畑とともに過ごす日々

~有機農家の暮らし~

いろいろ起こる今年の夏

2013-08-21 16:05:05 | 

ずいぶんご無沙汰してしまいました。

多忙な農繁期の毎日を、なんとか過ごしておりました。

今年のしげファームの夏野菜は、比較的良く育ってくれました。
でも、ここ千葉市では、かなりの猛暑と雨不足が続き、そろそろ夏野菜の収量が落ちてきてしまいました。
端境期も近そうです。

関東の他の地域は雨が降っているようですが、何故かこの近辺は雨雲が留まらず。
水害に遭われた地域の方には申し訳ないような話です。
でも、雨の多い地域は極端に多く、少ない地域は極端に少ない。
このような傾向は、やはり近年の温暖化(気候変動)が少なからず影響しているのでしょうか・・・。

さて、毎年何かしらハプニングのある農繁期。
今年は「ブルーベリーの不作」という出来事がありました。
例年は6月~7月半ばまでがブルーベリーの収穫期ですが、今年は6月いっぱいで早々に終わってしまったのです。
おそらく、春先の花の頃に寒波があり、受粉がうまくいかなかったのではないかと思われます。

これはうちの畑にとって、かなりの大打撃となりました。
ずいぶんとご注文のお断りをし、がっくり肩を落としてしまった私・・・。
逆にお客さんに慰められました。
「いろいろあって大変よね、人生とおんなじよ」
「また来年楽しみにしてます」

ブルーベリーの不作という出来事がうちの畑にとって今年最大の話題
かなと思いきや、7月の終わりに夫が畑でマムシに指を噛まれて入院するという事件が起こりました。
4日間の入院中、収穫と出荷、配達などを一人でこなしたのは、結構大変でした。

しかも、マムシ事件の数日前に、道端で車にひかれそうだった子猫の赤ちゃんを保護していたのですが、夫が入院した翌日に、猫ちゃんが衰弱して死にそうになるという事態に。
畑、子猫のこと、夫はどうなるんだ・・・そんなことで、あっぷあっぷの状態でした。しかも暑い・・・。

そんな中、畑を手伝ってくださった方達には本当に助けていただき、しみじみありがたいと感じました。

現在は、夫の指もだいぶ回復し(まだ関節がちゃんと動きませんが)、猫ちゃんは元気になって新しい里親さん宅に引き取られました。別れは悲しかったけど、うちだとせわしなくって子猫は可愛そう。新しい家族のもとで、幸せになってね。

その後も、保冷庫のエアコンが作動しなくなる等々、なんだってこんなにハプニング続きなんだと思うのですが、
「大変話」はこのへんまでにしまして・・・

今年の夏はトマトジュースを楽しんでます。
畑ではこんな虫食いのトマトや、割れて傷みかけたトマトがたくさんでます。


それを少し煮詰めて、ザルでこします。

朝、昼、風呂上り、寝る前、美味しい。
ビールで割ると、レッドアイ。

でも、涼しくなると、不思議と飲みたくなくなるんだろうな。

「端境期近し」とは言え、まだあと少し出荷は続きます。
そして暑さももうしばらく続きそうですね。
もうひとふんばりしなければ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加