点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

ゆるキャラ

2012年11月30日 06時28分12秒 | 日記

ゆるキャラグランプリの、今年の優勝者は愛媛県今治市の「バリィさん」に決定した。自分はリラックマの「キイロイトリ」が大好きなせいか、似ているバリィさんもとても大好きで、優勝が本当に嬉しい。去年は「くまもん」に負けて2位だったから。

なんだろうな、このちょうどいい具合に目が離れててアホっぽいところとか、テレビ出演時に妙に相撲が強かったりとか、そういうところが魅力なのかな。以前投稿で書いたような、なんとも言えない腹立つかわいさというものがバリィさんからも感じられる。


ゆるキャラグランプリは今年で3回目だが、今回は我らが青森県のキャラたちも健闘し、弘前市の「たか丸くん」は880体エントリー中32位、むつ市の「ムッシュ・ムチュランⅠ世/マダム・ムチュリー」は60位だった。たか丸くんは、ゆるキャラとして非常に完成されているのでこの順位は納得。ムチュランは、設定が宇宙人だし「一体こいつら何なんだ」という不利の中頑張ったと思う。

結局グランプリで投票するとなるとみんな地元のキャラを応援しがちなので(自分も当然そうした)、なかなか公平な審査が行われにくいと思われるが、今のところ毎年文句のない方々が優勝しているので今後もいいキャラがどんどん出てきたらいいなあ。

そもそも「ゆるキャラ」にははっきりとした定義があって、「郷土愛に満ちたメッセージ性がある」「愛すべきゆるさがある」「立ち振る舞いが不安定かつユニークである」の3要素を兼ね備えていなければいけない。ムチュランは、妻子を持ち非常にしっかりしているが、3要素はすべて備えている。来年の飛躍を期待する。

我が地元、青森市のゆるキャラは…「ほたてん」とか「もっぷるちゃん」とか。うーん。
「もっぷるちゃん」を今後押していこう。

                           ~完~



コメント

健康診断

2012年11月27日 07時04分35秒 | 日記

健康診断に行ってきた。

健康診断といえば、大抵数日前から体重を減らすように努力し、つじつま合わせをしてから臨むものだけど、最近忘年会だ結婚式だと飲み会が多かったために調整ができる時間があまりなかった。悪あがきで前日小食にした結果、なんとか朝の時点で去年とほぼ同じ体重に戻すことが出来たので良かった。

しかし…本番の体重測定では、服を着た状態の重さがそのまま記録されてしまったので、数値上は去年よりもデブってしまった。前回までは記録から服の重さを適当に減らしてやってくれてたのに。今回は別会場で行ったんだけど、やはりいろいろやり方が変わってくるんだろうか。

次に恐怖の血圧測定。血圧測定は昔から大嫌い。どくっ、どくっ、と自分の血流が感じられるのがなぜかたまらなく嫌で、年々嫌い度がアップしていく。たまにあれを「気持ちいい」という人がいるけど本当に気持ちがわからない。「自分の血流を感じるのが嫌だ」という自分の感覚も、なぜ嫌なのかはわからないけど。

聴力、視力、心電図、尿検査…と各種検査が続き、最後に医師による診察があった。
検査中は、温泉にあるやつと同じような「時計タイプのロッカーの鍵」をつけていたんだけど、先生は「その鍵、ダサいよなあ。なんとかならないかって思わない?」と聞いてきた。特になんの思いもなかったので「はあ」と返答する。

触診ののち、これまでの検査結果の書かれた書類に目を通す先生。
「うーん。もう少しスリムになった方がいいかなあ」と言われたので、「そうですか、毎日歩いてるんですけどね」と返す。すると「いや、ロッカーの鍵の話だけど」とのこと。どんだけロッカーの鍵嫌いなんだ。

一連の検査でほぼ15分。会場には様々な人がいたけどあっという間に終わったな。
流れ作業的にさくさくやっていくので無駄がなく、血圧測定以外はすべて快適にやってもらえたので良かった。果たして来年は、自分の体重がどれほどになっているのだろうか。また、ロッカーの鍵は変わっているのだろうか。

                              ~完~
コメント

友人結婚式

2012年11月26日 06時28分28秒 | 日記

11月24日、ホテル青森にて友達の結婚式に参加してきた。

こいつは中学校からの友達で、これまでも様々なところでお世話になって自分の式の時には友人スピーチをお願いしてた。これまで彼女とかお付き合いしている人がいるとか、そういう話は一切聞いたことがなかった中、友人スピーチのときにいきなし「実は私はもう結婚しているんですよ」と発表するような、意外性がとてつもない奴だ。

そういう奥深さがある奴なので当然、結婚式も普通になるはずがない。
受付のときに新婦のお色直しの、ドレスの色を当てるクイズを出しつつ二人で踊りながら登場してきたり、キャンドルサービスでまさかのHIPHOPを流したり。二ヶ月ほど前は「本当は甲冑を着て登場したいんだが…」と言っていたのでだいぶ控えめになったが、それでも来る人を楽しませようという工夫が見えた。

毎回参加して思うけど、やっぱり結婚式って一つとして同じものがないね。
祭り好きな同期のやつのは盛大になるし、友人が多い人の式は二次会が爆発的に盛り上がるし。今回のは、両方が教師なので余興がいかにも学校の先生らしい、ほのぼのとした優しいものが多かった。小島の時のセンスが爆発したビデオレターとかはなかった。

あと、場には中学校のときの担任もいて懐かしかった。
陸上部のとき必死で走って疲労している自分の前を走り、チラチラ見てきて挑発してくるようなふざけた先生だったが、いつの間にか42歳になっていて風格が出て、とても教師とは思えない任侠味あふるる風貌になっていた。「先生、『龍が如く』に出てましたよね」と言うと「何言ってるかわからねえ」とのこと。

中学時代の友人たちにも15年ぶりくらいに会った。近況報告などできて、時の流れを感じつつ昔を懐かしむことができるから、そういう意味でも結婚式はいい。まあ一人あまりにもめんどくさくなった奴がいて自分は心底うんざりしてしまったけど、それもまた味かな、と思う。

8月から続く4ヶ月連続結婚式もいよいよ終わった。今後も式に呼ばれることは多いと思うので、その都度、式を楽しめたらいいなあと思う。

                              ~完~
コメント

記憶がかけらもない

2012年11月22日 07時04分25秒 | 日記

毎年恒例、この時期の空とのにらみ合いの結果、有給を取った11月21日にタイヤを冬用のものに交換した。たまたまこの日雪が降り積もったしこれからも降っていく予報なのので、そういう意味では今年は読みがドンピシャで当たったと見ていいのかな。

今回は初めて冬タイヤを新しく購入するにも至った。
車を中古で買ってから、その時ついていたやつを今まで履いていたので、実は超絶危険だったと思う。毎年「そろそろ買い換えるかな」と思いつつ、なんやかんやで越冬してしまったので、さすがに今年が年貢の納め時かなと諦めた。今後はさすがにそういう無茶なことはできない。

そういえば、今年は夏タイヤも買い換えたな。
あのときは最初から事前に調査して「このタイヤにしよう」と決めて店に行ったものの、タイヤ館の親切な人がいろいろ紹介してくれて、結局違うものになった。凄い親切な人だったから名前まで覚えてて(須藤さん)、今回も全く同じ店の同じ人を訪ね、知識なしの全くゼロの状態で言われるがままのものを買った。

しかしながら、店員さんが親切な人だったというのは覚えているが、以前夏タイヤを買った時、古い冬タイヤをどうしたかを完全に忘れてしまっていて、なんなら「あの時店に引き取ってもらったな確か」というおぼろげな記憶しかなくて、手ぶらで行ったもんだから「あれ、ホイールはどうしました?」と聞かれても全く答えられなかった。

「確か、ホイールごと引き取ってもらったような?」「たぶん、そんなことはないと思いますけど」
というやり取りを経て一旦帰宅すると、物置にしっかりタイヤごと残っている。最初から物置を見ておけばいいのに、うつろな記憶を頼りに行動したばかりに2往復する羽目になった。

けど、そこは親切な須藤さんだったので、その後も実に丁寧に対応していただき、結局なんの不都合も感じないまま綺麗な冬タイヤを買って履き替えることができたのでした。なぜか値段も安くしてくれて本当に感謝している。今後車を買い替えたとしても、あそこのお店だけは乗り換えないようにしよう、とこの日心に決めた。

                               ~完~
コメント

200

2012年11月18日 11時42分10秒 | 日記

今回が200回目。
100まではあっという間だった気がするけど、200までは逆にとてつもなく長く感じた。この100の間に結婚式だ出産だといろいろ大きいことがあったからだが、その他にも仕事のことでもとにかく気苦労が絶えなかったから、数字以上に長かった印象がある。300回目には一体どんな自分になっているだろう。

ブログそのものはすでに8年続き、計1,202回もだらだら書いている。
一回の投稿でだいたい900字ほど書いているので、文字数にしたら108万文字も書いたことになるのか。大学の卒業論文が2万だったことを考えると凄いな。8年もあると、人間って相当なことができるもんですね。もっと崇高なことをしておけば良かったか。

さて、昨日はむつの同期夫婦が青森市に来ていたのでほんの少しだけ遊んだ。

課の忘年会ってことで前日から来ていたそうなんだけど。あそこの職場では例年泊り込みで忘年会をしていて、4年前俺が幹事をしたときは三沢にて飲み会を行った。バスを借りて運転手シルバーの人にお願いして、サンルートに泊まって、朝食予約受けてないとホテル側に言われて…いろいろと懐かしい。

なんでも忘年会にはジンクスがあるとのことで、「下北半島内で忘年会をすると、その年の冬は大雪になる」のだという。だから今年は青森市で、となったわけだけど、よくよく考えるとむしろ青森市はむつよりも積雪が多い地域であるので、果たしてそのジンクスは効くのかどうか…。

で、適当にゲームセンターで遊んでたんだけど、エアホッケーを見ていた子どもにプレイさせたら、やたらと懐いて可愛らしかった。同期が獲得したUFOキャッチャーのお菓子を与えると喜んでいたが、ああいう、知らない大人にでもがんがん絡んでいく無邪気さは子どものいいところだなと思う。いい大人になってほしい。

一時間ほどで解散になったけど、出産祝いのほか、同期全員からの金子まで。
本当にありがとう。大切に使わせていただきます。300回のときまでには、ぜひ一度みんなに紹介したいな、と思っています。

                               ~完~



コメント (2)