yokohama fc FC

yokohama fcファンクラブ(ヨコキタ支部)の略です。横浜北部で活動開始しました。

横浜(1-0)浦和

2007-12-02 | 横浜FC
開始早々からウチが人とボールを動き動かし、相手ゴール前に襲いかかる。

これは(予想された)引きこもってカウンターという”籠城戦”の引き分け狙いでは無く、逆に城を枕に打って出る不退転の決意がこもった「勝利で締める」と言うジュリオレアル監督がファン・サポに送ったメッセージだ。

浦和は過密日程の影響なのか動きに精彩を欠いていた事もあったが、この”奇襲”により浦和は中盤でのプレスが掛けられないので水際で防ぐ格好となった。
コレに面喰ったのかプレスのポイントがぼやけていたように感じた。
特にカタタウが効いていて浦和#5をチンチンにし、HTで選手を入れ替えてDFラインの再編を余儀なくさせたくらいだ。

HT後の浦和はFW3枚で猛攻を仕掛け予想通りのハーフコート状態で試合が進む。
しかし浦和FWが球を受けても、ドリブルで仕掛けてもウチの選手が十重二十重に取り囲み球を絡み取る。たとえソコを突破されてもあとは菅野がしっかりと処理。

J2優勝の頃の戦い方が戻ってきた。

ロスタイムの4分(こんなにとる程のケガ人や試合進行の妨げは無かったと思うけどね)が過ぎ、私にとっては今季3度目の「ビューティフルネーム」を聞くことができ、最終節をリーグ戦半年振りの勝利で飾り「有終の美」で締めくくった。

浸透しつつあったジュリオレアル戦術が最終節にしてやっと花開いた瞬間だった。


超主観的採点表


菅野 6.5 DFがコース切っていたので本日のセーブは菅野にとっては普通のセーブ。
山田 5.5 守備に専念。カタタウのスペースも埋めていたし、右からやられる事は無かった。
小村 6.0 浦和#21を完封。それにしても#21とは相性いいね。 
岩倉 7.5 あの反応・スピードはJ2のFW相手なら十分通用する。フロントは考えを改める時がきた。
中島 5.0 浦和#9を中心に左からやられ気味だった。 
カタタウ 7.0 相手が削りにくる位の今季最高の出来。 
根占 6.0 本日のMOM。チャンスにカズを追い越しゴールを決めた。 
山口 6.0 相手のプレスが緩ければアレくらいは出来る。サッサと球を散らせた。 
滝澤 5.5 ボールを失う場面しか印象に残らなかった。スイマセン。 
アツ 5.5 関係ないけど体絞った方が良いのでは?
カズ 6.0 相手を交わして先制点をアシスト。
ヨンチョル 5.0 INした途端流れが悪くなったがリトリートに変更したからなのか、それとも…。
ジャンル:
サッカー
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋(0-0)横浜 | トップ | 行く人、来る人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
[横浜FC]J1最終節浦和レッズ戦 (ウタカタ ノ ヒビ)
横浜FCはJ1最終節を横浜国際で浦和レッズと戦い、根占の前半17分のゴールを魂で守り抜き、浦和の優勝を阻止しました。 横浜 1(1-0)0 浦和 14:34キックオフ 横浜国際総合競技場 入場者数:46,697人(横浜FCホームゲーム記録) 得点 横浜 根占(17分) 警告 横浜 中島(20分)...
「横浜FCvs浦和レッズ」観戦記 ~闘うべき時は、今~ (Re:F's blogroom)
 この1年間、シーズンを通して感じたのは、いかに苦しい思いをしてきたか。実力が足りないのもそうだが、足りない「何か」と歯車が噛み合わないことが重なって、力及ばずJ2降格...