点ノ記

日々あったことを若干適当に書いています。

向き不向きがあるしな

2016年10月14日 20時36分10秒 | 日記
非常に優秀だが細かく厳しすぎる先輩の影響で、普段の仕事では、自分という個を極力殺し、いち傀儡として生きている。細かすぎて、他課にメッセージを送るときも電話をするときも、一言一句でも意にそぐわないようなことや無駄があると怒られるので、ある日から自分は、精神を守るため、何も考えない、感じない人形になることとした。

だが本日はそんな先輩が所要で仕事をお休みしたため、久々にいち人間に戻って、のびのびと仕事をすることができた。確かに先輩のように針に糸を通すような、精密で無駄のない動きはできなかったが、壁面にぶつかりぶつかりながらも自分の言葉で自分の意思で、人と仕事をして、久しぶりに充実感というか「働いたな、生きたな」という感覚を得た。

やりとりした他課の人も、「今日はSGGKさんなんか生き生きしてますね」だって。仕事って本来こんなにも歯ごたえがあって、やりがいがあるものなんだな。日ごろ先輩を恐れてこちらの席に近づいてすら来ない同僚の方々も、今日にあっては沢山話しかけにきてくれる。仕事のことも単なる雑談も沢山話せた。傀儡時の20倍は会話した。

自分はやっぱりこういう風に仕事がしたい。そういう環境に行きたい。今の業務自体は非常にやりがいがあって嫌いじゃないし、今も昔も変わらず、全力で職場のためになりたいと思い遅くまで残りながら頑張っているが、予算という業務は重要だから、優秀かつ厳しい先輩のような人が配置されがちで、そういう人と組むと自分は自信が保てなくなる。

先日、夜遅くまで怒られ続けて最後「まあ人には向き不向きがあるしな」と言われた時、さすがの傀儡も内から涙が湧き出てこぼれそうになった。しかし、今日一人で羽を伸ばして仕事をした結果、なるほど、こういう業務に向いている先輩のような人とうまく仕事を進めることには確かに向いていないということが納得できた。

むつ時代も合わせるともう9年くらい仕事をしているが、今年は初めて、職員調書に異動の希望を書こうと思う。自分の今後の進むべき方向性もちらっと見えたような、今日の一日だった。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わからなかった | トップ | 281014時点ドカベン展開予想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。