畑とともに過ごす日々

~有機農家の暮らし~

畑の小麦で

2011-10-28 23:39:12 | 

夏から秋の移行期にお休みさせていただいていた野菜の出荷を、ようやく開始しております。
今は菜っ葉やレタスが美味しい時期。根菜は出始めといった感じですが、あと1ヶ月もすれば、だんだんと人参や大根、里芋などが存在感を増してきてくれると思います。
しげファームの秋冬野菜を、多くの方に楽しんでいただけるといいなと、願っております。

さて、今日は小麦の話です。
今年、うちの畑で採れた小麦を、初めて粉にすることができました。
実は昨年初めて栽培し、収穫もしていたのですが、その後虫に食われるという悲惨な目に遭い、食べるところまでいかなかったのです。
その失敗から今年のリベンジまでの様子は、夫が「アースデイマーケットちば」のスタッフブログで書いていますので、ここでは割愛します。よかったら読んでみて下さいね。

製粉具合は機械のふるいの性能のため、全粒粉と精白した小麦の中間くらい。
早速パンにして食べています。
作るのは、もともと愛用していたブレッドメーカーに頼っております。ちなみに、白神こだま酵母を使っています。
しかし・・・今のところ、今いちふくらみません。
「あおば」という品種で、粉の旨みは感じるのですが・・・。まだまだ研究の余地ありです。
やはり、グルテンの強い小麦にするには、もっと寒い地域のほうが適しているのでしょうか?

でも、ならばふくらまなくてもいいクッキーを焼いてみよう、ということで、作ってみました。
こちらは生姜風味のクッキー。

材料は、小麦粉、三州生姜のすりおろし、てんさい糖、なたね油、塩少々。
クッキーはまったく問題なしで、粉の味もよかったなと一安心。
畑で採れた小麦で作れるなんて、やはり感激です。
これからいろいろお菓子づくりに使ってみたいと思っています。

ところで、小麦を栽培している時は、「余裕があったら販売もできるかな?」なんて思っていましたが、実際はとんでもなく大変だと実感しました。
小麦は収穫してからが大変なのです。
まず、収穫したあと乾燥させなければならないのに、その頃はまさに梅雨の時期。
そして乾燥がうまくいったとしても、虫がどんどん寄ってきてしまいます。
大型冷蔵庫など貯蔵設備が整っているのが理想です(うちにはありません・・)。

ふと、昔の人はどんなだったのだろう、と思いを馳せてしまいます。
収穫も脱穀もすべて手作業、石臼で挽き、ふるいにかけ、貯蔵も大変だったろうと思います。

輸入小麦はポストハーベスト(収穫後の殺虫剤散布)されています。
小麦の特性(湿気を呼び、虫も寄ってくる)を考えると、品質を保持したまま海外から安く大量に流通させるには、そりゃあ散布もするだろう、と思ってしまいます。
小麦に限らず、農産物は繊細なもの。それをどかっと作って、どっと流通させるとなると、化学物質が大量に使用されることは、想像に難くありません。
小麦を作り、妙にそんなことが実感できたのでした。

最後に、製粉は成田のおかげさま農場の高柳さんに全面的にお世話になりました。本当に感謝しております。どうもありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牛蒡おめみえ

2011-10-24 19:44:05 | 台所しごと

久々に本日の晩御飯を載せようと思います。

こちらは、
大豆、じゃが芋、玉ねぎのお焼きと、
牛蒡とべか菜のチャプチェ。

お焼き・・・って言っていいのか?
茹でたじゃが芋と、圧力鍋で炊いた大豆を熱いうちにつぶし、みじん切りした玉ねぎと混ぜ、薄力粉、塩、胡椒を加えて、丸めて焼いたものです。
つぶして丸めて焼いちゃえ・・・といのは、よくやります。豆腐を使ったり、豆類やイモ類、かぼちゃなどで。

そしてチャプチェは、私の大好きな牛蒡主体に、長ねぎ、べか菜、春雨を加えて作りました。人参なんかを入れると色合いがキレイでしょうが、まだ無いので仕方ないです。
このチャプチェは、「アースデイマーケット千葉」の実行委員で、マクロビオティックの料理教室も主宰されているIさんのレシピを参考にしました。野菜を炒めた後に、春雨(もどしていない状態)を水と一緒に直接フライパンに投入して味付けするだけ。簡単で美味しい彼女のレシピは、マーケットで配布しています。いらした方はぜひご参考にしてみてくださいね。

ところで、牛蒡は先週から掘り始めました。
これから数ヶ月のお付き合い。嬉しいです。
春の種まきの時、今までは二粒ずつ播いて、間引きをしていたのですが、今年は間引きをしませんでした。そしたら、比較的ほどよい太さで又根が少ない印象。例年の、宇宙人やタコ星人のうようなものが少なく、掘りやすい!まあ、まだ牛蒡畑のほんの一部しか掘っていませんので、今後どうなるかわかりませんが・・・。

