梟の独り言

色々考える、しかし直ぐ忘れてしまう、書き留めておくには重過ぎる、徒然に思い付きを書いて置こうとはじめる

唯一の被爆国国民は核廃絶を望む

2017-03-30 08:13:27 | 雑記
核兵器禁止条約交渉会議に日本政府は参加しないと言う、アメリカのトランプ大統領にそれこそ「忖度」をしたと言う事だろう、
在米の被爆者が「故国に裏切られた」と発言していたが裏切ったのは安倍政権自民党であり世界で唯一の被爆国である日本国民としては絶対に「核兵器廃絶」は悲願であると思う、
人道的な兵器などある訳も無いが核の恐ろしさは人間と言う生物だけでなく生態系そのものに甚大な被害をもたらすことは我が国は身をもって体現している、
兵器でなくとも核反応がもたらす危険は東日本災害で切実な問題となって今も被災地と被災者を苦しめている、風評被害は無知のもたらす別な人災だが生まれ故郷を奪われ立ち入る事すら何時になるかはっきりしない、核エネルギーは人類の手に負えるものではなかったと理解しなければならない事を福島原発事故は改めて教えている、
スリーマイル島もチェルノブイリも大変な危険性を示準したいたのだが未だ絶対的人数が少なかった、しかし同じ事故が人口密集地帯で起きればどうなるか、人口密度の低い処を選んで設置していてももともと狭い国土である、「想定外の範囲」に及んだと言うが想定自体科学者の意見を取捨選択したうえでの範囲であり、今回選択されなかった意見が正しい事を見事に証明している、
再稼働の危険性を指摘する学者が居るが又大丈夫だと言う学説をとる、今度また起きたら「想定外」だと言うつもりなのだろう、国民が言っているのはその危険性であって回答の趣旨は経済性では答えになっていない、
核兵器はこの危険な部分を最大限引き出して作られている、更に兵器の目的は殺戮と破壊である、一瞬で失う生命もさることながら他の動植物を含めての生態系に大きな負担をかけ想像できない変化をもたらす核は絶対に禁止すべき事象だろう、既に三世になっている被爆被害者もいる、核兵器廃絶会議に日本政府が参加しないなら唯一の被爆体験者、核兵器廃絶の為の生き証人である被爆者達を会議の為の証人として招待したらどうだろう、
そうすれば其処に「折り鶴」だけの席の意味が歴然とするだろう
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政治も外交も大変なのに世間... | トップ | 馬込の辛夷 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事