点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

H28年度最終日

2017年03月31日 12時44分49秒 | 日記
いよいよあと今日で今年度が終わるが、最後ゆったりペースを落としながらのゴールにはならないようだ。今日この日においても、本来どっしり腰を据えて取り掛からなければならない調べ物についてリーダーから振りが来て、今日だけで一体全体どうしろと言うおつもりなのか、ちょっと詳しく伺ってみたい気持ちになる。

昨日は、一年間お世話になった財政の方と飲んだが、さすが財政担当者はタフさが桁違いで、夜10時を過ぎて眠気が来てそろそろお開きかなと思われたところからの、カラオケ一曲で一気にテンションをMAXに持っていく姿。凄いの一言。結局夜中の1時過ぎまで飲んで、今日最終日なのにドロドロの状態で仕事をしなければならなくなった。

今日は歓送迎会だ。異動先の皆さんにしっかり挨拶をしつつ、現課の皆さんにもお礼を言わなければ。慌しくても礼儀礼節は守っていきたい。
コメント

トンスラ

2017年03月30日 03時25分29秒 | 日記
現課での仕事はあと二日だが、土曜日を計算に入れたとしてもほぼ、やり切れない仕事量が舞い込んだ。あと二日間しかない自分に振る仕事量じゃないのに最後まで、エグいなと思う。

三年間の感傷にひたる余地なく、黙々とやれるところまでやるしかない。大泉学園まで歩く企画を心で投げていた大泉洋の「駄目でもともとだ!」という発破が面白かったけど、今あの心境だ。
コメント

異動

2017年03月27日 20時34分01秒 | 日記
平成29年度の人事が発表され、自分は現課を離れることとなった。異動そのものは自分の中で絶対的・確定的なものだったので、それほど驚きはなかったけれども、次の職場がまた、自分にとっては未知の世界なのでしっかりやっていけるかどうか。長年仕事しているので「そのうち慣れる」というのはわかっていても、それでもやっぱり不安な気持ちにはなる。

思えば3年前は、財産も予算も全く知識がない状態で現課に突入して、当時隣に座っていた人に超初歩的な質問をしていたなあ。「1+1ってなんですか」レベルの。今、自分がその質問を30歳の人にされたら「え、今までどこの部署にいたんですか」と逆に聞きたくなるだろうし、思い出しただけでも顔から火が出てしまう。あの時は上司が丁寧に教えてくれたから本当に有難かった。

2年目から予算担当になってまた世界が一変し、あれから3年目が終了するところの今まで、毎日仕事の厳しさに直面している。これまでの「人対人」の仕事間で流れていた「話せばわかる・話す余地がある」というアナログっぽい考え方は、数字の世界では全く通用しない。システムの数字に向かって事情を説明したって、足りないお金が増えることは絶対にない。

3年目だった今年度は、仕事でも新しい局面を迎え、さらに時間に追われまくる毎日だった。係る人たちも全員気持ちに余裕がなく、自分史に残るほどの辛さで今後早々には更新されないんじゃないかと思う。末期で精神的に最もヤバかった時期に家の内装とか、壁の色などを決めて、本来なら最もワクワク楽しい作業も色あせて、どうでもいい作業としか思えなかった。

最後の週になったが、今週も、最後の最後までガッチリ仕事を詰めに詰め込んでやらないとだめだ。まさか、明日の会議の文字起こし(まともに起こすとA4用紙30ページ超になる)をやってから、変わってくれと言われるとは。実質3日で?無理無理…。まともに引継ぎをする時間がない。
コメント

チャリ&徒歩通勤

2017年03月21日 19時56分07秒 | 日記
保育園で、2個下の娘のことをなぜか特別に可愛がって、一緒に遊んでくれていた「まいちん」という子が、この度卒園して小学校に上がるという。「まいちんに手紙を書きたい」と言うことで、娘が「卒業おめでとう」という内容の手紙を作ってまいちんに渡したところ、「まいちんのことを忘れないでね」という返事が来た。なんて、素敵なやりとりだろう。子どもたちの純粋さが眩しすぎて、心が廃れたおじさんは直視できない。

まいちんは保育園を卒園するが、実は娘も、今回引越した関係で今の保育園から、新しく幼稚園に行く。学区の関係もあるから、もしかしたらもうまいちんと娘は会うことは無いかもしれない。自分でそういう原因を作ってしまったくせに、その無常さというか、儚さがかわいそうだなと思う。娘のためにも、転校とかなんだとか、そういうのはこれきりにしたい。

さて、今日は引越しをして新しい環境になって初めての平日となった。職場までの距離が1.5キロほど遠くなったので、これまでの徒歩通勤だとプラス20分ほどの時間がかかる見込みとなるが、徒歩を続けなければ太り続ける自分としては必ず、通勤の中にどこかで徒歩パートを入れ込まなければいけないと考え、「途中までチャリ、途中から徒歩」という方法を採用してみることにした。

新年度から自宅近くの幼稚園に入園することになった娘も、3月までは今の保育園にお世話になるため、まずは娘を送るべくチャリで保育園へ。これで15分。園に娘を預けてから駅までチャリ。これで10分。駅から職場まで徒歩で20分。計45分。今までの通勤はだいたい40分弱だったので、同じような感じだなと思った。

ただし疲労度はこれまでと違って、チャリをこぐという慣れない動きのせいで朝から足がパンパンになってしまった。徒歩では筋肉痛になぞ絶対ならないのに、やはり使う筋肉と使わない筋肉というのははっきり分かれてしまうんだろうな。異動が発表になるまでは、このルーチンで日々のたるんだ筋肉に渇を入れていくことになる。
コメント

引っ越しでヘトヘト

2017年03月21日 06時09分50秒 | 日記
三連休は引っ越しに費やして、ヘトヘトになってしまった。土曜日の梱包ラストスパートがかなり響いた感じがする。やはり、どんな作業も「9割まではすぐできるが、そこから10割にするまでが長い」という持論は間違いないと思う。

でも、三連休だったのが幸いして、取りあえず落ち着いて生活できるところまでは落ち着けたので良かった。古いアパートにはまだ荷物が沢山残っておりやることはまだまだあるから気は向けない。

娘は引っ越し初日はやはり気持ちが高ぶって寝つきが悪かった。無理もない。自分はむしろ、どこかまだ実感が湧かなかったのかはたまた疲れすぎていたのか、ぐっすり休めた。今日からはまた地獄の仕事が始まるので、そちらに意識を集中したい。
コメント