点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

のんびりした年末

2015年12月31日 12時57分41秒 | 日記
平成27年も間もなく終わる。家族に向ける時間だとか個人の趣味の時間まで捨てて仕事に投げ打った割に、特に成果を残したわけでもなく、嫌な気持ちにばかりなった一年だった。来年はある程度勝手を知ったわけなので、もう少し余裕を持った生活が送れればいいなと思う。

さて、年末年始は体重の増加も気にせず、仕事のことも頭から無理やり切り離して、とにかく遊んだりだらけたりするように過ごしている。今日は公園で娘と雪だるま作ったし、この後も娘とガッツリ遊びまくるぞ。

またその傍ら、夜更かししてゲームもしちゃおうと思い、先月だったかにプレステ3が壊れて以来何もなかったところで今になってWiiUを買った。ゲオで中古で売ってた、マリオカート8がセットになってるやつ。娘が夜寝てから、嫁と二人で遊ぶ用に。

中古価格なうえ、本体に若干の擦り傷があるからということでさらに3000円値引きされていてお得だった。きょうびの小売店はクレーム対策もしっかりしていて、会計の時にしっかりとその擦り傷を確認させられ、大したことがないとお互いで認識しあった。

家に帰ってきて箱を開けたところ、どこにもマリオカートが入っていない。一瞬、虚偽表示かよと焦ったものの、ソフトはすでに本体の中にダウンロードされている。焦って店側に連絡しなくて良かった。ゲーム自体はやはり相当に面白い。

30日。家のストーブがなにやらファンファンと大きな音を立ててとてもうるさい。あまりにも大きく音で夜寝られない気がしたので、代わりに実家からストーブを借りて使うことにした。来てもらった業者のかたいわく、ファンの回る部分が完全に錆び付き、もうだめなのだとか。

年明けでいいと言ったのに、わざわざこのストーブのためだけに来てくださった業者さんはとてもありがたい。この場ではストーブは直らなかったけど、本当に心からお礼を言いたい。完全にタメ口のおじさんだったけど親近感があって逆に信用できる。

今日はこのあと、実家で集まって年越し祝いをする。紅白見てガキの使い見ておそば食べてと、超平均的な日本人の家庭の過ごし方を満喫して英気を養おう。どうかまた来年も、このブログをよろしくお願いいたします。

           ~完~

コメント

年末の近況3つ

2015年12月28日 21時41分51秒 | 日記

・御用納め。今年最後の仕事なので課長含め周りはのんびりお正月モードだが、我々予算担当は今日も部長との協議や、他課との調整で極めて重たい雰囲気で過ごした。特に最近何かと怒りっぽいI先輩が、他課の職員に電話ごしにブチ切れていたのが印象的だった。

電話先の相手が委縮しきっているのが目に浮かぶ。果たして人生において、あれほど怒るようなことってあるのだろうか。大の大人が、大の大人に怒鳴るという光景は金輪際見たくないが来年もIさんがキレる材料はいくらでも揃っている。我が課・我が部は一体どこへ向かっていくというのか…。

優秀過ぎるがゆえに本当に周りの仕事のできなさに辟易しているんだろうなと思うが、あれほどまでに素直に自分の感情を爆発させられているのだから逆に、心地よさもあるのではないかと思う。自分のように毎日何かに我慢して溜め込んでしまうよりよっぽどストレス・フリーなのではないか。

・静岡に住む姉と、高校生の娘(姪)が青森に遊びにきた。こちらも娘を連れて実家で一緒にごはんを食べたのだが、姪は人見知りが激しすぎてあまり話が弾むことなく、淡々と時間が過ぎてしまった。うちの3歳の娘にすら気を使われていた。

しかし思春期の頃って案外こんな感じなのかもしれないな。広い世代の人とのやり取りに慣れていないっていうか。思えば自分も高校の時はこんな感じで、社会人になってからまた元に戻ったし今の時期だけのもんだってことで、また次に会う機会を楽しみにしようと思う。

