三上俊樹日本画の絵具棚

デッサン、本画、日常活動などを掲載します
画像を再掲載することがあります



水羊羹と本

2017-06-15 | Diary
渋谷富谷に住む同級生の友人から夏になるときまって水羊羹が送られてくる。

京和菓子店「岬屋」の店主であり職人でただ一人黙々と仕事をしている。

鎌倉円覚寺御用達で茶席の上品な和菓子を多く手掛けている。



本が同封。彼が上梓した和菓子の本でレシピとともに多くの和菓子を紹介してあり・・楽しんで読ませてもらった。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 昨日終了 | トップ | 井の頭文化園 »
最近の画像もっと見る