日々感動!

一日一日の感動を綴って行きたいと思います

俳句づくり第4段~お月さまを題材に~

2016年09月18日 13時38分27秒 | 俳句
十五夜と十六夜の月を見て一句


『雲の間に 十五夜光り 君思ふ』

雲が立ち込めて、隙間から見えた時は嬉しくなりますね。


『バスの旅 十六夜月に 照らされて』

日帰りバスツアーの帰り道、バスの車窓からはっきり見ることができました。
疲れを癒してくれる輝きを放ってました


ほんとの満月は17日目の月だったそうですね。その日も見ることができました。
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俳句づくり 第3段 | トップ | 俳句づくり 第五段 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事