・ディズニー映画の「塔の上のラプンツェル」を観た。アナ雪が子ども向けならラプンツェルはやや上の年齢向けというか、大人でもとても楽しめて、それでいて間違いなく王道のディズニー映画だな、と思わされた。映像が極めて綺麗でまた何度か見たくなる。

これ系のやつってしっかりチェックしているはずだったのが、今まで見逃していたのはなんでだろう、と考えたところ、この映画が日本で公開されたのは2011年の3月12日なんだそうだ。あの時期はむつ市に住んでいたが、車のガソリンがないだとか、食べ物がないだとかでとても映画どころではなかった。

そういう時期だったから、なんとなく、いまいち印象に残っていないだけで、平時であったならもしかしたら記録に残るようなヒットを記録していたかもしれないな、と感じるほどのいい内容だった。

                               ~完~
コメント

H27年度忘年会

2015年12月24日 22時07分29秒 | 日記

火曜日、課の忘年会が行われた。会場は一時、21歳で人生初幹事を務めた女の子が予約した大衆居酒屋で決まりかけたものの、さすがに公式行事としてそういう場末のサラリーマンの二次会会場みたいなところはだめだろうと、急きょ結婚式場をおさえた。

結果料理もおいしくて、お酒もバリエーションに富み、会場としてはとても満足のいく会になってくれて良かったと思う。課長が前々から話していた通り確かに若干、料理の量は少なかったし「品数を減らしてもいいのでなにか炭水化物を入れてほしい」という事前協議も通らなかったが、それを跳ね返すほど味が美味しかった。

開始早々トラブルが起きて、課長と同い年の男性臨時職員さん(51歳)がいつまで経っても会場に来ないなと思ったら、なんと幹事の連絡不足で「変更前の居酒屋」に行っていたという。臨時職員が当日やって来ないというのは去年もあったことだが、今回のミスはあまりにも痛すぎる。

遅れてやって来た臨時さんは、大人だから事を荒げることはなかったものの、やはりどう見ても明らかに怒っていた。それはそうだろうと思う。もし自分が同じ対応をされたら、もう二度とメンバーに心を開くことはないだろう。その気持ちがわかるからこそ、幹事だけでなく課長含めてみんなで謝った。

なんとか持ち直して、雰囲気ももとに戻ってきたかと思えば、ま~た、酒に酔うと無意識に人を挑発して怒らせてしまう主査の悪いクセが出て、リーダーが不機嫌になってきた。元から不機嫌で周りに迎合しないI先輩もいる。また、酒癖が悪く妙に上司に絡んでいるかたもいた。飲んでる時くらい無理にでも楽しく振舞えないのか…。

こんな感じだから、個別に楽しくいろんな人と話ができて楽しかったものの、全体としては場に一体感が出ず、その結果二次会のカラオケに来た人は3割ほどまで落ち込んでしまった。去年は2次会参加率は9割だったのに…。課長お気に入りの若い職員も帰ってしまったので、テンションは低めだった。

なんだかなあ。みんな、なんか言葉にならない「不完全燃焼」感が残った忘年会だったように思う。課のイベントとしてはあと年度末の歓送迎会があるので、せめてその時には、去年と同じくらい楽しい雰囲気の課になってほしいな。景品は、くじ運が悪い自分にしては珍しく2等を当てることができて良かった。

                                              ~完~
コメント

アンパンマンステージショー/サンタに変装するのはもはや限界か

2015年12月21日 00時42分12秒 | 日記

今日の午前11時より、青森県観光物産館アスパムにてアンパンマンのステージショーが行われた。先日の桑田講演会と似ていて「何時から開演」「先着100名」くらいしか情報がなかったので、念のためブルーシート的なものも持参しながら、10時前に現地に入ったところすでに200人弱の行列ができていた。

これは無理か…と思ったものの、行列の先で整理券を貰いギリ入場できた。結果的になんとか座れたものの、立ち見客も入れると300人以上は会場に入っていてとてつもない人数だった。主催者はアンパンマンの集客力をちょっと甘く見ていたようだな。

内容はクリームパンダとコキンちゃんがミミ先生にパンを届ける(それをバイキンマンが邪魔する)という、典型的なもので特筆すべきものはなかった。終了後、アンパンマンとドキンちゃん、バイキンマンとそれぞれ握手できる時間があり、娘もしっかり握手できて良かった。

同日午後、自分の実家で一足早いクリスマスのお祝いをした。おばあちゃんからのクリスマスプレゼントは去年同様、俺がサンタに扮装して手渡すという演出を仕掛けたところ、事前に「サンタさんが来たらちゃんと挨拶する、ありがとうと言う」という約束をしっかり守って、一生懸命話していて可愛かった。

サンタから速やかに元の服に着替えて娘のところに行った。「サンタさんからおもちゃ貰ったの?」と聞くと「サンタさんのお父さんから貰ったの」とのこと。…これは一体どういう意味かわからないが、バレてしまっていたのかな。

言葉足らずで真意が読めないが「サンタの恰好をしたお父さんから貰った」ということなのか「お父さんみたいな顔のサンタさんから貰った」ということなのかで全然意味が違ってくる。それ以上質問しても娘は全然核心に触れないのでわからないが…サンタのとき「お父さんでしょ」的な指摘がなかったのでギリ成功…なのか(それとも気づきながら娘的に気を使ったのか)。

ちょっとこれはもう、来年以降はサンタに化けるのは難しいな。3歳はまだまだ赤ちゃんレベルだと思っていたけど。来年は直接会わないで、玄関先にプレゼントが置いてある的な、そういう無難な演出しかやれなさそうな感じだ。あるいは扮装のレベルをもっと上げるか。

                                                  ~完~
コメント

忘年会の景品

2015年12月19日 23時19分32秒 | 日記
家族でインフルエンザの予防接種を受けてきた。筋肉駐車だから結構痛いというのに、「へへっ」と一言唸るだけて泣かずに耐えた娘がスゴい。看護士さんたちも驚いていたが、逆に子供らしくないかなあという気もしないこともない。

さて、来週火曜日は忘年会だ。
去年幹事だった自分は、今年はただの参加者としてのんびり過ごせるから気楽で、場の空気だとか進行だとか、そういうのは気にしないで近くの人とだらだら話して楽しめればいいなあと思う。仕事の話は重い話題ばかりなので、あまりしたくない。

前幹事として景品集めには協力しようということで、今回は7品くらいお遣いに行ってきた。前回は五所川原のエルムで細々したものを、今日はレイコップと、ワインと。二日間だけどなかなかめんどうくさかった。

レイコップは、今年一位の目玉景品になる。去年も一位候補で、最終的にはノンフライヤーになったものの、今はすでに「今年の一位がそれ?」という声がちらほらあがっている。じゃあ何ならいいんだ、というと対案はなかなか出てこないものだけど。

ワインは、予算内で収まるやつというのと、後は飲みやすいやつで、というくらいのガバガバな判断基準しかなくて。高いワインに囲まれてる中で娘がやたら触ろうとしたり持とうとしたり、不穏な動きを見せるので、ゆっくり選ぶような余裕がなくほとんど金額だけ見てパッと決めることになった。上級者向けのやつを選んでしまってたらどうしよう。

自分としては、毎年景品に対する運がなくてしょうもないものしか当たらない。今年もまあそんなものだろうという気がするので、控え目に、7位の「青天の霹靂」くらいを希望しておきたいなと思う。コーヒーメーカーとかレイコップとかよりは、間違いなく消費できる食べ物の方が存外ありがたい。

なんなら、娘が愛して止まないシャイニーのリンゴジュースを景品一覧にねじ込んでおけばよかった。

            ~完~
コメント