしく揺れる少年の目線で * * * * * * * * * * アメリカ東部の小さな町。 シングルマザーのアデル(ケイト・ウィンスレット)は、 13才の息子ヘンリー(ガトリン・グリフィス)と暮らしています。 ある夏の日、脱獄犯のフランク(ジョシュ....
『とらわれて夏』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「とらわれて夏」□監督・脚本 ジェイソン・ライトマン□原作 ジョイス・メイナード□キャスト ケイト・ウィンスレット、ジョシュ・ブローリン、ガトリン・グリフィス、       トビー・マグワイア、トム・リピンスキー ■鑑賞日...
『とらわれて夏(LABOR DAY)』ジェイソン・ライトマン監督、ケイト・ウィンスレット、ジョシュ・ブローリン、ガトリング・グリフィス、... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『とらわれて夏(LABOR DAY)』ジェイソン・ライトマン監督ケイト・ウィンスレットジョシュ・ブローリンガトリング・グリフィス、他物語・9月初めのレイバーデーの連休が迫
とらわれて夏 (secret boots)
評価点:82点/2013年/アメリカ/111分 監督・脚本:ジェイソン・ライトマン 人生における〈接点〉 1987年夏、13歳の息子を持つアデル(ケイト・ウィンスレット)は夫と離婚し、失意の中にいた。 彼女にはパニック障害があり、外出を避けていた。 月に...
とらわれて夏 (とりあえず、コメントです)
ケイト・ウィンスレット&ジョシュ・ブローリン主演のラブストーリーです。 予告編を観て、二人が出会った夏の5日間に何が起きたのだろうと気になっていました。 予想以上に心優しい物語に、夏の日の夢を見たような気持ちになりました。
とらわれて夏 (心のままに映画の風景)
1987年、アメリカ東部ニューハンプシャーの小さな町。 レイバーデイ(労働者の日)を控えた9月初旬、シングルマザーのアデル(ケイト・ウィンスレット) は、癒されぬ心を抱えたまま、13歳の息子ヘンリー(ガトリン・グリフィス) と静かな日々を送っていた。 ある...
「とらわれて夏」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Labor Day」2013 USA “この愛は、 罪ですか?” アデルに「ホリデイ/2006」「リトル・チルドレン/2006」「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで/2008」「愛を読むひと/2008」「おとなのけんか/2011」のケイト・ウインスレット。 フランクに「アメ...
映画『とらわれて夏』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-40.とらわれて夏■原題:Labor Day■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:111分■料金:1,100円■観賞日:5月1日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督・脚本・製作:ジェイソン・ライトマン◆ジョシュ・ブローリン◆ケイト・ウィンスレット◆...
とらわれて夏 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
「ライ麦畑の迷路を抜けて」などで知られる作家、ジョイス・メイナードの原作を実写化したラブストーリー。ひょんなことから逃亡犯の男性をかくまうことになった女性が、彼と惹(ひ)かれ合った果てに重大な決断をする5日間を見つめていく。監督は『ヤング≒アダルト』な...
「とらわれて夏」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったです。4つ★
その夏の出来事、 (笑う社会人の生活)
7日のことですが、映画「とらわれて夏」を鑑賞しました。  レイバー・デイを週末にひかえたある日、小さな町で暮らすシングルマザーのアデルと13歳の息子ヘンリーは、 脱獄犯のフランクに強要され自宅に匿うことに、危害は加えないと約束したフランクは母子ともに交流を...
とらわれて夏 (いやいやえん)
【概略】 シングルマザーのアデルと息子のヘンリーは、偶然出会った逃亡犯・フランクを匿うことになる。共同生活を送る間に、3人は次第に心を通わせていくが…。 ドラマ ケイト・ウィンスレット、ジョシュ・ブローリン共演。 癖のある役者やメロドラマ的なタイ...