MIKANの戯言

・・ぜ・ん・か・い・か・な・っ・・

人生何事も全開で走りたいものです。

2017年 GW後半戦1日目 その2

2017年05月05日 | あくび
天気予報が当たらない九州島北部沿岸地方です( ̄▽ |||)アハハ


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


椎葉へGOOOO!!!!
九州島の中でも・・・屈指の秘境(?)と呼ばれる椎葉村です。

35年以上前も前の事になります。
高校の友達3人で夏休みに出掛けたツーリングで通った事があります。
家を出て4日目、宮崎市からR219⇒R265で阿蘇を目指していました。
当時はインターネットなんかは無く・・道路の情報は地図のみ(^_^;)
地図と言っても今みたいに道路情報が記入されている「ツーリングマップ」なんて便利な代物もありませんでした。
道路地図の国道の色だけを見て・・・
国道なんだから道幅も広く整備されていると、勝手な解釈でルート選択をして走ったのですが・・
今思えば当時の九州地方の2百番台の国道なんて「国道=酷道」だったんだよね( ̄▽ |||)アハハ
峠にかかったら、延々と続く極狭未舗装の九十九折でガードレールも無くて側溝や横断溝も無くて林道みたいな道路が延々と40~50km続いてました。
GPSも無い時代なので道に迷ったのかと心配していたら真新しい国道の標識だけがポツンと立っていて安心したりと・・・
今思い返しても・・・長いバイク人生でも一番心に残っている場所です( ̄▽ |||)アハハ

そんな椎葉村に・・・
35年以上振りにヾヾ(*^▽^*)〃〃
噂(?)では当時一番の難所だった国見峠にはトンネルが開通して昔みたいな秘境じゃないと聞いてたのでそう心配せずに向かう事にしました。

R218⇒R265で椎葉村へ向かいます!!!
何の目的も無いのですが、今は引退しましたが建設会社社長をやってた嫁さんの親父(私にとっての義父)が「若い頃上椎葉ダムの建設をした」と言ってたのを思い出したので・・
一応の目的地は【上椎葉ダム】
ここで写真を撮ってLINEで親父へ報告する事に!!!!!

R265は快調なワインディングが続き・・・五ヶ瀬町から国見トンネルを抜けると椎葉村ですヾヾ(*^▽^*)〃〃
十根川沿いに標高を下げてセントラル椎葉を目指すのですが・・・
谷が狭まってくると急にセンターラインが無くなり極狭のスリリングなワインディングとなります。
対向車がきたら離合出来ないような狭さで、一気に昔の思い出が浮かんできました。
原生林の山は・・・目の前に新緑の壁を見せてくれます・・・
秘境って最高です!!!!




単車線のワインディングは約4kmほどで・・すぐにセンターラインが現れましたが十分に昔にトリップ出来ましたヾヾ(*^▽^*)〃〃




上椎葉ダムを見て




右下に見える集落(?)がセントラル椎葉です!!!
右を見ても
左を見ても
山山山山山ですヾヾ(*^▽^*)〃〃




物産館(?)で椎葉村のお土産を買って椎葉村を後にしました。


帰りはまたR265を戻りR218へ出て
R218を西へ!!!!!
熊本県宇城市松橋町を目指します(〃^∇^)

嫁さんは始めて来る場所らしいので・・・
途中に



通潤橋へ寄って!!!!





霊台橋たもとのカフェでゆっくり休憩を取って!!!!


今回の第二目的、松橋町の道の駅に着いたのは午後6時過ぎ((+_+))
道の駅は閉店準備中で・・・
もちろん目的の「赤飯」「山菜おこわ」「中華おこわ」全て売り切れていました( ̄▽ |||)アハハ
椎葉村へ回ると決めた時から判っていた事です。
が・・・これでまた松橋方面へ行ける理由が出来ました。
ヾヾ(*^▽^*)〃〃
ヾヾ(*^▽^*)〃〃
ヾヾ(*^▽^*)〃〃

ここから一気に帰路へ着くんだけど・・・
GWの九州道は確実に渋滞しているはず。
という勝手な理由で下道を選択しました(〃^∇^)




有明海越しに雲仙を照らす夕陽を見ながら・・・
R3⇒R57⇒R501⇒R389⇒R208(有明沿岸道路)

午後9時30分
無事帰宅しましたヾヾ(*^▽^*)〃〃

本日の走行距離:約520㎞
本日の燃費:約22.5㎞/リットル
※CB1100と同じくらいかなっ!?!?!?!




今回のドライブルートはGW期間中というのに車も人も余り多くなくて・・・今後のツーリングルートの参考になりました。
特に・・・椎葉村はバイクで再チャレンジしたい場所となりましたヾヾ(*^▽^*)〃〃



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年 GW後半戦1日目 その1 | トップ | 2017年 GW後半戦2日目・3日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あくび」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。