憲法九条2項

護憲の立場から発言する。特に九条2項の交戦権否認を守る仲間を拡大する。

不景気に増税反対 そうだよ 景気回復;国民期待の最優先課題である

2012-04-28 17:19:37 | Weblog
●野田佳彦首相
 連合のメーデー中央大会での挨拶で
 (消費税と社会保障の一体改革について)

 「政治家自らの身を切る改革と合わせて、
  与野党の壁を乗り越え、何としても実現させる」

「今の日本の危機を乗り越え、
子どもたちの未来を確保し、
国力と民力をよみがえらせるための第一歩だ」

※“消費税は上げない”と公約した
  政党の代表としては許せない挨拶である
  (自民党谷垣氏だったら許せるかも・・)

●野田政権は
 消費税と社会保障の一体改革法案を提出しているが
 社会保障政策は全く見えてこない
※最低でも
 “社会保障の改革方針”の具体策を開示する
 その上で
 これを実行するには財源が必要だ
 “歳出を見直した”が、これだけ不足する
 国家財政は破綻寸前(1000兆円借金=赤字国債)
 これ以上の国債依存は危険度が高すぎる
 消費税以外に財源は見出せない
 消費税増税を国民の皆さんにお願いする
※これが消費税増税への道筋と思うが
 野田内閣の消費税増税は
 “歳出見直し不完全”
 “社会保障政策未開示”
 単に増税のみを強調するだけである

●低所得階層(年収200万円未満?)
 “給与減額・ボ-ナスがない
 “雇用もいつ失うか分らない
 “住宅ロ-ンに子どもの教育費
 と、不安だらけの生活を送る
 「国家財政安定より、我が家の生活優先だ」
 消費税増税が受け入れられるわけがない

●政治家小澤一郎
 政治資金疑惑
 未だ国民の理解を得られない
 が、
 “経済の悪い時の増税は有り得ない”
 と消費税増税に反対する

※個人的には
 政治とお金問題を切り離して
 当面の政治課題解決に
 小澤一郎の復権を期待している

≪長期政権は憲法問題があり賛成できないが・・・≫


  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブンガブンガ???イタリア... | トップ | 元気の出せる明るいニュ-ス... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ぼーっとしているときが幸せ (ポジティブありぺえちゃん部屋)
もうただひたすらゴロゴロだらだらぼけ~~~っ