しげファームの作業日誌

千葉市で有機農業を営む山本茂晴のブログです

ボカシ肥料作り

2018-01-22 17:54:06 | Weblog
'18/1/21(日)

晴れ時々曇り 北よりの風

ボカシ肥料を積み込む。

久々である。
数年ぶり、、、最後に作ったのを覚えていない。

ハウスに厚めのポリを敷く。

材料はコンパネを敷いて
その上で混ぜ合わせる。

圧搾菜種油粕
魚粉
カニガラ(カナダ産)
醗酵鶏糞
米ぬか
ゼオライト
籾殻くん炭

醗酵資材はVS34

ゼオライトとクン炭以外で約500キロ。

コンパネの上で4回に分けて混ぜ合わせる。
水分は全体の25%くらいが適当とのこと。



最初はジョウロで量りかけていたが
時間がかかる。
そこで
散水ホースの時間あたりの出る水量を量り、
タイマーを使って含ませる水の量を決めた。
少し作業が早くなる。



材料の重さの25%だとしっとりはするが
ややぱさついた感じもする。
握ると固まるが、つつくとすぐにくずれる。

あと1回戦で時間切れ、明日の収穫に入らなくてはならない。
残りは明日に行う。

不織布を何重かにかけて保温。

明日は雨から雪に変わる予報。
火曜の配達の分も収穫する。
先週配達していない隔週のお客さんだけなので
数は少ない。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

籾殻クン炭つくり

2018-01-15 08:01:34 | Weblog
'18/1/14(日)

晴れ 北よりの風

全国的に強い冬型の気候が続く。
朝は冷え込み、先日は小屋の軒下でマイナス6.6になる。

何年も作っていなかったボカシ肥料を
今年久々に仕込むため
使用する籾殻クン炭を作る。



美香はブルーベリーの剪定

風もさほど強くないのでまあまあの条件。

研修Sさんの就農地を見学に行く。
ハウスや作業小屋、水道が残っている。
設備投資が軽減する。
良い畑に決まってよかった。

オクラあと地の草と残渣を焼いて耕運する。

クン炭は昼休み後に広げ、散水して消火。

明日の収穫と準備。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年初の発送、黄色い蕪

2018-01-06 07:37:34 | Weblog

'18/1/5(金)

曇り夕方小雨 北よりの風

今年最初の発送。

12月から続く低温の影響で
野菜の生育が出荷に追いついてこない。
セットを組めるのはあと2週間位か、、、。

曇りで気温が上がらず、5度~6度で
作業小屋は底冷えがする。

南岸を通る低気圧が千葉に近ければ雪になったかもしれない。

午後はいつものように明日の収穫。

今年はぼかし発酵肥料つくりを再開してみようかと話し合う。
少しずつでも肥料を兼ねた有益な微生物群を畑に入れていかないと
土中の微生物バランスがくずれてしまうようだ。

主に飲食店向けに作った黄色い蕪。
一度畑で試食したが自宅でサラダにして食べてみる。



これは輸入種で何種類かある。
大きくなる品種を10年位前に作ったことがある。
今回は小蕪並みの大きさ。
寒さに強く、中も黄色で食感がぼそっとならなく硬め。
これは春夏には向かない、冬が美味しいと思う。
国産の品種も発売が予定されているようだ。
生育がよく揃うのだろうな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年内最後の配達

2018-01-01 09:34:05 | Weblog
'17/12/30(土)

晴れ 北よりの風

年内最後の配達。

12月は例年より気温が低いように感じる。



秋は長雨と台風で十数年ぶりに畑が池のようになり
水がなかなか引かなかった。

害虫や線虫と思われる障害も出て
厳しい作柄となった後半戦。

野菜を購入してくれる方々に支えられて
なんとか出荷を続けられた。

毎年このような極端な気象状況が
普通になってくるのかもしれない。
それをふまえた上での野菜作りをしなくてはならない
時代になっている。

最後の配達週は線虫害を逃れた赤蕪や大蕪を入れる。
長く畑においていたので大きくなっている。
大きい物は2キロを超えていた。



年末年始はしばらく何も考えず心身を休めたいと思う。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落ち葉集め

2017-12-17 07:52:52 | Weblog

'17/12/16(土)

晴れ 西よりの風

今朝は霜が降りなかったので
暖かく感じる朝。

水曜日に培養土作りのための落ち葉集めをする。
落ち葉を使うのは7年ぶりになるだろうか。

歩いて10分くらいの谷津田の方にある調整池周辺。
ちょうど落葉樹の葉が落ちきった頃で
道路の縁に溜まっている。



研修生と3人で掃き集めてトラック入れ
足で踏み、かさを減らす。



集めた落ち葉は風で飛ばないように魚網を被せておいた。

配達の調整。
収穫は前日に済ませてあるので
午前中に終える。

午後は薪割をしようかと思ったが
腰の具合がまだ本調子ではないのでやめる。

今日はちょと冷え込みが緩んだが
明日からまた寒くなりそうだ。
年末予定の葉物がなかなか育たない。



平年並みの気温がしばらく続いてくれると
たすかるのだが、、、。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先日大豆の脱穀、レタス採り切る

