点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

簡単そうに見えたのに

2012年10月31日 06時58分10秒 | 日記

昨日、出生届けを提出してきた。
名前は、最初自分が良いなと思ってずっと暖めてきたやつが、双方の両親に思いっきり不評であったためやむなく変更した。後で他の人に聞いたら案外親には事前相談していないようだったので、最初からそうしていたらまた、違った名前になっていた。そう考えると変更後の名前も何か縁があったのかなとも思える。

子どもの方は、生まれてから食べるよりも出すほうが若干多くなって体重が2,000を切ったものの、脅威の食欲を発揮して再び盛り返し、そろそろ体重自己ベストを更新しそうだ。体重が増えて喜ばしい、というのは自分ではありえない話だけど今のところすくすく頑張って育っているので可愛い。

で、出生届けを出した後は、先日買ったチャイルドシートを車に取り付ける作業に。
店でデモンストレーションを見せてもらったときは「こんなに簡単なのか」と思ったものだったが、やってみたら意外と難儀で、寒い中だったのに汗がにじんだ。

なんでこんなに苦労するのかと思ったら、原因は説明書だ。
カタカナや固有名詞があまりにも多すぎて、本当に何を言っているのかわからない。

「重ねたシートベルト(←?)」がねじれないように「シートベルト通し部(←?)」に通し、「バックル側(←?)」へ引き出して「タング(←?)」をバックルに差し込みます。「バックル側のベルトストッパー(←?)」は使用しないでください。

「バックル側」の時点で「?」となっているのに「バックル側のベルトストッパー」と重ねられてもわからん。一応写真もついているにはついているが、小さいうえに白黒なのでまたわからない。
あげく、説明書では「後部座席左側」に設置していたが自分は右側にしたので、「右側に設置する場合は、すべての工程が逆になります」って。

ようやく設置が終わって、振り返ってみたらやはりなんてことはない、「別に難しくはなかったな」という感想を持った。動作を文字で追うと、単純作業もこれほど面倒くさくなってしまうのか。言葉の限界を感じた瞬間だった。

                             ~完~
コメント

第一子誕生

2012年10月27日 05時55分57秒 | 日記

10月26日午後1時11分、県病にて無事子どもが誕生した。
いやー。本当に良かった良かった。前の晩はどうしても緊張からか眠れなくて、なにかあったらどうしようとか思い本当にドキドキしていたから、心からほっとした。

8月中ごろ「前置胎盤」と診断されて、急遽県病で診てもらうことになり、もう9月中ごろからずーっと入院。いつ大量の出血がおきてしまうかもわからず絶対安静、ということで個室の部屋から一歩も出られない生活を送っていたのだから、とにかく「これは難儀な出産になるんだな」と思っていた。

※前置胎盤とは、胎盤が赤ちゃんが出てくる道をふさいでしまっている状態のこと。放っておくと、そのまま赤ちゃんが出てこようとして胎盤が裂け、大出血する。ドラマなどで子どもは生まれたが母が亡くなった、という話があるが、大体それのこと。

先日も書いたけど、入院前には「手術中こういうトラブルが起きてしまう可能性も、ゼロではありません。了承くださいね」と説明を受けていたので、これはもう、最悪のことだってあり得るのだという覚悟を決めて、祈る思いで当日に臨んだ。手術室に入っていくところを見送るときは手汗が凄かった。

しかし…病院側は本当に手馴れたものなんだろう、特に緊張する様子もなくて「あれ、旦那さん緊張してるの?ははは」と実にリラックスしていた。この温度差は一体…。

結局、午後1時手術始まって1時11分に終了し、赤ちゃんを拭いたりなんだりかかって1時30分には、初めての面会をするに至った。なんてスピーディなんだ、やるとなったらあっという間なんだな。拍子抜けといったら完全に使い方がおかしいが、もっと大変な手術になるんだろうかと思っていた。

やはり本来の予定日よりもだいぶ早く生まれたので、赤ちゃんはだいぶ小さい。
2,130グラムしかない。あまりの小ささにおむつもぶかぶかで、服の中から手も見えないほどだった。泣き声はしっかり一人前だった。抱かせてもらったけど、やはりめちゃくちゃかわいい。将来男を連れてきたらイタさ爆発で怒鳴る親父になりそうだ。

妻の方は、さすがに麻酔の影響もあってぐったりしていた。手術自体はあっという間だったが、こちらはこれからリハビリとかなんだとかでまた大変な毎日になる。可能な限り一緒にいて、力になってあげたいなと思う。

                               ~完~
コメント (2)

そわそわしてきた

2012年10月25日 07時44分15秒 | 日記

前回実感がわかないと書いたものの、いよいよ間近に迫ってくるとそわそわしてきた。

人生初の手術をする嫁の不安感や、恐怖感はどれほどだろう。入院前、病院の先生に「極めて少ないですが、これこれこんな風な事態が起こる可能性があります。」といろいろ聞いていたのもまた、不安感をアップさせただろうなと思う。

こういう時、男は嫁の気持ちを「きついだろうな」と想像するばかりで代わってやれない。最後は何にもしてあげられないというのが非常にもどかしすぎる。手術は、全身麻酔の中行われるので痛みはないそうだけど、それでも体を切って血が出るわけだから簡単な話ではない。

これといって宗教に傾倒していないが、いざという場面で他力本願になってしまうと、自然と何かに祈ってしまう。なんとか、無事何事もなく終わってほしい。

子どもが生まれたら、あとはその子どもにバトンを渡すのみの人生となる。一人で過ごしてても部屋は汚くなるし酒ばかり飲んで時間持て余し気味だったから、そういう日々も全然いいな。

                               ~完~

コメント

チャイルドシート買ったよ

2012年10月22日 21時14分27秒 | 日記

あと数日で子どもが誕生するということで(未だに実感が湧かない…)、最近チャイルドシートをあれこれ探していたが、本日ようやく購入するに至った。

チャイルドシートなんてどれも同じというように感じるが、そもそも「軽自動車につけれるかどうか」とか「使用義務期間7年すべて一台でいい」とか「設置が超簡単で取り外しのしやすさ重視」とか、使用目的に合わせてめちゃくちゃ細かい作りわけがされていて、購入するまでにはひたすら迷いに迷わせてもらった。

思ったのは、やっぱりネットの口コミよりも直接店員さんにメリット・デメリットを聞くのが手っ取り早いな、ということ。店に行けばシートの取り付け方も見せてくれて、直に「つけやすいかつけにくいか」を判断できるし、ちょっとした疑問も一発で解決する。

今回たまたまいい店員さんい当たったのか、とにかく痒いところに手が届く素晴らしい接客をしてくれて、実にスムーズにチャイルドシートを買うことができた。本当に有難い。
以前赤ちゃんのマットを買った時は、くどくど聞いてもいないことを聞かされたあげく、ひたすら高いものばかり勧められ、自分が買おうとしたものは品質が悪いと言われ、あげくまさかの説明二周目に突入し絶望したことがあった。あれはひどすぎ、今回の店員さんとは雲泥の違いだ。

「商品の良いところ、悪いところを教えてくれる」店員と、「値段の高さをデメリットとして挙げてくれる」店員さんは、信用できる。こっちには予算の都合もあるのに、ひたすら高いものを褒めちぎって「これはいいものですよ、お買い得ですよ」と言われても、当たり前すぎて正直買う気が萎える。今回の店員さんは、自分がちょろっと話した予算に合わせて、その目線で話をしてくれた。素晴らしかった。

あげく、購入を決心して「これください」と話したら「これ、月曜に来てくれたらセールになるから5,000円安いですよ。取っておくので明日また来てください」と親切にも教えてくれたのがいい。店員としては当たり前かもしれないけど、これぞ客の目線に立った接客だな、と感じた。

生まれてくる子どもはそんなこと欠片も知らないことだけれども、チャイルドシート購入で、接客の極意を感じた瞬間だった。
 
                             ~完~
コメント

無意識を表に出す

2012年10月20日 02時40分03秒 | 日記

どうしよう、すごく書くことがない。最近生活が単調なので、いちいちブログに書くほどのことが起こらない。今日職場に福原愛が来たが…(市民栄誉賞授与のため)、別にこれと言って感想もない。「テレビで見るより小さかった」とかもなく、想像通りの大きさでした。

新しい携帯電話(と言っても2009年式だが)にしてからというもの、内臓されている「万歩計」機能が楽しくて毎日せっせと歩数を集計している。
一日、平日ならだいたい9,000歩歩いて、それが積もって7月からの累計歩行距離は514.96キロとなった。

しかしまあ自分でもなんでなのかと思うけど、いちいちこういうデータをまとめるのが好きだ。むつにいたときも、エアロバイクで漕いだぶんの距離数を足していって日本の県境所在地めぐりをしようとか、消費カロリー数を計算したりだとか、いろいろやっていたなあそういえば。

基本的に歩くだけ、とか漕ぐだけという運動は「べつに楽しくない」ものなので、あの手この手でモチベーションを高めようとしてやっているんだけど、データを集計していくとなんとなく「自分の生活の法則性」みたいなのが見えてくるからそこが面白いのかもしれない。

例えば、「変なお客さんがきてカリカリしている日は微妙に歩数が多くなる」とか、「月曜日は理由なく歩数が多く、木曜日は理由なく歩数が少ない」とか。こんなもん自分以外で全く必要のない超無益なデータだけど(自分にとっても別段必要ないが)、そういう無意味な隠れた法則性が表れると、なんかにやっとしてしまう。変態なのか。

また、こういう作業で自分でも気づかなかった無意識に直面することもあって、全然意識もしてないし思ってもいなかったのに、「歩数が10,000が越える日が数日続くと、決まって高カロリーのもの(ラーメンだとかとんかつだとか)を腹いっぱい食べている」自分がいた。

その日何を食べるかなんてその時その時の気分で決めてると思っていたが、体の疲れが、無意識に自分を動かしているんだな。当たり前のようで、案外意外だった。疲れているときこそ体重が減るチャンスだし、日ごろから「痩せる痩せる」と意気込んでいるのに、無意識的には実に体に正直に生きてるだけなんだな、ということに気づかされた。

万歩計を使った「自分探しの旅」は果たしていつまで続くことになるのか。

                               ~完~
コメント