暇つぶしです

私が思いついた事を書くだけのブログです。

糖尿病からの人工透析は甘えであるというブログ言論に対して

2016-10-12 20:22:12 | Weblog
 大体において、このブログの文章、色々地雷踏みすぎなのである。ワードで書いたら、ページ数5ページ分書いても、まだ、文章書けるぐらいの問題がありすぎる。

 大体において、糖尿病の標準療法が、『運動して、ご飯を食べる量を減らしましょう』とかいう、王道ダイエットと一緒で、『そんなの簡単に出来るなら、みんな、「ダイエット、ダイエット」って言っていないわ』みたいな代物。

 糖尿病専門医なら、こういう言い方はしないと思う。糖尿病患者に対して、糖尿病専門医の数が、全然足りていない事を知っているし。腎臓の機能を調べる検査を糖尿病患者にしていない、内科医等の糖尿病専門医以外の医者が大勢いることを、知っているはずだからである、と。

 大体、糖尿病を有名にした功績は、糖質制限の医者にあるのではないかと思う。それまでは、糖尿病はマイナーな病気であった。『標準療法通りに従える人なんて、滅多にいない』からである。糖質制限なら、実行出来そう、と。

 一般人からしたら、医者が悪いし、今の標準療法がおかしいのに。それを、『透析患者が悪いせい』にされたら、一般人は、怒るのは、当たり前だと思う。
 医者の主張と、一般人の思いとは、違うのである。
 医者は、病院に来てもらいたい。一般人としては、出来る限り、病院になんていきたくない。目に見える不具合は感じないのに。薬だけ出されて、それも、何千円というお金を、1ヶ月に1回払わされて、効いているか効いているのか、分からない薬を飲まされるのは、嫌である、と。普通だと思う。で、医者によっては、『何で、運動をしないのだ。体重を減らせ』とか言って、怒ったりする。何で、怒られに1ヶ月に一回病院に行かないといけないのか、と。それは、普通に思う事だと思う。

 『好きで、透析になる訳ではない』と考えるのが、普通だと思う。単に、今の、標準療法では、『糖尿病は治らない』とされていることが、問題なのである、と。で、薬飲むだけで良いなら、もうちょっと、『病院に行こうかな』と思う人達も、増えるのであろうが。『運動しろ。体重を落とせ』とか、余計な指導をされるのが、うっとうしい、と。まあ、それは、一般人としては、普通の感想だと思うが。それを、分からない医者がいるのだよね。それが、問題である、と思う。

 『高強度筋トレ』にした所で、みんながみんな、出来る訳ではないと思う。実際、『2型糖尿病』のカテで、高強度筋トレをやっているブログはほとんど見ないし。ほとんどのブログが、『糖質制限』をやっている。高強度筋トレが、誰もが出来る話なら、みんな、それをしていると思う。でも、2型糖尿病のカテでそれをやっている人をほとんど見ないのは。やっぱり、実際にやるのが、難しいのだろうと思う。3ヶ月で、本当に糖尿病が”治る”なら、とても、美味しい話なのだけれども。
 実際、私も、高強度筋トレは出来ていないし。
 世の中には、色んな事情の人がいるから。医者の都合だけを、押しつけられる訳ではない。現在の医学的常識だからといって、全ての人が、その通り出来る訳ではない。
 そういう事に、対する想像力を持って欲しいなあ、と思うのは、普通の事だと思う。

にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みんな一つの | トップ | 怒られるという幸福 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL