うめちゃん日記

うめちゃんの闘病記録(覚書)です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3月29日(水をよく飲む)

2011年03月29日 | Weblog
うめちゃん日記を再開する日がくるなんて・・・。
悲しすぎます。

うめ、昨年末頃から、あまり調子はよくなかった。
体重も9.5㎏を切ってしまい、それからはあまり増えない。

ちょうど、アイムスの処方食が輸入できなくなり、
せっかく調子よくいってた食事のバランスが崩れたのが原因だと思っていた。
なので、2月に法事で獣医さんに預けたときも、
膵外分泌機能不全のことしか気にしていなくて、ウンチの検査だけを頼んでいた。
結果は、特に悪い状態ではないとのことだったので、
フードに混ぜてたヨーグルトをやめて、
回復期に使っていたカッテージチーズに戻し、
ロイカナだけのフードにi/dも混ぜ始めた。

ちょうど、フィラリアの検査の時期になったので、
4頭とも引き連れて、検査に行った。

最近、うめがかなり水を飲む量が増えてる気がしてたので、
フィラリアの採血のついでに、血液検査をお願いした。

しばらく待って、再度、診察室に入ると、
検査結果は、予期せぬものだった。

「クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)」

数値から見ると、顕著に出ている。
目の前が真っ暗になった。
人間でクッシング症候群といえば、国が難病指定してる病気だよ。

とりあえず、エコー検査で副腎を見ることにした。
ちょうど、晩ゴハンの前で、胃にガスがたまっていて、
なかなか副腎がうつらない。
一瞬とらえた画像で大きさを見ると、6㎜ちょうど。
もう一度とらえた画像でも、5.8㎜。

映りが悪いので、もう一方の副腎を映すことにする。
そっちは、肋骨にあたってかなり痛いらしい。
とってもお利口に検査をうけてたうめが、痛がって暴れ出した。
なだめて、なんとか映そうとしたが、やっぱりガスが邪魔して映らなかった。

腎臓や子宮はきれいだった。
子宮蓄膿症の可能性も考えていたが、あまり考えられない。

クッシング症候群の症状としては、多飲多尿と血液検査の結果のみ。
腹部がふくれるとか、皮膚に影響がでるとことまではまだない。
副腎の大きさも、6㎜を超えることが目安になるらしい。

とりあえずは、ヒート後2ヶ月なので、
ホルモンバランスが崩れてるだけ・・・・ということに望みを託して、
1ヶ月後に再度、血液検査とエコー検査をすることにした。
その時点で、クッシングの可能性が残っていれば、
次の段階の検査をすることに決めた。

クッシング症候群が悪化すると、骨粗鬆症にもなり、
歩くこともできなくなる可能性もある。
元気印で、運動能力バツグンのうめ。
ボール遊びに命をかけてるうめなのに、どうしよう・・・。

これからの1ヶ月、どん底にいるような気持ちで過ごすんでしょうか・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月5日(検査結果)

2010年03月05日 | Weblog
うめのバイオプシーの結果が出ました。

・・・・・・何も病変はない。

とのことです。
でも、バイオプシー以降、広がってきてるんですけど。
というか、悪化してきてるんですけど。

治療の方針:「様子を見る」って!!!
結局、トータルで1ヶ月半経ってるけど。
まだ様子見ろってか。

6万円返せ~~~~~~!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月21日(おハゲの精密検査)

2010年02月21日 | Weblog
実は、うめ、4週間ほど前から、右目の上にオハゲができています。
すぐに獣医さんに連れて行き、いろいろ検査してもらったけど、
細菌性も、真菌性も、アカラスも、アレルギーとかも、
通常考えられる検査は一通りしたものの、何も出ない。

可能性から、抗生剤飲んでみたり、塗り薬してみたり、
でも、あまり変化がない。

ほかの子に移るわけでもなく、かかりつけの先生も首をかしげるばかり。

んで、今後どうしていくかの相談に行ったときに、
タイミング良く、北摂夜間救急動物病院でやってる、
葉月会の高度診療科で、皮膚科ではとっても権威のある先生が、
たまたまこの土曜日に診察に来るので、予約がとれれば
一緒に行きましょうか・・・。
ってことになりました。

その権威の先生ってのは、とっても優しくて、動物に接するときも、
ほんとに優しく恐がらせないように丁寧に扱って下さるんだけど・・・。

最初の説明は、私がザッとして、じゃあ、検査しますので、
オーナーさんは外でお待ち下さい、と。
かかりつけ医の先生は一緒にボクが立ち会いますから・・って。

血液検査から、今までやってきた皮膚片の検査など、一通り終わって、
やっぱり、何も出ない。
そこで、私がまた診察室に呼ばれて、組織をとって病理検査(バイオプシー)を
念のためにしましょうか、ということに。
私も、わざわざ、ココまで来て、皮膚の専門の先生だし、
お任せしますってことになりました。

で、また外で待つように指示され、待っていますと、
顔から組織をとるから、痛みもあるし、麻酔をすること、
そして、その患部付近を、少し毛を刈らせて下さいと。
まあ、仕方ないので、最小限でお願いしますと言い、待ってました。

小一時間ほど待って、出てきたうめちゃん。

4針ほど縫うくらい、組織とられたそうな。
2週間後に検査結果が出るとのことで、昨日は帰ってきました。

帰ってきて、前脚に包帯が巻いてある・・・。
ん??? とってみると、




前脚、バリカンで剃られてる~~~~~。
そんな話、聞いてないぞ~。それも、血だらけやったし。

極めつけは、診察・検査代、締めて約6万円なり~。
もう、ぶっ倒れそうになりました。
2~3万円は覚悟してたんだけど、クラクラ目まいしたわ。

今日、別件で用があって、かかりつけ獣医さんに行って、
いろいろ話してたんだけど、その先生自体、
6万円にはぶっ飛んでました。
あの内容やったら、うちやったら最高2万円までやなって。
だって、初診料8400円って。
夜間病院で、初診料8400円て書いてあって、
ちゃんと夜間・深夜料金含むってなってるのに、
昼間に行っても初診料8400円なんや・・・。

それに、権威の先生以外の助手の先生方、
若手さんたちで、勉強したくて助手についてる人たちなので、
とにかく、いきがって、ええカッコしたがるらしく、
かかりつけ先生が、ショードッグですから、注意して下さいって言ったにもかかわらず、
バリバリってバリカンかけとったそうな。
うちやったら、あんなん、毛ぇ剃らんとするんやけどなぁって。

もともと、北摂夜間救急は、お高いので有名だけど、
ほんま、エライ目にあいました。
みなさんも、お気をつけて~。

うめ、オハゲが治っても、春は、ショーに復帰できそうもありません。

毛を返してくれ~~~~~~。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月11日

2009年04月11日 | Weblog
うめの体重 9.98㎏

あかねの体重 10.50㎏

ももの体重 10.10㎏

いい感じ~

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

2月25日

2009年02月25日 | Weblog
うめの体重 10.10㎏

どっひゃ~、フエテル・・・・。

一時は7.5㎏くらいにまで落ちてた体重が!
コントロールできてて、ありがたいことなんだけど、
ちょっと、ぷにぷにちゃん。

ベスト体重は9.8㎏だったんだけどなぁ。

あのチビすけで、10㎏近くあるのも驚かれたんだけどね。


ちなみに、ワクチンのための体重測定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月27日

2008年12月27日 | Weblog
うめの体重 9.56㎏

あかねの体重 10.60㎏

ももの体重 10.40㎏

フィラリアのお薬のためだよ~ん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月25日

2008年11月26日 | Weblog
うめの体重 9.58㎏

あかねの体重 10.45㎏

ももの体重 10,05㎏

うめちゃん、もうちょっとガンバレ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月16日

2008年11月16日 | Weblog
うめの体重 9.50㎏

あかねの体重 10.50㎏

ももの体重 10.20㎏

良い感じ~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月26日

2008年10月26日 | Weblog
うめの体重 9.40㎏

よっしゃ~

あかねの体重 10.50㎏

ももの体重 10.25㎏
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月23日

2008年10月23日 | Weblog
うめの体重 9.14㎏

あかねの体重 10.20㎏

ももの体重 10.30㎏
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加