点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

キングちゃん面白い

2017年05月18日 21時20分59秒 | 日記
昨日は嫁の入院の手続きや、手術に関する医師からの説明を聞くため仕事を休んで病院にいたが、午後に娘と病室を後にするまで元気で「お母さんばいばーい」とか言っていた娘が、廊下でさめざめ泣き出したのには心を打たれてしまった。彼女なりに相当、気を張って頑張っているんだな。帰りに立ち寄った「びっくりドンキー」で死ぬほどハンバーグ食ってたけど。

その夜からいよいよ二人生活がスタートして、早速お風呂に入ったものの、一緒に風呂からあがるとまず自分を拭けばいいのか娘を拭けばいいのかで混乱した。その後歯磨きして髪乾かして、体にクリーム塗って絵本読んで寝るまで。なかなか大変だったがまあこの辺はいつも通りだった。

朝起きて開口一番「あれ、お母さんがいない」。そういえば病院に行ってていないんだった、と気づいてまた落ち込んでいる。そこを励まして一緒に朝ごはんを食べて、幼稚園の準備して、着替えして歯磨きしてとやっていたらおばあちゃん(嫁のお母さん)が来てくれた。幼稚園のお迎えのバスが来るのが朝9時なので、それまで娘を見てくれることになっている(めちゃくちゃ有難い)。

おばあちゃんは娘を驚かそうとそっと部屋に入ってきたが、それに自分が気づいて「あ、おはようございます」と話しかけると、娘は「お母さん、赤ちゃんと一緒に来たの!?」と振り向き、母じゃないことに気づいてまたどんより。お母さんロスが半端じゃないな。

自分は仕事へ。今日は残業して夜八時まで、外に電話をかけまくる日だ。仕事してる最中メールでおばあちゃんから「娘が眠そうにしている」と聞いて、八時と同時に職場を飛び出し帰宅したところ、もうすでに娘は夢の中だった。一日遊んで、疲れてしまったらしい。

明らかに日常と違う状況の中で奮闘している娘だが、嫁が退院するまではなんとあと一か月もあるのだ。この一か月は彼女にとっては相当に長いものになるだろうが、この経験で一回りも二回りも大きくなって、精神的に立派なお姉ちゃんになってくれるに違いないなと、寝顔を見ながらそう思った。

                                     ~完~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 明後日から受難の日々 | トップ | 4歳娘との共同生活4日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。