しげファームの作業日誌

千葉市で有機農業を営む山本茂晴のブログです

先日大豆の脱穀、レタス採り切る

2017-12-13 07:46:40 | Weblog

'17/12/12(火)

晴れ 西よりの風


日曜日にSさんと3人で大豆の脱穀をした。



過去2年間収量不足で需要に対応できていなかったが
今年は大丈夫そうだ。



マスクをしていてもかなりのホコリを吸っているようで
翌日はなんとなく調子が悪かった。

昨日から他の農家さんに研修中のYさんが
交流研修という名目で1週間作業に来ている。

配達準備が終わったあと

大豆を唐箕にかける。
下に落ちたのを集めたゴミの多いものは後日。

前夜の風でレタスの不織布などがすべてはがれ飛んでしまった。
明日からは寒波が強くなり、レタスは傷む。
再び保温のためトンネル直しをするまでも無い量しか残っていないので
残りはすべて収穫してしまう。

エンダイブだけはこれからの収穫なので
ダンポールで不織布のトンネルをつくる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

干し柿甘し

2017-12-09 06:40:15 | Weblog
'17/12/8(金)

曇り夜雨 北よりの風

夜明け後に曇りだし気温が低いまま上がらない。

かなりの冷え込み。





前日収穫した野菜を調整後、
霜が融けた頃合を見て明日と今日必要な野菜を収穫。

相変わらす野菜セットを組むのに
品目収量は厳しい状況が続く。

配達先のお客さんから頂いた柿で
干し柿を作る。
毎年カビが生えて失敗が続いていた、、、。

今年は秋の育苗小ハウスに吊るす。
焼酎をスプレーした。
風通しも良く、夜露にあたらないので
綺麗に干せてきた。

中はまだとろとろの半生。
柿はこんなに甘いのか!
というくらい甘みが凝縮している。



作業小屋の柿が沢山なったら作ってみたい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハウス葉物に葉ダニ発生

2017-12-06 07:38:07 | Weblog
'17/12/5(火)

晴れ 南西のち北よりの風

日中南から西よりの風が吹くが意外と冷たく感じる。
気温は程ほどに上がる。

配達の収穫と調整。

昨日根菜などは収穫を済ませてある。
霜は薄っすらと降りただけなので
残りの収穫は問題なく進む。

ハウスの葉物の不織布をはがしていると
葉物の様子がちょっとおかしい。
数日前から小松菜の一部がの生育が悪いと感じていたが
まあ一部だからとあまり気にせずにいた。

蕪を抜いて葉を見てみると
びっしり葉ダニがついている。



かなり広い範囲で広がっている。
この大きさで蔓延しそうになっている。

良い生育をしていて収穫も早くできそうな勢いだったので
残念だがハウスの葉物はあきらめて鋤き込むことにする。

ラディッシュはなんとかなるかもしれないので
鋤きこまずしばらく様子を見ようと思うが、、、、。

葉ダニは去年から多くなってきた。
対策を講じなくては。


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

種里芋、さつま芋保存

2017-12-04 06:24:58 | Weblog
'17/12/3(日)

晴れ 北よりの風

種にする里芋やさつま芋の保存。

穴をほぼ研修Sさんに掘ってもらう。
一部さつま芋用に深くする。



表土が薄いところですぐに赤土が出てくる。
Sさんの話だと、黒い作土の部分が富士山の噴火で
赤土の部分が箱根の噴火のでできた地層
という話を種苗会社のオープンデーで聞いたそうだ。
こんなに溜まる降灰はどんなだったろう。

同時進行で美香が唐の芋を掘る。
小芋を選別してコンテナに入れる。

土垂は親芋ごと直接入れる。

さつま芋は3種選別後、玉ねぎ袋に。

ぼろ不織布を穴に一杯詰めてトタンで蓋をする。
寒さに応じて土を被せる。

お隣から落ち葉を頂くが、思ったより少量。
この際近くの山や調整池の道路の落ち葉を
集めることにした。

下見に3人で谷津田方面を歩く。
けっこう落ちて溜まっているので
後日集めて運ぶことにする。
落ち葉集めは震災以降久々である。

明日の収穫を少し行う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白菜縛り終える、ロマネスコ採れる

2017-12-02 06:36:11 | Weblog
'17/12/2(土)

曇り夕方から晴れ 北よりの風

体調不良が長く続いた。
ようやく体が普通に動くようになってきた。
健康が一番。
ストレスをためず
普段から不調にならないような心がけが不足していたようだ。

先月は何度か強い霜降があった。
雨が多かったので霜柱が一面すごかった。



発送の収穫と調整。

ロマネスコが採れだす。
寒さで生育が遅れることが多いのだが
今回は霜の凍結前に採れ始めた。




苗が少なかったので配達に入れられるか微妙。
今後の冷え込みで凍結が心配。
不織布を3重にかけておく。

白菜の頭を縛る作業を終える。
長いマイカー線を使い連結して結束している。
かなり時間を要する。
作業を簡素化するために大きな輪ゴムで出来ないか検討中。



ハウスの葉物は
夜間の保温のために不織布をかける。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霜降で収穫遅れる

