点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

小学館の図鑑

2017年09月20日 04時07分45秒 | 日記

新しく買うことになった車は、代金も支払って各種手続きは済ませたもののまだ納車されていない。予定では来月中には、とのこと。楽しみだなあ。今乗っているラパンも限界ギリギリで走っていて、長年世話になったので情が深い。最後に家族で写真を撮りたいなと考えている。

そんな中、車購入の成約の際ディーラーさんから小学館の図鑑をプレゼントしてもらった。図鑑と車は何の関係もないが、同じ建物内に本屋さんがあったからその関係なのか。キャンペーン中につき何冊もくれて、娘用に「動物」と「魚」という2冊を貰い、他に興味本位で自分だけ後で読もうとして「危険生物」というのも貰った。

そしたらなんと、娘がその「危険生物」の図鑑にドハマりして毎日寝る前に読んでいる。サソリだとこれが一番毒が危険だ、とかサメはこれが一番大きくて獰猛だ、とか。図鑑には危険生物に襲われた事件簿みたいなコラムもあり、それも熱心に読む。好きこそものの上手なれとは言うが、もっと他にないのかとは思う。

しかしながらそこは4歳11か月で、基本いかつい見た目の危険生物の中でも、見た目とか名前がかわいいやつを探したがるのが面白い。今のところ、「オニダルマオコゼ」と「イトマキエイ」が見た目と名前と、あと危険度的にもちょうどよくて好きなのだとか。

図鑑にはDVDもついていて、ドラえもんとのび太がいろいろ解説してくれるおかげでかなりマイルドに仕上げているものの、さすがテーマが「危険生物」だけあって出てくる映像が強烈で、虫のパートはとにかくキモい。またサメも、獲物を狙う目がガチすぎて超怖い。

娘は熱心にDVDを見て、動物が紹介されるや否や、図鑑をパラパラめくって「これのことだよね」とか言っている。いよいよ知識習得欲が軌道に乗り始めた。せっかく今の柔らかくなんでも吸収できる時期に、覚えるのが本当に「危険生物」でいいのか娘よ…。もっと、地図とか国旗とか県庁所在地とかそういうのがいいなあ。

                         ~完~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 撮り溜めたバラエティが全然... | トップ | うっかり35歳に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事