日々感動!

一日一日の感動を綴って行きたいと思います

第二十四段~蝋梅の香りに一句~

2017年02月13日 20時34分54秒 | 俳句
『蝋梅や風に吹かれて希望満つ』

自転車走行中に民家に咲いている蝋梅が見頃です
風にのって甘い香りが漂い・・・


『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第二十三段~立春に一句~ | トップ | 第二十四段~日差しのぬくも... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (酔歩)
2017-02-14 12:57:00
そろそろ梅の花の便りが聞こえてきそうな季節ですね。
来週和歌山に行くのだけれど、時間があれば南部の梅林見物でもしようかな。
梅の良い香りに包まれたくなってきました。

酔歩さん~ (うさぎ)
2017-02-21 14:22:28
南部の梅林は先週末見頃だったそう
いい香りですよね
寒いけど春を感じますね

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。