しげファームの作業日誌

千葉市で有機農業を営む山本茂晴のブログです

激しすぎる雨

2008-08-24 07:42:26 | Weblog
'08/8/20(水)
晴れのち曇り夜豪雨 南のち北よりの風 温度未計測

 田舎暮らしの本の取材が入る。9時頃Iさんが車で到着。暑いのでてきぱきと撮影、打ち合わせを済ませる。お昼まで時間があったので、八街の種屋さんまでいっしょにいく。白菜などを購入や種ニンニクを注文しておく。
 うだる暑さに3時近くまで自宅でまったり過ごす。Iさんが帰ったあと、芋の貯蔵穴の片付け、ミニ白菜のセルトレイ播種。エンドウ豆の後を片付ける。大きなアシナガバチの巣があったのか、数十匹の蜂が片付けている草の周りを飛び交い、その場所は作業中止する。
 日暮れ時あたりは遠雷につつまれる。次第にその音は大きくなり、雨がポツリと降り出す。振り出したと思ったらいきなりバケツをひっくり返したような暴風雨になる。ほんの少しだけ開いた窓から雨が流れ込む。その間15分くらいだっが恐ろしい雨だった。小屋に置いた野菜などが流れ込む雨に濡れていないか心配になり見に行く。幸い長い時間降っていなかったのでさほど道路からの水は流れ込んではいなかった。しかし畑の人参が向かいの畑から土砂が流れ込み埋まっていないか心配である。どうしてこんな激しすぎる雨ばかり降るのか、、、熱帯化を感じる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライ麦を織り込んだ日よけ

2008-08-23 06:36:00 | Weblog
'08/8/19(火)
晴れ時々曇り 南風 温度max34.8℃ min21.4℃

 配達の収穫を午前中で大体終らせる。夏野菜がの収量、品目とも少なくなってきた。来週の初めで宅配や配達は休止になりそうだ。
 午後からAさんがライ麦を織り込んだ窓の日よけを仕上げてプレゼントしてくださる。階段の小窓用。手織りの雰囲気が抜群、さすがセンスの良いAさんらしい柔らかい感じの仕上げ。珪藻土の白い壁に布を通った光が優しい。畑の素材を一部混ぜて使って機織するのが有機的ですばらしい。
 配達までの時間、美香は霜知らずキュウリの施肥を行う。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋作のほ場準備進める

2008-08-23 06:20:19 | Weblog
'08/8/18(月)
晴れ時々曇り 北よりの風 温度計不調

 暑さが少し和らぐ。というより今までが猛暑すぎるので、30度くらいは過ごしやすく感じる。Aさんが野菜の収穫と人参の草取りを手伝ってくれる。野菜の調整は美香にまかせて、更級の川沿いの畑を耕運するためトラクターで向う。秋冬野菜のほ場にするので今日のあと少し日を置いて何度か耕運しなくてはならない。秋冬野菜のの畑がおおまかに2ヶ所になる。更科は遅い方の植え付け、播種となるが収穫はどうしても分散してしまう。
 午後の休憩に畑で玄米餅を焼く。今日一日だらだら汗をかかなかったので疲労感が少ない気がする。夏もこのくらいだと作付けを含めて楽なのだが、、、。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

’08/8東京朝市

2008-08-21 08:03:37 | Weblog
'08/8/17(日)
曇りのち雨  北東の風 温度未計測約25度前後

 アースディの出発準備は前日だいたいできているので、バジルやその他のハーブを摘む。天気が悪そうなのであまり沢山バジルは用意しないことにする。いつもより早めに出発できる。一時間かからないで到着して、竹テントを立てる。何回やっても最初の組み立てがうまく出来ない。余裕を持って野菜を並べる。
 涼しい。というより少し寒い。上着を持ってきていないの が悔やまれる。お客さんは心配するまでもなく、お昼前後に集中して来てくださる。トマトやニンニクは早い時間で売り切れる。野菜が少なくなった頃、細かい雨が降り出す。風に乗ってテントの中に入り、体が濡れる。閉店時間までが長かった。マーケットでワインを買って帰る
 帰りの車は暖房をつけて走るくらい体が冷えた。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

マーケットの準備

2008-08-20 07:53:39 | Weblog
'08/8/16(土)
晴れのち曇り午後夕立 南風 温度未計測

 明日のマーケットの野菜を準備する。基本的にマーケットは余裕のある品目をもっていく。今回はトマトが中心となる。午前中はひたすらトマトの収穫。暑さにうだって続けられなくなり昼ごはんにいったん帰宅。
 午後、帰省している美香のお姉さんと甥と姪が、野菜の袋詰めをてつだってくれる。手が多いととにかく早い。やっている頃雨が降り出す。しばらくすると土砂降りになる。もう少しお手柔らかに降ってもらえないのかと思うくらい激しい雨脚。また人参の畑が雨で叩かれ発芽が悪くなりそうだ。
 美香は配達に出る。今日は余裕をもって明日の準備が出来た。持って行くものを殆ど準備して、車に積むだけにしたのは今回が初めてかもしれない。明日朝はバタバタしなくてすみそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スイカの種

