点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

バラエティ尽くし

2017年01月03日 23時08分20秒 | 日記
今帰宅した。年が明けて間もなくの1月3日にも関わらず、朝八時そこそこに家を出て仕事を始め、午後3時から夜10時まで怒鳴られ続けた。目の前が真っ白になり、手や足がガクガク震えて、首元が熱を帯びて腫れてくる感覚を覚えても、今日は絶対に諦めなかった。異動するまでは絶対に逃げないし投げ出さない。ブログと同じで一回でも逃げたらもうモチベーションが保てない。年末年始の家庭の団欒をほぼ棒に振って仕事して、それでも使えないだの、臨時職員レベルだの、ミソクソに言われているが、負けないで足掻いてやる。帰路では抜け殻になって泣いてるけど。身近なところで理解してくれる人は皆無だ。これはもう自分自身との闘いだ。

こういう状況でも、2日間は休めたので、その間は結構楽しく過ごすことができた。バラエティ番組は録画してもしてもどんどん放送され、追いつくのが大変だった。毎年恒例のガキの使いは、印象に残ったところは少ないものの、サンシャイン池崎に扮した齋藤工がめちゃくちゃ頑張ってたところと、ダウンタウンが「後出しで負けるじゃんけん」ゲームがポンコツだったというのが面白かった。

探偵ナイト!スクープの総集編も良かった。通常放送は夜遅すぎるし、回によって当たり外れが大きいからなかなか普段は観る気持ちになれない。一年を振り返っての面白かったものだけを集めたやつは安心できる。水木しげるの大ファンの男の子を取材していたその日に水木しげるが亡くなり、それを告げるシーンがあったというのが凄く運命的だと感じた。

クレイジージャーニー元日スペシャルがまだ観れていないのが残念(放送がないため)。青森用に再放送されたオカルト研究家の回はとても興味深かった。青森県は五所川原市では、亡くなった子どもに人形のパートナーをあてがい、せめてもの供養とする「人形婚」の風習がある。供養されている人形はどれも可愛らしいが、子どもの生前の写真と見比べると凄く重みを感じる。

まだまだ撮り貯めているバラエティはある。明日も深い残業をする予定だが、帰ったらお酒とともに視聴して、せめて最後の最後まで、ちょっとだけの正月気分を味わいたい。
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« よいお年を | トップ | ままどおるウマし »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-01-05 01:55:47
頑張れ
Unknown (SGGK)
2017-01-05 07:58:10
コメントありがとうございます。
あと少しの辛抱と思って、頑張ります。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。