梟の独り言

色々考える、しかし直ぐ忘れてしまう、書き留めておくには重過ぎる、徒然に思い付きを書いて置こうとはじめる

コインランドリーで靴を洗う

2016-10-14 11:28:50 | 雑記
仕事で車に乗っていた時ラジオから「妻が子供の運動靴を洗濯機で洗い、続いてバスタオルを洗っていたので“靴を洗った洗濯機でタオルを洗うのは止めた方がいい”といったら“洗ったらきれいになるから同じでしょ“と返されたが納得できない」と言う話が流れてきて一緒に乗っていた同業者に「これはちょっと嫌だね」と話したところ彼が話したのは「今コインランドリーで子供の靴を洗う主婦がかなり多いらしいと聞いたがその後そんなことは知らないで衣類を洗っている他の人はたまったものじゃないよね」と言う、
自分も独身の頃は結構利用していたが妻は絶対に使わなかった、理由を聞くと「洗い終えたら洗濯槽を消毒するのかと思ったらそのまま次の人が使うと言う事を聞いてから使わなくなった、不衛生でしょ」と言う、ちょっと神経質かなと思っていたが彼の話を聞いたら女房のいう事に納得がいった、
コインランドリーの衛生に関しての法律はどうなっているのだろうか、定期的な立ち入り検査等はあるのだろうか、例え毎回水を流しているからとはいえ利用者によっては下着や簡単なシャツなど、作業衣等を洗うはずで中には食堂等で使用する様な衣類もありうるとすれば子供の運動靴を洗うという事は避けたいものである、基本的に我々世代はズック靴と言うものはブラシで洗うものだと思っていてまさか洗濯機に入れるとは想像がつかなかったが現代では当たり前の事なんだろうか、
全体、現在の主婦業と言うのは昔に比べて随分便利になっていると思うのだが二昔も前の生活を並べ立てても仕方がなし、しかし便不便の話ではなく「それは如何なものか」と言う様な話がよく聞かれる、テレビのバラエティ番組なんぞはどこまで信用できるかわからないが全く身近の人間でも布巾で床を拭いたのには驚かされた、確かにその直後に洗ったのだがそれは水道水を流してごしごしと数回こすって見た目に「汚れがなくなったから大丈夫ですよ」と言われた時は夫婦で「それは無いでしょう」と言ったのだが我が家は食器を拭く布巾とテーブルを拭く布巾は分けて使う、まして床を拭くのは雑巾である、
最もこの方は40代後半だから「現代の」とは言えないので恐らく育った環境ではないかと思う、
私と女房の間でこう言う生活の感性と言うものに殆ど違いがなく取り立てて神経を使ったり不快になったりしたことは無いので普通の感覚かと思っていたがどうやらそうでもなさそうだ、
しかしである、私の友人達、妻の友人達といききしていた間ではそんな事は無かった気がする、確かに何人か「Iさんの家は本当にいつも綺麗にしていて、家なんかごちゃごちゃよ」と言う友人もいたが訪れてみればやはりそれなりに綺麗に片付いている、
部屋を飾る装飾品が違うのは個人の好みで我が家は何も置かないのでその辺が「綺麗に片付いている」訳でしかあるまい、それ以外は洗濯に関しても特に話したわけではないが作業着と普段着を一緒に洗う事はあるまい、昔の話だが亭主の下着は割り箸でつまんで入れるという話があったが考えてみると同じ洗濯槽で洗っているのだから靴と洗ってもそれはそれでおかしくはないか、
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政治家と白紙領収書、それは... | トップ | 鶴見総持寺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。