暇つぶしです

私が思いついた事を書くだけのブログです。

やるときは

2017-10-21 14:47:47 | Weblog
 やるときは、世界を見なければならない。

 大艦巨砲主義で、『(自動運転技術に関して)国土交通省が、高速道路などを自動走行する際、ドライバーがハンドルから65秒以上手を話すと手動運転に切り替える仕込みを搭載することを義務付けた』という記事があったが。

 最初見た時、「反対じゃないのか」と思った。
 SFでは、運転者が意識なくなったら、路肩に止めるような技術が言われているよね。
 
 『これで、日本は、自動運転技術は出来なくなるよね』というのが、大勢の人のコメントだったけれども。
 何で、こんな事をするのだろうか。

 ガラパゴス携帯自体は、否定的なものではないと思うけれども。
 日本の携帯の規格を、世界の他の先進国と違ったものにした事については、批判されるべきであると思う。
 何で、日本が、競争に負ける事が、前提なのであろうか、と。
 
 小さく考える事を、正しい事だと言っている人達が大勢いる。
 本当は、大きく、遠くを見ないといけないのに。
 SF技術の実現が、目標にすべき事ではないのか、と。

(続き)
 日本って、変な弱者意識があって。『世界的競争に負けるに違いない』と思って言うよね。
 そんな事はないのに。

 で、『弱者が善だ』という。
 それは、「間違っている」と思うのに。
 本当は、日本が、日本人が世界を救えるはずなのに。それは、言わない、ということで。
 人を救える強者になる事が、善なのに。

 宮沢賢治の『雨にも負けず』の詩で、『あらゆる事に自分を勘定に入れずに』というのがあるが。
 自分を勘定に入れて良いと思う。自分が幸福でなかったら、人に迷惑が掛かるのだから。
 他者を救う為には、まず、自分が幸福でなければならない。
 
 まず、大きい目標を持とう。そしたら、小さな問題は解決するのだからして。
 色々考えても、全ての問題は解決しないかも知れない。でも、一つの問題が解決しないよりも、良い世界になっているであろう、ということで。
 自分に与える事によって、他者にも与える事が出来る。
 だからと言って、『私の持っているものを他者に渡してたまるか』という必要はないが。
 だけど。『自分の持っていないものを、他者に与える事は出来ない』から。
 自分に与える事を軽視してはならない、と。
 
 ある、NGO団体をやっている人の主張によれば。『100%の愛はいらない。1%の愛で十分です』と。
 収入の、全部を募金する必要はないが。収入の1%を募金するだけで、十分な愛情なのに。
 アメリカでは、『収入の1割』とかいうが。いずれにしても、収入の全てではない、ということで。
 自分が持っているものの、1%を与えるだけでも、完全な愛なのに。

 まず、自分が賢くなろう。そしたら、他者に知恵を与える事が出来るのだから。
 何で、自分の価値を過少評価するのだろう。自分には、そんな事出来ないというのだろうか、と思う。本当は、出来るのに。

 日本から、天国を発信する事。
 なぜ、それを否定するのだろう。
 私達の国は、天国を実現しています、と言わないのだろう。
 なぜ、自分達の能力を過少評価するのだろう。

 書きたい話はある。

 東南アジアの、発展途上国に、日本が、水道設備を作った。で、水道の供給会社は、フランス企業だ、と。
 
 別に、それは良いのです。だけど。

 ある、欧米のNGO団体の人達は、中南米のある国で、水道供給を、先進国の企業がやっている事を批判していた。
 でも、発展途上国の自治体に水道供給をさせると、設備の維持が出来なくて、雨が降ったら、水道が供給されなくなる、と。
 雨水(泥水)を、水道管が吸収してしまうかららしい。
 で、ちゃんと、水道設備の維持をしようと思ったら、高い値段が掛かる、先進国の企業に任せるしかない、と。

 日本のODAはある意味、作ったら終わりで、後の、維持管理の事を考えていない、とも言える。だけど、それは日本政府の問題ではなくて。普通の建物だって、新築に掛かる費用は大勢の人達が喜んで出すが。維持管理に掛かるお金は、ほとんどの人が、忘れている、ということで。

 水道の料金の値上げの事を言ったら、文句を言う人がいた、という話がある。
 細菌を発生させない、設備を作る為に、必要なコストなのに、と。
 大勢の人が、維持管理に掛かるコスト、費用は忘れているから、『設備は、日本が作ったのに、何で、水の供給だけで、こんなに高い値段が掛かるのだ』と大勢の発展途上国の人達は思ってしまう、と。で、高い水道料金を、受け入れられない、と。
 で、高い水道料金を受け入れさせる口実として、『フランス企業が供給している』というのが、必要である、と。つまり、憎まれ役が必要で。それは、発展途上国の自治体には、出来ない、と。

 日本人は、『出来て当たり前』という考えがある。
 だけど、『中国企業が作った橋が壊れた』とか、『韓国企業が作った橋が壊れた』という話を読むと。日本人とか、他の欧米の先進国の国の人達が、『当たり前』『出来て当たり前』と思っている、信じている事が、当たり前ではない事が分かる、ということで。

 水道水が飲めるのは、日本ぐらいと言われているしね。
 飲める水道水を作ろうと思ったら、維持管理費は掛かる、と。
 雨が降ったら、泥水が流れてくるような、水道で果たしていいのかどうか。
 そこが問題である、ということで。

 発展途上国だからと言って、安い値段で、供給出来る訳ではない。
 むしろ、高い値段が掛かる事も多い。
 自国で作れないものは、先進国の価格より、高くなる、と。輸入しないといけない訳だから。

 今、『発展途上国で、リタイア生活』が否定されてきている。
 食べ物は、日本の方がおいしい。
 住居費だって、日本の中堅都市と、発展途上国の、日本人が住みたいような場所とでは、家賃は、あまり変わらないかもしれない、と。
 日本の住居費が安くなっているから。

 『発展途上国で働く』のも、貧困呼ばわりされている、らしい。
 日本の中堅都市で、車が必要ではない、最低賃金の仕事についた方が、豊かな生活が送れる、と。
 親の葬式にも、出やすいしね。

(続き)
 世の中、あまり、客観的ではなくて。感情的問題が大きい。
 日本で、長い間、旅客機が作られなかったのは、飛行機が落ちた時に、責任追及されるのが、嫌だという理由だと思っているが。
 アメリカの企業が作った飛行機だったら、『アメリカの会社は、回答をしません』で済むけれども。日本の企業が作った旅客機だったら、その旅客機を作った人達が、責任を追及されるから、ということで。

 月への人類着陸を目指した、アポロ計画だって、死者いっぱい出ているのになあ、と思う。
 日本人にはそれが耐えられないから、人が死ぬかも知れない行為は出来ない、と。
 だから、日本の製薬会社は、世界的には、ダメで、新薬も欧米諸国よりも、後で、発売されると。死者が出たら、大騒ぎになるから。

(続き)
 私は、発展途上国の人達の事を、『心優しい人達である』というのを、否定しているけれども。「本当に心優しくて、働くのが好きな人達なのならば、豊かになれるはずである」ということで。
 それが、インチキマスコミの人達、インチキ左翼の文学者の人達と、意見が、全然一致しない所なのだけれども。
 本当に心優しい人達は、先進国の金持ちの人達である、ということで。

 『貧しかったら、善だ』というのがある。
 だけど。本当は、豊かさを感じている人達が、善なのである、と。
 豊かさを感じていないのであれば、それは、見るべきものがある、ということで。
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車を買わないのが | トップ | 日本が崩壊する »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事