畑とともに過ごす日々

~有機農家の暮らし~

雨の日の配達

2010-10-28 22:33:35 | 

今日は冷たい雨が一日降り続く模様。
夕方からの配達に向け、朝から雨に打たれながらの収穫となりました。寒くて、野菜を洗う指がかじかんできます。
久々に畑の釜戸に火を入れ、暖をとりました。ほっとする瞬間です。

釜戸の上にかぶせているのは、古くなった籾殻クン炭器の煙突部分。こうすると燃焼効率が良くなるようです。

午後はこの煙突をはずして鍋をのせ、焼芋を作りました。野菜セットの調整が済んだところで、焼き芋タイムです。
鍋には石を入れていたので、石焼芋です。この作り方だと、しっとり甘い仕上がりになる気がします。

それにしても、いつの間にか焼き芋の季節がきたんですね。

今日は約20件に野菜セットを届けます。夫と二手に分かれて、夕方5時過ぎに出発。

配達先では一様に「雨の中大変だったわね」との声をかけてくださいました。それから、先週の枝豆が美味しかったとの声。やはり枝豆好きの方は多いですね。私もかなり好きです。

雨の降りしきる中、いつもの酒屋に寄って、いつもの瓶ビールをケースで購入。
今日も無事野菜を配達することができたことに乾杯です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畑のカヌー池

2010-10-26 21:11:45 | 
うちの畑にはカヌーがあります。
数年前に、畑に池を作りたいと近所の方に話したところ、「もう使わないから池にして下さい」と、譲ってくださったものです。

池を作りたかった理由は、畑にカエルやトンボを増やしたかったからです。両者とも、有機農業では、虫を食べてくれる助っ人です。
カヌー池ができてから数年たち、これまでトンボが孵化したことはありました。でも、カエルの産卵はまだありません。

水がたまっている場所があると、蚊の発生につながりますので、カヌーの中には、ボウフラを食べてくれるメダカを飼っています。
メダカには普段とりたててエサは与えていませんが、特に飢えている様子はありません。

カヌー池の裏側には野菜を洗う流し台があります。ここで野菜に付いている泥や虫を洗い流していますが、シンクに水がたまり過ぎると、そこからカヌー池に水が流れて行くようにしてあります。野菜に付いていたアブラムシなどがカヌー池に流れて行き、水面にぷかぷか浮かびます。そうすると、にわかにメダカの動きが活発になります。そして、アブラムシをぱくっと食べているメダカがちらほら。
写真ではメダカの様子はちょっとわかりずらい・・・?
洗い場から見たカヌー池はこんな様子です。ちょっと写真ではメダカの姿はわかりずらいですね・・・。
いつも野菜を洗いながら、「お、食べてる」と、ふとメダカの様子を眺めてしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

非力ながら薪割り

2010-10-24 13:23:35 | 

今年の夏は本当に暑く、テレビのニュースでは毎日のように熱中症で病院に運ばれた人の人数が伝えられていました。屋外で働く者としてはとても厳しく、この暑さが永遠に続くのかと錯覚さえしてしまいました。

でも、ちゃんと秋になり、ここ何日かは千葉でもだいぶ肌寒く感じます。うちの暖房は薪ストーブなので、そろそろ薪割りして、冬に備えなければなりません。
私は農家ですが、小柄で貧弱、という残念な体格。力任せにがんがんできないので、日頃から力の入れ具合のコツみたいなものを覚えていかないと、と思っています。

こんな私も薪割りをします。木の節目や年輪の入り方などを見ながら、どう割るのがいいのか迷いつつ斧を振っています。すぱっと割れた時は気持ち良いです。でも、硬い木は難しく、丸太に何本もためらい傷を付けてしまいます。

しかし、なんてへっぴり腰・・・。斧が足の方へ飛んでこないかと恐怖心があるからこうなってしまうのか?フォームの修正をしなくては。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日発送の「一人暮らしセット」

2010-10-22 18:34:48 | 

今日発送した「一人暮らしセット」には、このような野菜をお入れしました。

右から、小松菜、ニラ、ピッコロ人参、マスタード、ルッコラ(切れ葉タイプ)、日野菜かぶ、間引き大根、枝豆(小糸在来)
手前左から、さつま芋、三洲生姜、ハーブセット(鷹の爪・ローレル・タイム)

私のオススメは、枝豆です。と言ったら、他の野菜に申し訳ないですね。

一人暮らしセットは、通常のセットより少量にして作ります。
以前、東京のマーケットに出店した時に、買いに来て下さる方の中に若い女性が結構多く、このようなセットがあるといいかなと思いつきました。「一人だとたくさんは消費できない、でも色々な種類の野菜を食べたい、しかも安全な・・・」このように思っている方が案外多いのではないかと思ったのです。
もちろん、一人暮らし限定ではないので、少人数や毎日料理できない忙しい方にも利用していただければと思います。

こうしてみると、緑色が多くなりました。今の時期は菜っ葉や間引き野菜が多くなります。人参の葉っぱなどは、やわらかくて美味しい時期です。つい2ヶ月前まではトマトやピーマンなど、ころんころんとした果菜類が多く、色鮮やかだったのを思うと、季節の移ろいを感じます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶴くびかぼちゃのタルト

2010-10-20 21:03:05 | その他

昨日の配達で、お客様のWさんから、お手製の「鶴くびかぼちゃのタルト」を、なんとホールごといただきました。

甘さ控え目のやさしい味わい、かぼちゃの存在感が楽しめる、とても美味しいタルトでした。

この鶴くびかぼちゃは、こんな形をしています。

重くて箱に納まらない曲がった形、しかも不揃いとあって、いかにも一般の流通からは排除されそうです。このかぼちゃは固定種で、知り合いの農家の方から種をわけていただきました。うちの畑では2年前から作っています。水分が多い品種で、好みは二分されると思います。ほくほくしていないので、あまり煮物向きではありません。その代わり、ポタージュや天ぷら、焼き物、お菓子にすると、甘みと味の濃さが際立ちます。
 
Wさんは種とりにも協力して下さいました。

よくお子さんを連れて、畑に来てくださいます。子育て中でお忙しい中、手作りの差し入れしていただいて、本当に感謝です。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加