暇つぶしです

私が思いついた事を書くだけのブログです。

変化が起こるのを

2017-04-19 19:38:46 | Weblog
 変化が起こるのを、許してあげて下さい。

 『婚活だ』とか言っても、結婚出来ない人達が、大勢いるのは、当然の事だと思う、ということで。
 だって、男性は、『若くて、かわいい女性』と結婚したがるし、女性は、『高収入で、かっこいい男性』と結婚したがるから、ということで。
 お見合い、それも、1回だけ、で結婚を決める、実質、強制結婚の時代なら、ほとんどの人が結婚出来たのだろうけれども。
 自由恋愛、好きな人と結婚するのが、良い事ですよ、という社会になったら、あぶれる人が出てくるのは、当然の事である、ということで。
 みんな、『若くて、かわいい女性』と結婚したがるし、『高収入で、かっこい男性』と結婚したがるから。そうではない人は、結婚出来ずに。婚活で知り合ったとしても、『双方共に、ため息をつきながら』付き合っている、カップルも大勢いるであろう、ということで。

 生物的に言えば、一夫多妻制でも問題ない。
 大体、なぜ、『かわいい女性』『かっこいい男性』と結婚したがるかと言えば。『かわいい女性』『かっこいい男性』の子供は、『かわいい子供』になりやすいからである、ということで。
 大体、子供の能力の、5割は、子供の遺伝子で決まっていて、1割が、家庭環境、4割が、学校環境とアメリカの双生児研究で分かっているのに。
 『子供の養育は、親の責任』となっている事がおかしいと思う。
 『ベーシックインカム』(基礎的収入)という提案がされているが。それより先に、『子供一人当たり、月6万円の給付』が行われるようになるであろう、と思う。
 『子供の養育は、社会の責任』という、SF作品で書かれた、社会が、実現するであろう、と思う。

 『離婚は悪である』という思想があるように思うのだけれども。
 なぜ、『離婚は悪』と考えられているかと言えば。子供の養育が、難しくなるからだと思う。でも、『子供の養育は社会の責任』と考えられるようになれば、『離婚は悪』という考えも、なくなるように思う。
 親の責任は、子供を産むことだけ。後は、社会の責任と考えられる時代が来ると思う。後、5年では無理かも知れないが。後、10年ぐらいで、来ると思う、ということで。

 『変化が起きるのを許してあげて下さい』と。
 人は、変わっていく。もちろん、自分も変わっていくが。
 永遠の愛を誓うのが、失敗の原因だと思う。
 永遠の愛を誓わずに、現時点の愛しか言えないのではないかと。

(続き)
 この文章を書いたのは、『離婚は悪なのか』と言う事に対する疑問を感じたからだけれども。
 大体、働けない知的障がい者とかの人達に対しては、月6.5万円以上くらいの、障害年金を給付しているのだから。同じく働けない、子供に対して、養育費として、月6.5万円以上給付しても、おかしくないはずだと思う。
 でも、私達に社会は、『子育ては、親の責任』となっている。だから、離婚は悪で、母子家庭は悪だと考えられているのだと思う。
 『子供の養育は、社会の責任』の社会、世界になれば、『離婚は悪だ』とか、『母子家庭は悪だ』という、考え方ではなくなるであろう、ということで。
 
うーん。
 『全てのものは、変化する』が、宇宙の第3法則なのに。
 
 『僕が変わったのだ』。「そうです。あなたが、変わったのです」。でも、「私も、変わった」のだけれども、と。

 全てのものが変化するのに。なぜ、結婚だけは、ずっと同じでなければ、いけないと決めたのだろうか、と疑問に思う、ということで。
 全ては変わっていく。他者への愛も変わっていく。だから、結婚生活が、永遠でないといけないと考えるのは、おかしいと思う、ということで。

 うーん。
 結婚なんて、夫婦二人の問題だと思うけれども。
 子供は、関係ない。子供は、おまけだ。
 大体、結婚に、永遠性を求める事自体、おかしいと思う。
 「私も、変わって」「あなたも変わる」。
 それが、自然な事なのだから、と。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過程が重要 | トップ | 豊かさを否定する人達 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL