しげファームの作業日誌

千葉市で有機農業を営む山本茂晴のブログです

ほうれん草、ビーツを蒔く

2017-03-23 06:49:02 | Weblog

'17/3/22(水) 
晴れ 西から北西の風

流し場の足元に
使わない風呂のふたを敷く。
水を使うとぐちゃぐちゃになっていた。

苗の移動。

ニラの残りをYさんに掘り出してもらう。
量が多いので掘りきれなかった分は
耕運することにした。
しばらく残って出てくるだろう。

ネギ畑のハコベやオオイヌノフグリなどを刈払い機で除草。

葉物播種。

晩抽のほうれん草、赤軸ほうれん草、ビーツ。
春から夏は病気が出やすいので
微生物資材と貝化石を畝に散布して耕運。



雨の後で少し土に水分が多く、
耕運後はゴロ土が目立つ。

ビーツは手蒔きする。

午後はSさんくる。

パスライトでべた掛け。

キャベツのトンネル枠や、ポリを撤去。

1作目のキュウリ、ズッキーニ予定地に施肥。
美香が耕運する。

小屋壁修繕用の重いパネコートを
屋根に上げておく。
人手があると助かる。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葉物1作目、小松菜など播種

2017-03-21 07:30:25 | Weblog

'17/3/20(月) 春分の日
晴れ 風弱い 

かすんだ空が春らしい。
気温も日陰で20度近く上がる。

ハウスの苗置き場をつくる。

購入した金網にさび止めをスプレーする。
木枠をトンネル枠のサイズで囲み、
古ポリを敷く。

竹を並べてその上に金網を置く。



定植近い白菜やレタスなどを置いてみる。



これで根がトレーやポットの下に伸びないと思う。

葉物1作目の播種。

溝底播種を試したいのだが、
播種機につける専用の装置は、持っている機種には無い。
台車につける車輪を利用して
鎮圧する道具を作る。

ビタミン菜、小松菜、パクチョイ、水菜

播種機の鎮圧跡の種が落ちている真ん中を
手製の道具でさらに深く沈める。

イメージどおりにはならなかったが
べた掛けした不織布との間に隙間はできる。
どのくらい発芽や生育に影響あるだろうか。

べた掛けを留める篠竹を切っていたら
先端が杉の枝にあたる。
葉が揺れて黄色い煙のような花粉があたりに広がった。

花粉症には辛い季節だ。

ネギの播種続き
九条ネギ。

メロン播種。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

培養土用堆肥が醗酵初まる

2017-03-20 07:31:12 | Weblog

'17/3/19(日) 
晴れ 北よりの風 

苗のポットやセルを浮かせておくために
用意した金網にペンキを塗る。
古い缶だがまだ固まっていないので
薄め液で柔らかくして塗ってみた。
上手く塗れない。
中断。
スプレーのさび止めを買うことにした。

人参播種続き。
スティック人参は3色、今季はピッコロ人参少しだけ復活。
ピッコロ人参は播種機で蒔く。

ダンポールで不織布のトンネル。
風対策でパッカーはすべての支柱で留める。

培養土にする堆肥は醗酵が始まって
湯気を上げている。

醗酵始まるのが早い。
VS34を入れたからだろう。
以前使っていたバイムフードより早い感じがする。

まだ積み上げ途中なので
残りを積み足す。

かなりぼろいシートをばさっとかけておく。

暗くなってからホームセンター行く。
さび止め、
パネコート1枚追加。



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スティック人参の播種始める

2017-03-19 07:33:29 | Weblog

'17/3/18(土) 
晴れ 日中南よりの風 

良い天気が続く。

Yさんが久々に奥さんと畑に来る。

美香と奥さんはハウスでネギの播種続き。

Yさんと人参のマルチ張り。

トンネル人参の除草。
一部消えていたり、何者かに食害されているところがあった。
何かと思って除草していると
ビロードコガネがマルチの下から出てきた。
これがトンネルにいるらしい。
沢山いるとまずい、、、。
数年前の大量発生が思い出される。
しばらく様子を見てみる。

午前中に張ったマルチにスティック人参を播種。
まず紫から。

作業は早めに終わりにして、
ホームセンターに。

小屋補修ようのコンパネ、
育苗用に使う金網などを購入。
パネコートは小屋を作った十数年前より、倍近い価格になっている。
随分値上がりした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キュウリ、カボチャ、ズッキーニ1作目播種

2017-03-18 06:52:42 | Weblog

'17/3/17(金) 
晴れ 日中南よりの風 

ハウスで播種作業。
キュウリ1作目
カボチャ、ズッキーニ、小玉すいか
蒔き忘れのトレヴィスとフリルレタス。

ズッキーニは4種、新たな品種も。
普通の形の黄色品種を注文忘れたので
すぐ電話発注。

カボチャは2品種、ひとつは一昨年の品種に戻す。

小玉スイカは自家採種だが
発芽率が悪かったので、
セルトレーではなく、育苗箱に沢山蒔く。

漬けウリは盛夏に採れるように遅く蒔くことした。

キャベツなどは今のところ順調に生育。



トマトや茄子なども発芽してきた。



Yさんは人参の除草。

美香は明日の播種作業の準備でトラクター耕運。

培養土積み上げの続き。

ヤマガラは随分慣れてきて

畑の中まで近付いて鳴き、餌をねだるようになった。
小屋の軒下まで手を差し出せばすぐに飛んでくる。



与えたピーナッツはすぐには食べないで
キウイの枝のくぼみなどに隠しておいて
後で食べるということも分かった。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーベリーに硫黄粉と菜種油粕

2017-03-17 07:05:33 | Weblog

'17/3/16(木) 
晴れ 日中南よりの風 

スイートコーン予定地を施肥耕運。

イネ科の草が少し生えて根が張っているので
刈払機で除草。

堆肥は全面。
醗酵鶏糞などは畝の位置を決めて施肥。
微生物資材も散布。

ブルーベリーに圧搾菜種油粕を施肥。
その後、土壌のPH調整のため
硫黄粉を株元付近に散布。



硫黄粉は微粉末なので、強い風があると
飛散する可能性がある。
レーキで撹拌してある程度土と混和させる。
株元はセイタカアワダチソウの根が多くあるので
レーキをかけにくい。

1/3ほど撹拌をやり残す。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネギ播種始める

2017-03-15 18:39:03 | Weblog

'17/3/15(水) 
小雨 北よりの風 

冷たい雨。
日中は4度くらいだから
真冬並みの寒い雨の日。

ハウスで苗ようトンネルの木枠を途中までつくる。

ネギの播種始める。

セルは128穴。
培養土はみかど有機を使用。

1本ネギから。
去年の種が少し残っていて発芽試験では芽が出たので蒔き切る。
その後は新しい品種を導入する。

雨が止まないので午前中で作業は終了とする。

トラクターの合鍵を紛失したので
作りに都賀まで行く。
しかし以前、、、10年位前になるのか、、
その店は閉店していた。

ホームセンターにいくも
当店では出来ないといわれた。
そういえば何件か回ってやっと作れる店が
閉店した鍵屋さんだった。

ホームセンターではトンネルの木枠の杭になる木材を購入する。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レタスを播種

2017-03-15 08:02:46 | Weblog
'17/3/14(火) 
曇りのち小雨 北よりの風 

4月から千葉市の制度を利用して研修予定のSさんが
2日間事前研修にくる。

Yさんと3人で培養土の積み込み続き。

雨が降ってきたので
ハウス内で播種作業に移る。

レタスの播種。

リーフレタス2種
半結球レタス1種
巻きレタス 1種
ロメイン、フリル、エンダイブ

今回はすべて72穴の大きめのセルを使用する。

苗置き用のハウス内トンネルを作る準備。

夕方ホームセンターに行き、ポットやトレーを浮かして置くための
金網などを下見に行く。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来年の培養土材料を積み込む、ニラの移植

2017-03-14 06:30:29 | Weblog
'17/3/13(月) 
曇り 風弱い 

来年の培養土を仕込み始める。

作り方は堆肥と同じ。

籾殻主体で麦わら、大豆ガラ、圧搾菜種油粕、醗酵鶏糞 etc、、、。
今年から醗酵菌としてVS34を混ぜる。



丸く積んで残りは明日以降。

ニラの移植。

かたまった根を何等分かに分けて
1箇所に3~4株離して植える。

最初に掘ったニラはバラバラに分かれているので植えず
トマトのコンパニオンプランツ用に仮植えしておく。

ブルーベリーの剪定は終わりに近づいているようだ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じゃが芋植え付け、トマト1作目播種

2017-03-13 07:48:00 | Weblog

'17/3/12(日) 
晴れ 西よりの風 

じゃが芋を植え付け。
4種。

管理機で溝をさくる。

病気抑制の効果を期待して植え溝にあかきんとVSを散布。

芽が大きく出ているレッドムーンから植える。



3人がかりで2時間ほどで終了。

昼までトマト播種。



3種。

今年は雨避け1棟分減作。
前半2棟、後半1棟分2回に分けて播種するが、
全半分がすこし3棟目にずれ込む。

午後は近所のOさんの育苗ハウスの屋根張替えを手伝いにいく。
裾の部分はこんかい張替えしないので早く終わる。

真新しいトラクターが車庫に入っていた。
排ガス規制以前の型。
私にはもう少し小さいほうが良いが、見ているとこんなトラクターが欲しくなる。

Yさんはうまくできなかったマルチ春菊の片付け。
植え穴そのままに別の野菜を植えることにする。

コールラビをハウスで播種。

薪の原木運び。
ブルーベリーの剪定。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加