2017-11-21 07:28:22 | Weblog
'17/11/20(月)
朝晴れ日中曇り 北よりの風

今季初の霜降があった。

昨日の夕方はさほど冷え込みが強くないと感じていたが
寒気が入ってきていたので朝は放射冷却で氷点下に下がる。



日の出後に曇りだすという
日中の気温が上がらない天気になり
霜が午前中融けず
収穫作業が大幅に遅れる。

比較的件数が少ない週なので
なんとか夕方までに発送準備を終える。

日暮れ前に晴れてきて、明日も冷え込みが予想される。
明日の配達のため
凍みが出やすい、ロメインレタスやカリフラワーなどを
暗い中ライトをつけて収穫しておく。





その後ストーブで暖を取りながら唐の芋をそうじする。

腰痛で作業はきつかった、、、。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キウイ、大豆収穫始める

2017-11-16 07:29:13 | Weblog
'17/11/15(水)
曇り 北よりの風

今週あたり寒波が来るらしい。

芋などの収穫物は急がないといけない。
昨日雨が降ったので掘り物作業はやらず
キウイを収穫始める。
春に受粉不良化と思ったが、意外と成っている。
全体的に小ぶりだ。
台風で多くの葉が落ちて、成りが良く見える。
例年この時期は葉が茂っていて成長もしている。
葉が早く落ちたので糖度がどうなっているか気になるところ。

2本分くらいを収穫。
小さい物は下に落とす。

午後Sさんくる。
大豆の収穫。

冠水後で
軽トラックが入れるか心配だったが大丈夫だった。

2度の台風で枝は倒れ方がバラバラ。
非常に刈り取りづらい、、、。
ガソリン切れであと少しのところで中断。

ハウス脇に作ったポリトンネルに運んで乾燥させる。

収穫したキウイの選別。



ヘタのゴミを取り、軟化、傷物は取り除く。
大きい物が発泡の箱に5、小が2
まだこの何倍も収穫が待っている。

落花生の殻むき。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜中の霜対策、ハウスに葉物播種

2017-11-13 07:24:16 | Weblog

'17/11/12(日)
晴れ 北よりの風

生活クラブの展示会で野菜の販売に美香が行く。
ファーマーズマーケットなどには現在出店していないので
現在唯一の出張?販売。

雨水で長く冠水していた葉物の畝が2本。
生育は芳しくないが、少し葉が伸び始めたように見える。
もしかしたら復活するかもしれないので
不織布でトンネルを施し、生育を促す。



ハウスを耕運して葉物播種。
蕪、小松菜、ルッコラ、水菜など



風が無く夕方冷え込んできた。

深夜、気温の下がり方が大きくなってきた。
起きて作業着に着替え、霜対策のため畑に行く。

カリフラワー、ブロッコリー、レタスのトンネルに不織布を被覆する。
無風なのでパッカー留めは数箇所のみ。

一時間ちょっとの間に2度気温が下がる。
このまま雲が出なければ確実に霜降するだろう。

暗闇の作業に
去年買った作業灯についてきたLEDヘッドライトが役に立った。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えんどう豆類を播種

2017-11-07 07:18:17 | Weblog
'17/11/6(月)
晴れ 北よりの風

ようやく秋らしい天気が続く。
発送の収穫と調整。

ようやく畑の水溜りは一部通路脇以外を残して見えなくなった。
まだ歩くと田んぼのように靴がぬかるところが多い。
しばらくは雨は降って欲しくない。

午後は牛蒡を収穫。

えんどう豆を播種。

マルチに株間25センチくらいに4粒蒔く。
絹さやは種発注ミスで半分の数しか蒔けなかった。

絹さや、スナップ、グリーンピース。
管理機が入れないところがあるので
畝が予定より8mほど短くなった。

鳥避けのため不織布をべたがけする。

玉ねぎの残りを定植。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玉ねぎを定植

2017-11-06 07:22:58 | Weblog
'17/11/5(日)
晴れ 北よりの風

玉ねぎを定植。

昨日夕方から夜にかけて結構激しい雨が降ったので
畑は水溜りが再び出現。

トラクターは入れないので耕運しないで
畝を立てマルチを張る。

水溜り付近はマルチも張れないので予定より
短い畝となる。
そら豆予定のところに植えられない苗を植えることにする。



管理機も車輪が沈みマルチ張りは難儀する。

定植は夕方までに終える。



エンドウ豆と残りの玉ねぎ用にマルチを張る。

大根が長引く冠水により
一部枯れるものが出始める。

今季の大根は小さい時風で千切れたり、
害虫発生などもあり
うまくいっていない。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加