2008-08-20 06:50:13 | Weblog
'08/8/15(金)
晴れ 南風 温度計不調

 お盆ではあるが野菜の配達を行う。例年9月に入ると端境期になり、宅配も休みになる。野菜があるうちは販売しなくてはならない。
 暑い中野菜の調整を続ける。今回はカットしたスイカも入れる。畑でスイカを食べる時、種をそこらじゅうにペッペッと吐き捨てる。この種は掃除しなくても鳩がやってきて食べ、きれいにしてくれる。足元まで近づいてきて人を恐れる様子は無い。畑の豆は食わないでほしい、、、。
 毎年お盆は休むことは無いので配達先のお客さんから「お休み無いの?」と聞かれる事が無くなってしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

援農と花火

2008-08-18 20:41:41 | Weblog
'08/8/14(木)
晴れ 南風 温度未計測

 午前中は宅配の準備、Aさんは九条ネギの草取りを終らせるとの意気込み。九条ネギの畑は雑草から徐々にその全貌を現しつつある。
 食後は、美香の元職場の仲間が仕事のお手伝いにきてくれる。総勢子供も入れて10名。茄子の誘引をしてもらうため、集合する前にカイカー線を張ったりと準備をする。皆さん揃ったところで誘引をしてもらう。終った後は茄子の枝はは上を向き、通路も歩きやすくなる。これでなすの成りもよくなると思うも
 作業後は小屋の前で作った、フライドポテト、茄子焼き、持ち寄ってくれた自家酵母のパンやベーコンなどで休憩する。そのまま今夜行われる下田花火大会会場へと皆で移動する。会場といっても歩いて10分くらいの田んぼの中。皆でゾロゾロ歩いて行く。農道の入り口にシートを広げ打ち上げを待つ。小規模ながら近くで上がる臨場感と、飽きない程よい時間。田舎の花火を楽しみ帰路に着く。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

お手伝い

2008-08-15 22:10:32 | Weblog
'08/8/13(水)
晴れ 南風 温度未計測

 昨日から美香のお姉さんと姪が母宅に帰省している。二人が作業を手伝ってくれる。まずはセルトレイに種播き。キャベツ、スティックブロッコリー、ミニレタス、ミニ白菜。白菜は野崎123という品種だが2年前のもの、発芽するかためしに播いてみる。その間ネギ移植の準備をする。雨があったので土は移植にちょうど良い湿り具合。種まきの後はネギの移植をする。暑い中お姉さんと姪っ子にはがんばって植えてもらいずいぶん早く終ることが出来た。姪のNちゃんは我慢強く良く働いてくれる。下仁田ネギと赤ひげネギが今年は期待できそう。
 午後は千葉県の農政課の方が来訪。有機農業の聞き取り調査のための予定を確認に来る。行政も有機農業を農業として認めなければならないのだ。
 夕方薪集めの準備をする。薪を頂いている所は草が生い茂り、木の上にはツタ類が生い茂り、ヘクソカズラが臭い匂いを漂わせる。とりあえず通路を確保するため草刈をして、積んである木の上の草を取り除く。少しだけチェーンソーで切り出す。これから暇を見つけては少しづつ小屋に運ぶことになる。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虹の祝福

2008-08-13 21:19:43 | Weblog
'08/8/12(火)
晴れのち夕立 南風 温度未計測

 気温が上がる前に茄子やピーマンの収穫を済ませる。いったん自宅に戻り朝ご飯。この頃は頂き物や、自家製ブルーベリーなどジャムの種類が豊富。作ろうと思えば北海道から送られてきた生のハスカップやら、ブラックベリーなどもある。
 昼頃から北の空が暗くなってきた。まるで水に墨を溶かしたようにぐるぐるとあやしい雲が近づいてくる。午後から来てくれているAさんが草取りを始めると、バラバラと降り出す。すぐ止むかと思いきや30分くらい土砂降りとなる。この雨でかなり土は湿った、が播いた人参の土が固くなり発芽不良になるかもしれない。恵みの雨ではあるが心配である。
 雨が上がり、配達の準備のため自宅に戻った美香から、「虹が出てる」との℡がある。Aさんと走って畑の通路に出る。見事な虹が東の空にかかっていた。しげファームを始めて畑から大きな虹を見たのは初めてかもしれない。乾いた畑が潤ったことを祝福してくれているかのようだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋キュウリ鉢上げ

2008-08-13 20:51:12 | Weblog
'08/8/11(月)
晴れ 南風 温度max35.2℃ min21.7℃

 朝から宅配の準備をする。Aさんが生姜の草取りの続きをしてくれる。 午後は、やさい暮らしのIさんが受ける雑誌の取材に、場所を提供することになっている。総勢4名が1時半頃到着。少し私も撮影に加わることになる。私の取材ではないので気が楽である。
 取材が終ったあとはキュウリの鉢上げとズッキーニの播種をする。このズッキーニは霜が下りるまで間、育苗ハウスの中での栽培を予定している。キュウリは地這いでもネット栽培でもどちらでもできる品種。霜には強いらしい。今畑はウリハムシが沢山発生している。小さい苗のまま定植すると数日後には形がなくなっているだろう。育苗ハウスで養生しながら育てて、虫が少なくなった頃定植したい。
 種の在庫をもう一度紙に書き出し確認する。お盆明け早々に足りないものを発注しようと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加