SOUMI 四季色々

茶道と料理と四季色々

アンチエイジング薬膳♪

2017-05-15 20:00:02 | 行ってきました

昨日今日と気持ちの良いお天気の日が続きますね


さて、昨日は姉家族と一緒に大阪に行って来ました


目的は~こちらを観るためでした



姪っ子が行けなくなった代わりに誘ってもらったんですが

久し振りのミュージカル!

始めはちょっと「ついていけない…」という感じだったんですが

後半からグッと楽しめまして…良かったです

 
しかし…私の本当の目的は…

その前に聘珍楼さんで『アンチエイジング薬膳』を頂く事でした




今月は“明目増視ー目の衰えを防止”というテーマのお料理でした


一皿目は「四種前菜盛り合わせ、胡瓜の菊花詰め・レバーの窯焼き・クラゲ・サバの燻製」



菊花は目の熱を取って充血、かゆみ、かすみ目を解消させる効果があります

胡瓜も清熱作用がありますので、菊花と胡瓜はめをすっきりさせる組み合わせです


二皿目は「牛スネ肉、トマト、セロリの炊き込みスープ」



ゼラチン質がたっぷりで肝機能を高める牛スネ肉をベースに、

目の酷使によって熱を持ちやすい肝をセロリ、トマト、キャベツなどの野菜の力で清熱し、

肝の働きを正常化する効果があるスープです

こちらは本当に優しいお味のスープで…「すぐに作ってみたい!」と思いました


三皿目は「海老、ブロッコリー、カリフラワーの塩炒め」



ブロッコリーは肝腎を補い、ビタミンAが豊富に含まれているので、粘膜強化の効果もあります


四皿目は「ウナギのトウチ醤蒸し」



鰻は目を司る肝をパワーアップさせ、優れた活血効果で代謝活性し、視力減退を防ぎます

また、ビタミンAとEを豊富に含み、粘膜を強化して網膜で光や色を感じる物質の生成を促進します


五皿目は「干し貝柱、ホタテ、ほうれん草のお粥」



貝柱とホタテは肝腎の働きを高めて疲れ目や視力回復に効果があると言われています

ほうれん草は肝を強化して、澄んだ目を守る抗酸化物質のルティンを豊富に含みます


デザートは「クコの実、白キクラゲのゼリー えんどう豆のお汁粉」



クコの実は明目効果の優れた生薬として知られ、視力減退、風に当たると涙が出るなどの症状を改善します

更に、抗酸化作用が高く、目の老化を強力に防ぐことはよく知られています

えんどう豆には粘膜を強化するβカロテンが豊富に含まれています


という美味しく目にも良い素敵なお食事を頂きました


ご一緒した87歳のおばあ様と義理の兄もとっても喜んで下さいました


そして、土曜日と日曜日と2日続けてガッツリ薬膳料理を頂いたんですが

とても体調が良くなりまして

体の中から元気というかやる気が出てくる感じでした

やっぱり「医食同源」ですね


聘珍楼さんでは今月いっぱいはこのメニューを作られます

来月のテーマは“壮美軽身ーむくみを取って軽やか”だそうです


来月も頂きに行こうと思っています

素敵な方とご一緒出来るかも…と楽しみにしています

皆様も是非


では、今週来週と良いお天気が続くそうです

暑くなりそうですね…

皆様くれぐれもお気を付けてお過ごし下さいませ








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬膳料理教室~夏~心の養生... | トップ | 『薬膳料理教室~土用・梅雨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む