点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

郡山へ行って来た(その2)

2016年09月15日 21時30分25秒 | 日記
妹の結婚式出席のため郡山市へ行ったが、娘への気遣いという側面も非常に大きい旅だった。娘は機嫌が悪くなると癇癪を起こしやすくなるのに、どうしても式のことや出発時間など、娘よりも優先する事柄が多い。そういう意味で「キレてその場に座り込んだらどうしよう」かという不安があった。

当初の目論見としては披露宴で娘に、親父のねぶたの歌で一緒に壇上で跳ねてほしかったので、一度事前に昼寝が出来れば…と思い、空いている午前中に駅前の宇宙科学館でそこそこ遊ばせて体力を消耗させた。そして披露宴の前に行われる式には参加させず、ホテルの部屋で休ませようと考えた。

だが、親族の写真撮影が終わると娘は人の流れに乗って式会場の神社へ向かうバスに乗り込んでしまった。神前式が始まると眠くなったようで、結局20分だけ寝た。昼寝としては短いので披露宴では終始ご機嫌斜めで、ねぶたもほんのわずかに跳ねただけだった。実力の20%も出せていない結果になってしまった。

日曜日は、娘のために郡山カルチャーパークへ。古めの遊園地で妹いわくショボイとのことだったけれども3歳児にとってはちょうど良かった。郡山市が運営しているから料金もお手ごろで、娘は観覧車もメリーゴーランドもなにもかも無料だった(その代わり何に乗るにも必ず付き添いが必要で、付き添いの人は有料)。

怖いからという理由でおばけ屋敷には入らなかったが、それ以外はどれも積極的に遊んでくれて良かった(特にメリーゴーランドが気に入ったらしくて2回乗った)。観覧車や、正式名称はわからないがよくある「高低差をつけながら周るやつ」も楽しかったが、コーヒーカップはそれほどでもなかったらしい。

遊園地の華、ジェットコースターやバイキングは、小学生でないと乗れない。娘はそもそも乗りたがらないだろう、と思っていたが意外にもコースターに乗りたいと強く主張した。嫁の丁寧な説明でなんとか納得してもらえて良かったが、癇癪中だったらヤバいところだった。ていうか、滑り台すら怖がる娘なので、小学生になって一度でも体験したら二度と乗りたいとは言わないだろうに。

思いのほか、遊園地を楽しんでくれたので良かった。同僚から八戸の遊園地も良いと聞いたので早速、シルバーウィークで遊びに行こうかなと思っている。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 郡山へ行って来た(その1) | トップ | 最近ゲオで借りて読んでる漫画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。