日々感動!

一日一日の感動を綴って行きたいと思います

「ALWAYS 続 三丁目の夕日」

2007年11月05日 13時26分19秒 | 映画・芸能・落語
3日 この日 2本目の映画です~
ちょうど お昼を挟んでいい時間にあったのでね
思い切って2本見ましたよ

さて 「三丁目の夕日」前作は見に行きませんでした
で2回放送してくれたので見ましたが。

ほんとにいい作品
子役の須賀くん、小清水くんが特に面白い~
背も随分伸びていて成長したなぁと思いましたよ
吉岡さんの演技もうまい!
タバコやペンの持ち方にも工夫されてるってね
それぞれの役者さん それぞれによかった
30年代の懐かしいセット CGで再現されてるし
時間の経つのも忘れて見入ってしまいました
笑いながら そしてホロッとさせてくれます

最後はそれぞれが夕日を眺めるシーン
ほのぼのとハッピーでした

こういう作品は続いて欲しいなと思いました
せめて昭和39年まではして欲しい~

映画が終わって午後5時前 5時からイオン泉南SCでクリスマスツリーの点灯式がありました
少年少女合唱団の可愛い歌声の後、クリスマスツリーに点灯
もう街にジングルベルが鳴り響く季節なんやね


『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『クローズZERO』 | トップ | ダンデライオン ミニライブを »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (rose)
2007-11-07 06:09:34
はじめまして♪
それぞれの役者さんたち、芸達者でお上手でしたね。
特に子供達が!
取り急ぎお礼まで



roseさん (うさぎ)
2007-11-07 13:46:57
コメントもありがとうございます
役者さんたちの演技も素晴らしかったですよね
こういう映画はいつまでもして欲しいなと思います
ほのぼの (酔歩)
2007-11-07 21:09:37
これはほのぼのとして良い映画でした。
(私も先日TVで見たくちです。)
1日で2本の映画を見るなんて考えられません。
私はここ数年まったく映画館には行っていない。
まるで映画評論家みたいですね?

ところで今度の大相撲の優勝力士は誰だと予想しますか?
酔歩さん (うさぎ)
2007-11-09 13:37:20
TVで見られたんですね それは前作ですね~
私は前作はTVで2回見ました

で今回の作品 ほのぼのとよかったですよ~
是非映画館で見てくださいよ
イオン泉南 近いじゃないですかぁ^^
難波とかよりは混んでませんし^^

まあまあ自分なりの感想を少し書いてみましたが
でもあまり詳しく書かないほうがいいと思って詳しくは書きませんが・・・

大相撲も九州場所もうすぐですね
誰だろ?優勝は
白鵬かな やっぱり?
琴光喜はどうだろうか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
初日2日間で興収5億、ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ケンピースの芸能情報)
初日2日間で興収5億、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』2年前に公開された、ALWAYS三丁目の夕日、素敵でしたよね。
「自虐の詩」と「ALWAYS 続・三丁目の夕日」見ました。 (iMac動いてる?)
今週も邦画です。 2本とも漫画が原作って事ですが、読んだことありませんね。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (Sweet* Days**)
監督:山崎貴 CAST:堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪 他 昭和34年、高度成長期が始まろうとしていた日本。完成したばかりの東京タワーの近くに住む鈴木オートの家...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (そーれりぽーと)
前作の公開時には「全然原作の“三丁目の夕日”と関係ないやん」と決め付けて劇場では観ず、後日友人宅で無理やりDVDを観せられて、なんだかんだ感動してたかも(汗) あの時観せられていなかったら、今週末は別の映画を選んでただろうななんて思いながら、『ALWAYS 続・...
続・三丁目の夕日 (4×歳・働く奥さんの場合)
前日にやっていたのを見てネットで速攻予約し主人といってきました。並ばずに席が予約できるシステムは本当に便利ですね。夫婦50割も買えるようになったのでますます利用させていただいています。初回は9時半からいつものパターンで朝食はロッテリアで(^^;2時間4...
【2007-160】ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? あれから、4ヶ月── 昭和34年 三丁目に、 新しい住人が増えました。 昭和34年、日本の空は広かった。 あなたを待ってる人が、きっといる。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」□監督・脚本 山崎 貴 □原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、須賀健太、小清水一揮、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場 チネチッタ■...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞レビュー! 「こだま」も登場! 前作を超えるVFX技術で古き良き昭和を表現 昭和34年、日本の空は広かった 東京タワーが完成し、年が明けた昭和34年??。 日本中を感動の涙でつつんだ あの三丁目の人々が帰...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Akira's VOICE)
良い話やけど,印象は大味。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (ねこのひたい~絵日記室)
茶川さんの小説は、東京~横浜間で読める程度の短編です。 (執筆完了とはいうものの、読むに値しないシロモノになっちゃって、林家三平風にどーもすいませーん)
ALWAYS 続・三丁目の夕日~ネタバレ感想! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
ALWAYS続・三丁目の夕日ですが、前作から4ヶ月後ということで茶川(吉岡秀隆)と淳之介(須賀健太)は一緒に暮らしています。鈴木オート(堤真一)の家に親戚のお嬢様が来たりもしますが、淳之介の父親(小日向文世)が再びやって来ます。(以下に続きます。ネタバ...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映...
映画:ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会 (駒吉の日記)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会(よみうりホール) 「六ちゃん、夕日が目に染みるねえ」 前作(2005)から4ヵ月後の設定です。鈴木さんちには女の子が預けられることになり、茶川はヒロミを迎えに行くため芥川賞を狙う。この2つを柱に則文(堤真一)の特攻仲間の消...
真・映画日記『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (          )
JUGEMテーマ:映画 11月6日(火)◆616日目◆ この日の終業後、有楽町マリオン11階「日劇」で『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を見た。 CGは凄いねぇ(笑)。 エピソード盛りだくさんでそこそこ。 ストーリーは前作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』から4ヶ月後の夕日町...
【劇場映画】 ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は...
今日も夕陽は綺麗・・・。  ~「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
冒頭のゴジラはやってくれたなという感じ。
★「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、前作で日本アカデミー賞を総ざらいしたものの続編。 主演??の吉岡秀隆の演技には、いささかハテナマークを付けたくなるひらりんですが・・・ 同い年の薬師丸ひろ子もいい味出してるし・・・ 堤真一のべらんめぇオヤジもさまになってるし・...