続きまして、蕪と水菜のサラダと、
むかごご飯。

サラダは、生姜やクミン、コリアンダーパウダーなど加えた、ちょっとスパイシーな味わいに。
むかごは、野菜をいつも買ってくださるIさんご夫妻からのおすそ分けでした(ありがとうございました!)。

おまけですが、
こちらは竜眼(ろんがん)ワイン。

長野県善光寺平で広く栽培されている、竜眼という葡萄品種で作られています。
生活クラブ生協で購入しています。普段飲むには手頃です。味もさることながら、リユースピンなのが好きです。
余談ですが、ビールは酒屋さんで瓶ビールを購入しています。缶はリサイクルできるけれど、Rびんのほうが、環境負荷の点から優れていて、そして味も美味しいです。

こんなふうにブログに料理を載せてる私ですが、実は、料理の苦手意識は結構あります。これまで料理を誰かから直接教わったことがろくにないんです。それに、日本の食卓は、和風、洋風、中華にエスニック・・・素材もレシピもなんでもありすぎるので、私には太刀打ちできそうにありません。私は野菜料理でいこうと思ってます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にんにく植え付け

2011-10-18 22:56:46 | 

先日、にんにくを植えました。

まずは、ひたすら種用にんにくの鱗片を分けていきます。
この日は傍らにヴィーノ。
久々に畑に番犬として出勤しました(寝てますが)。

今年の種は、自家種と購入したのが半々くらい。全部自家種で作るのが理想なのですが、うまくいかなかった時のことを考え、そのようにしました。

このように、分けたにんにくの鱗片を植え穴に置き、土をかぶせていきます。


冬を越し、来年5月下旬頃の収穫を目指します。
順調に育つといいのですが。
にんにくは収穫目前になって急に弱ってしまうことがあるので、収穫するまで安心できません。

ところで、マーケットでにんにくを並べると、必ず何人かのお客さんから、「このにんににく、どこ産?」と聞かれます。
「ここに並べた野菜は全部、千葉市にあるうちの畑で無農薬で育てたもので、だからにんにくも千葉産です」というようなことを答えますが、にんにくは青森か中国で作られている、と思っている人が多いのかなと思います。
はたまた、自分で作った野菜を並べて販売している農家じゃなくて、八百屋に思われたのか?、と複雑な気持ちになります。

同じくマーケットで、「にんにくって高いわよね」と言われたことがあります。
「一粒万倍に増える作物と違って、にんにくは一片から六片くらいにしか増えません(一粒約六倍)。しかも病気にかかりやすいんです」
というふうに答えたところ、そのお客さんは納得されたご様子で、たくさん買って下さいました。

とにかく、来年も無事収穫できますように・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だんだん秋に

2011-10-11 09:05:44 | 

菜っ葉をはじめ、秋冬野菜が少しずつ大きくなってきました。
出荷再開へ、あと一歩というところです。お待たせしてしまって、本当に申し訳ありません。

気付けば、汗ダラダラの数ヶ月がいつの間にか過ぎ去りました。
さて、最近秋を感じた出来事といえば・・・。

夜、ヴィーノは自らの寝床があるにもかかわらず、人の布団の上で寝ています。

しかも、自分で布団をかけているようにも見える(?)。涼しくなった証拠ですね。

近所で拾ったどんぐりが可愛らしくて、思わず洗面所のオブジェとして飾りました。

 

他にも虫の声、飛び交うトンボ、風にそよぐススキ、やわらかい日差しなど、秋の気配を感じる今日この頃です。
そして、さつま芋を試し掘り。

栗もそうですが、さつま芋は収穫したてより、保存したほうが甘みが増します。でんぷん質が糖化するからです。
なので、まだ試食はしていません。でも、今回掘った芋は来週のアースデイマーケット千葉で販売する予定なので、その前に試食しなければ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畑に亀

2011-10-03 21:31:48 | 

今日の午後、キャベツとスティックブロッコリーの苗を定植した場所に、防虫ネットをかける作業をしていました。
畳んであった50メートルほどある長い防虫ネットを、その場所まで運んできて引っぱっていたら、普段畑では見慣れないものが・・・。

なんと、防虫ネットの下から亀が現れました。


こちらも驚きましたが、亀もびっくりしている感じ。

しかし、何故そこにいたのか不明。
防虫ネットの束の中にいたのを運んできてしまったのでしょうか?

この亀はどうしたいのか?
そこにいて大丈夫なのだろうか?
亀の生態には詳しくないため、どうしたらいいのかわからず、迷った挙句、結局畑の小屋のそばにあるハーブガーデンで放しました。

畑で亀を見たのは初めてでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加