太極・無極

宇宙を意味する「太極・無極」のなかに、「人」は生きています。限りある「人生」を有意義に生き抜いていきたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なんば歩き   太極拳(14)

2006-04-29 10:07:34 | 太極拳
かなり以前、マラソンの大会のテレビ中継で「なんば歩き」を見ました。新聞でも取り上げられ、話題になりました。
もともと、古武道の世界では、常識というか当たりまえの「なんば歩き」に光があたりました。
「なんば歩き」をちょと解説すると、右足が前に出るとき、右手が前に出る歩き方です(本当は、もう少しちゃんと説明すべきですが、あえて省略しておきます)
小学生が、運動会で緊張して行進すると、この歩き方になり失笑を買うことがあります。
実は、多分 日本人は江戸時代までは「なんば歩き」をしていたのだといわれています。
明治時代の富国強兵の政策のなかで、外国をモデルに軍隊を組織したとき、今の歩き方を訓練したのが、現代につながったともいわれています。
佐川急便の飛脚のマークも「なんば歩き」になっています。こんど街で見かけたら、確認しておいてください。
腰の動きに安定感があって、疲れにくく、次の動作に移せやすいのです。

実は、太極拳の各動作もほとんど「なんば歩き」になっています。
たとえば二十四式の二番目の「野馬分ゾン」の型では、左足が一歩出るとそれを追い掛けるようにほぼ同じに左手が出ています。

また、この話しは、いずれ続けてします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太極拳(13)

2006-04-23 15:00:55 | 太極拳
どこの世界でもそうですが、、、。

意見の違いがあると、それぞれグループをつくり、別々に活動することになります。
それはそれでまあ仕方ないとしましょう。
そのあとがいけません。各グループが、それぞれ自分たちが如何に正しいか、その正当性を声高に主張しはじめます。
やがて、相手の「非」をなじり、罵倒し、挙句は全人間性まで非難し、組織の総力をあげて様々な妨害までもはじめます。

もうこうなると、いけません。そのグループの掲げている高邁な理想は色あせ、地に落ちてしまいます。一般のグループ員は、幹部のもとで、こうした状況をみて、当初はうろうろするばかりです。
でも、一般のグループ員も馬鹿ではありません。あまりにひどければ、やがてひとり去り
ふたり去りしていきます。
こうして、組織は変転して、離合衆参して、壊滅、新生をくりかえしていきます。

そうは、わかっていても大好きな「太極拳」では、こうしたことは起きてほしくなかった。ましてや愚生の関連しているグループでは起きてほしくない。
生涯を掛けてでもとの熱い思いが、根こそぎ、がたがたと崩れ落ちるような喪失感が愚生を襲っています。

人間のそうした愚かな行動をよそに、「太極拳」それ自体は、今日も「太極拳」であり続けています。
今後も愚生は、「太極拳」それ自体を友として人生をあゆんでいきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

単騎千里を走る

2006-04-16 10:49:56 | 映画
単騎千里を走る
かなり以前(2月初め)に、映画館に出掛けて、見てきました。
わたしには良かった内容です。
(映画の感想については、いろいろ意見があるうようで
す。単に映画製作技術やストーリーについて、ここでは
論ずる気持ちがありません。マニアにおまかせします。
ただ、映画や演劇は興味があり若い時代に5年ほど劇団
活動にのめりこんだことがあります。別途論じる機会も
ありましょう)

わたしは、中国語を学習しています。
映画のなかで、ふたりの通訳が
出てきます。ひとりは女性で、日本語も堪能です。
もうひとりは、男性で日本語がいまいちといった感じです。
高倉健さんの演じる父親と「懸命」にやりとりする場面が
印象に残りました。
中国語学習の励みになる場面で、ここだけでもこの映画をみて
よかったと思いました。

さる3月26日の中国語検定試験を受験しました。
4級の合格通知を昨日受理しました。
3級をめざして、すぐにスタートしました。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

太極拳(12)

2006-04-08 12:00:36 | 太極拳
「無極」は道家の言葉です。皆さんご存知のように、「無極」から「太極」、「太極」から「両儀」、「両儀」から「四象」、「四象」から「八卦」が生まれたという説があります。そこから私は、「無極」とは、何もかもがまだ形をなしていない原始の状態、すなわち人類が誕生したばかりのことだと思いました。
(NHKテレビ中国語会話 テキスト 2006年4月号 陳凱歌 監督の言葉)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太極拳(11)

2006-04-02 17:59:02 | 太極拳
中国の映画監督 陳凱歌の言葉
私は強い「心願」の持ち主ですね。仏教用語の心願です。
これは私の考えなんですが、
「心願」をもった時、すべての不可能は可能になると思います。
(NHKテレビ中国語会話 2006年4月号テキストより)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加