憲法九条2項

護憲の立場から発言する。特に九条2項の交戦権否認を守る仲間を拡大する。

北ミサイルが撃ち込まれたらどうする 政府が回答した!

2017-04-25 17:01:12 | Weblog
「北のミサイルが飛んで来たら
『頑丈な建物や地下街に』非難してください」

>地方の中小都市や農山村にはない施設だ
 呼びかけたのは、大都会在住者に・・である

>呼びかけ事態がバカげている
 その程度でミサイルから逃避できるわけがない!
 子供だって(幼児)知っている

 「ミサイルが撃ち込まれるのか・・」
 呼びかけは、国民の不安を煽るだけではないだろうか!

>トランプに媚びるからこうなる
 北との危機回避は
 ”日本独自の道を求める ”
 安倍政権の責任である。

<広島原爆投下時(1945年8月6日)
 「防空頭巾を付けて避難」
 今もって政府の考えは進歩していない。>

ミサイルは数分でやって来る
逃げる時間などあろうはずがない
打ち込まらない!打ち込ませない!

ミサイル打ち込みなどあり得ない!

国民は本気に思っている

ミサイル打ち込み逃げるなど

国民を不安煽るだけである


>1/25日朝刊報道に接して

 浅知恵のミサイル非難指示

 滑稽過ぎる!

 無能な政治指導者に呆れる。


4/25日 pm5:05  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北のミサイル攻撃 日本国防衛... | トップ | 憲法週間 憲法を考える ”孫... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL