暇つぶしです

私が思いついた事を書くだけのブログです。

本当の賢明さ

2016-12-07 19:49:01 | Weblog
 生命保険の問題で。『バブルの頃までに、契約した、保険は、お宝保険と呼ばれている。(予定利率が高い)。で、その事を知らないで、「新しい特約をつけませんか」という話に乗って、今気がついたら、前の保険は取り消され、新たな保険を契約した形になっていた。あの頃は、ネットがなかったから、調べる事が出来なかった』という文書を、最近読んだが。

 んー。ネットうんぬんの問題ではないと思う。
 だって、ネットがあったとして。『それは、調べるべき話である』というのが、思いつかなかったら、ネットがあっても、無意味だし、と。
 バブルが崩壊した以降に、バブル前に契約した生命保険を、解約させて、新たな(予定利率の低い)保険に加入させる事を、保険会社がやろうとしている、という話は、バブルが崩壊したあたりの頃に、新聞で(私は)読んだ。
 まあ、普通に考えて、「今更、その話?」とは思うよな。
 「もっと、早くに気がつけよ」と。

 プラットホームというのじゃなかったっけ。駅のホーム。
 個別知、つまり、ネット情報とかも、意味があるのかも知れないけれども。
 集合知、新聞とか、テレビとか、ネットで言えば、yahooのトップページの情報は無視出来ない。
 『ネットがあるから、本屋は不要だ』という訳ではなくて。本屋には、本屋の価値がある、ということで。
 

 本当に、価値のある情報って、何なのだろうか、と思う。

 ハローワーク行ったら、『事務の正社員の希望なのですか』と言われたという話を書いていた人がいたが。
 んー。普通、困惑するよね。30代(かは知らないが)の、何年も、無職だった、主婦が、『事務の正社員希望』とか言われたら。(ちなみに、学歴も低いらしい)。
 んー。「そんなのは、実現不可能だよ」って。

 「変えられる事と、変えられないことを区別出来る英知が必要である」と。
 変えられない事を、一生懸命、変えようとしても、無駄である。
 でも、変えられない事と、変えられる事の区別がついていない人が大勢いる、ということで。

 見かけだけ見て、『高収入の男性と結婚したい』とか。『高学歴の男性と結婚したい』という人達が大勢いるけれども。
 そういう問題ではないと思うのだが。

 「変えられる事と、変えられない事を、区別出来る、英知が必要である」と。
 変えられない事を、一生懸命、やろうとしても、無駄である、と。
 みんなが、ドアを叩けば、自分の希望が叶う訳ではない。
 ”需要と供給”の話があるから。
 駄目なら、駄目で、「これは、実現するのが、難しい事なのである」と判断する、能力が必要である、と。
 それが、難しい事に気がつかない、知らないで、ドアを叩き続けても、失敗する。そして、失望する。でも、初めから、「これは、困難な事なのである」と知っていたら、別の道を行こうと考えるかも知れないし。上手く行かなかったとしても、そんなに、傷つかないかも知れない、ということで。
 「これは、難しい事なのだ」という事を知る事は、重要な知恵、英知である、ということで。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由意志 | トップ | 何でも、かんでも »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL