美加レディースクリニック いちご通信

クリニック情報を発信していきます。

反復着床障害、原因不明不妊、原因不明不育症 と「慢性子宮内膜炎」

2017-12-07 14:52:27 | 教えて美加ドクター 院長ブログ

こんにちは。院長の金谷美加です。

最近、「慢性子宮内膜炎」 という病態が、不妊症や不育症の原因として、注目されています。

11月に行われた、下関での生殖医学会でも、このテーマに関する発表が多数みられました。

治療することにより、妊娠率の改善がみられるということで、今後、必要な方に、検査を行っていきたいと思います。

<慢性子宮内膜炎とは>

 一般的に言われる子宮内膜炎と違い、「慢性子宮内膜炎」は、自覚症状がありません。

 微生物、(連鎖球菌、大腸菌、腸球菌などのコモン・バクテリア群や、マイコプラズマ、ウレアプラズマなどの微生物)の感染による内膜の炎症の可能性。

 子宮内膜へのこれらの微生物の感染が、着床に適した子宮内膜の分化(脱落膜化)を阻害してしまい、

 反復着床障害、原因不明不妊、原因不明不育症などの原因になっているのではないかと、言われています。

 ちょっと難しい話ですが、詳しく説明すると、微生物の感染により、「内膜間質形質細胞」という特殊な免疫細胞を誘導され、免疫グロブリン産生を亢進させ、子宮内膜の着床に適した環境作りを阻害してしまい、受精卵がうまく着床できないのではないかと考えられています。

<慢性子宮内膜炎の検査法>

①子宮鏡検査(月経直後)による確認 1)マイクロポリープ(小さいポリープが多発) 2)出血班  3)浮腫

②子宮内膜組織検査(内膜組織を少し採取し、病理検査に提出し、「内膜間質形質細胞」がでているかどうかを、CD138免疫染色により確認します。

ただし、子宮鏡で、まったく所見がみられない場合もあります。

 子宮鏡検査で、できるだけ怪しい部位から組織を採取し、病理検査(cd138免疫染色)を行います。

<治療法>

ドキシサイクリン、シプロキサシン、オフロキサシン などの抗生物質 および メトロニダゾールを併用し、約2週間 投与するのが主流です。

 

まだ、わかっていないことが多い病態ですが、治療を行うことにより、有意な妊娠率の改善がみられることが報告されています。

美加レディースクリニックでも、慢性子宮内膜炎の検査、治療を行っております。

着床障害、不育症、原因不明不妊の方にとって、大きな助けになることを願っております。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月の妊娠報告 | トップ | 11月の妊娠報告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教えて美加ドクター 院長ブログ」カテゴリの最新記事