2017-12-13 07:46:40 | Weblog

'17/12/12(火)

晴れ 西よりの風


日曜日にSさんと3人で大豆の脱穀をした。



過去2年間収量不足で需要に対応できていなかったが
今年は大丈夫そうだ。



マスクをしていてもかなりのホコリを吸っているようで
翌日はなんとなく調子が悪かった。

昨日から他の農家さんに研修中のYさんが
交流研修という名目で1週間作業に来ている。

配達準備が終わったあと

大豆を唐箕にかける。
下に落ちたのを集めたゴミの多いものは後日。

前夜の風でレタスの不織布などがすべてはがれ飛んでしまった。
明日からは寒波が強くなり、レタスは傷む。
再び保温のためトンネル直しをするまでも無い量しか残っていないので
残りはすべて収穫してしまう。

エンダイブだけはこれからの収穫なので
ダンポールで不織布のトンネルをつくる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

干し柿甘し

2017-12-09 06:40:15 | Weblog
'17/12/8(金)

曇り夜雨 北よりの風

夜明け後に曇りだし気温が低いまま上がらない。

かなりの冷え込み。





前日収穫した野菜を調整後、
霜が融けた頃合を見て明日と今日必要な野菜を収穫。

相変わらす野菜セットを組むのに
品目収量は厳しい状況が続く。

配達先のお客さんから頂いた柿で
干し柿を作る。
毎年カビが生えて失敗が続いていた、、、。

今年は秋の育苗小ハウスに吊るす。
焼酎をスプレーした。
風通しも良く、夜露にあたらないので
綺麗に干せてきた。

中はまだとろとろの半生。
柿はこんなに甘いのか!
というくらい甘みが凝縮している。



作業小屋の柿が沢山なったら作ってみたい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハウス葉物に葉ダニ発生

2017-12-06 07:38:07 | Weblog
'17/12/5(火)

晴れ 南西のち北よりの風

日中南から西よりの風が吹くが意外と冷たく感じる。
気温は程ほどに上がる。

配達の収穫と調整。

昨日根菜などは収穫を済ませてある。
霜は薄っすらと降りただけなので
残りの収穫は問題なく進む。

ハウスの葉物の不織布をはがしていると
葉物の様子がちょっとおかしい。
数日前から小松菜の一部がの生育が悪いと感じていたが
まあ一部だからとあまり気にせずにいた。

蕪を抜いて葉を見てみると
びっしり葉ダニがついている。



かなり広い範囲で広がっている。
この大きさで蔓延しそうになっている。

良い生育をしていて収穫も早くできそうな勢いだったので
残念だがハウスの葉物はあきらめて鋤き込むことにする。

ラディッシュはなんとかなるかもしれないので
鋤きこまずしばらく様子を見ようと思うが、、、、。

葉ダニは去年から多くなってきた。
対策を講じなくては。


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

種里芋、さつま芋保存

2017-12-04 06:24:58 | Weblog
'17/12/3(日)

晴れ 北よりの風

種にする里芋やさつま芋の保存。

穴をほぼ研修Sさんに掘ってもらう。
一部さつま芋用に深くする。



表土が薄いところですぐに赤土が出てくる。
Sさんの話だと、黒い作土の部分が富士山の噴火で
赤土の部分が箱根の噴火のでできた地層
という話を種苗会社のオープンデーで聞いたそうだ。
こんなに溜まる降灰はどんなだったろう。

同時進行で美香が唐の芋を掘る。
小芋を選別してコンテナに入れる。

土垂は親芋ごと直接入れる。

さつま芋は3種選別後、玉ねぎ袋に。

ぼろ不織布を穴に一杯詰めてトタンで蓋をする。
寒さに応じて土を被せる。

お隣から落ち葉を頂くが、思ったより少量。
この際近くの山や調整池の道路の落ち葉を
集めることにした。

下見に3人で谷津田方面を歩く。
けっこう落ちて溜まっているので
後日集めて運ぶことにする。
落ち葉集めは震災以降久々である。

明日の収穫を少し行う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白菜縛り終える、ロマネスコ採れる

2017-12-02 06:36:11 | Weblog
'17/12/2(土)

曇り夕方から晴れ 北よりの風

体調不良が長く続いた。
ようやく体が普通に動くようになってきた。
健康が一番。
ストレスをためず
普段から不調にならないような心がけが不足していたようだ。

先月は何度か強い霜降があった。
雨が多かったので霜柱が一面すごかった。



発送の収穫と調整。

ロマネスコが採れだす。
寒さで生育が遅れることが多いのだが
今回は霜の凍結前に採れ始めた。




苗が少なかったので配達に入れられるか微妙。
今後の冷え込みで凍結が心配。
不織布を3重にかけておく。

白菜の頭を縛る作業を終える。
長いマイカー線を使い連結して結束している。
かなり時間を要する。
作業を簡素化するために大きな輪ゴムで出来ないか検討中。



ハウスの葉物は
夜間の保温のために不織布をかける。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加