暇つぶしです

私が思いついた事を書くだけのブログです。

韓国が

2017-07-01 09:02:08 | Weblog
 韓国が、「倫理なき経済」なのは、分かる。
 つまり、『自分、自分達が、良ければ、良いのだ』という倫理観に基づく、経済である、ということで。

 韓国人はしょっちゅう、『日本を追い越した』とか、『もうすぐ日本を追い越す』とかいうけれども。実際は、追い越せていない。
 所得収支のデータを出せない。発表出来ない。
 嘘をついて、無理やり、『経済成長率2%』と発表したら、素晴らしい経済なのだろうか、と思う。

 韓国が、統計データで嘘を発表しているのは、分かっているのだから。
 韓国の新聞が、『フェイクニュースを見分けるAI(人工知能)を開発する』という記事を載せたら、大艦巨砲主義の人達は、ぼろくそに笑っていた。私もそう思う。大体、韓国人が、フェイクニュースではない、間違っていないニュースを発表した事があるのだろうか、と思う。統計データでさえ、でたらめなのに。

 韓国の新聞が、国際企業で、ウォン安の時、『ウォンベースでみれば、国際企業の売り上げが増加した』と言い、ウォン高の時、『ドルベースでは、国際企業の売り上げが上がった』と発表するのを見て、何でも、ポジティブ(肯定的)であれば、良いというものではない事を学びました。

 客観主義って、何だろう。

 新築のマンションに住んでいても、中古のマンション買って、内装張り替えたうちに住んでいても、他人からの評価はあまり変わらない。でも、大勢の人達が、中古のマンションを買って、内装を張り替えたうちに住まずに、新築のマンションに住みたがる、ということで。

 嘘でも、統計データを素晴らしいものに発表したら、その国の経済は素晴らしいのだろうか、ということで。
 実際は、韓国は、就職状況は、日本と比べて、ぼろぼろだが。
 だけど。嘘ついても、素晴らしい統計データを発表すれば、韓国経済は、素晴らしいのだろうか、と思う、ということで。

 まだ、書きたい事はあるのだけれども。

 大艦巨砲主義を見ていたら、日本製は、日本製で、素晴らしい事が分かる。
 韓国や中国の製品と同じように安売りは出来ない。
 でも、発展途上国は、韓国や中国の製品を買って、そして、失敗する、ということで。
 
 先進国が、高い値段で、商品を売ろうとしたら、知識人的な人達、NPO支援団体的な人達は、批判する。
 でも、本当は、先進国の製品には、価値があって、それには、高い値段を払う必要があるのではないか、ということで。
 先進国の商品には、高い価値があって。それを、発展途上国の製品と同じような安い値段で、販売しろ、というのは、失礼ということではないか、ということで。

 『弱者だから、正しい』という人達が大勢いるのだけれども。
 でも、高い値段の商品には、それだけの価値があるのだから。その価値は、評価されなければならない。
 高い値段で売ろうと思ったら、高い価値を作り出さないといけない。
 それを否定するのは、どうかと思う。
 安い値段のものは、結局の所、価値を作り出せていないということである、と。

 『与えるものは得るもの』というのだけれども。
 だけど。安い値段で、品質が良い物があれば、みんな買う。
 高い値段で売っているものは、大勢の人達が、高い値段を払う価値があると認めているから、高い値段なのではないか、ということで。

 先進国の人達が生み出した商品を、安い値段で売れというのは、失礼だよね、ということで。
 
(続き)
 先進国の持っている豊かさを取ろうと多くの人達が考える。
 で、貧しい発展途上国の人達は、正しくて、豊かな先進国の人達は、悪なのだと、大勢の人達が言う。
 でも、それって正しい事なのだろうか、と思う。

 本当は、豊かな先進国の人達が正しくて、貧しい発展途上国の人達が、間違っているのではないかと。
 でも、それは、知識人とか、NPO団体の人達は言わない、ということで。

 でも、それって、自分達の価値、先進国の人達の価値を疑っている、ということで。
 『あって、当たり前』だと思っているからだと思う。
 本当は先進国の企業は、発展途上国の企業よりも、豊かさを生み出しているのに、それを信じていないということだから。

 で、『金持ちは悪だ』『先進国の人達は悪だ』と言って、『貧乏人は善』で、『発展途上国の人達は善だ』というのだけれども。
 それが、正しい意見であるように、思えない、ということで。

 うーん。
 自分達の持っている、豊かさを疑っていると思う。
 自分達、先進国の人達が、価値を作っているから、豊かな国であり、豊かな生活をしている事を、疑っている、ということなのだから。

 で、結局、疑っているのは、「先進国の企業には、豊かさを作り出す能力がある」事を、疑っているのだと思う。
 で、それは、先進国の企業の、知恵を疑っている、ということだと思う。

 自分達が、努力して、豊かさを作り出している事を、疑っているのだと思う。
 だから、安直に、『発展途上国の人達は正しい』と言う。
 先進国の人達の正しさを、信じていないから、そういう考え、意見になるのだと思う。

 それは、結局の所、自分達の能力を疑っていると言う事に、他ならないが。
 「自分に奇跡を起こせる事を信じないの?」。で。
 自分が、世界に対して、価値を与えていると思う、信じているのであれば、そういう考え、意見は、出てこないと思うが、と。

(続き)
 それは、すなわち、自分達の価値を疑っているに、他ならないが、と。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の罪を | トップ | 与える者は »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL