憲法九条2項

護憲の立場から発言する。特に九条2項の交戦権否認を守る仲間を拡大する。

北のミサイル攻撃 日本国防衛は可能か 石破茂氏もムリを認める?

2017-04-23 15:14:26 | Weblog

”海上自衛隊 米海軍原子力空母
 西太平洋に於いて共同訓練開始 ”
 (時事通信)

>北が反発するのは当然だ

 ”軍事力による威嚇は
  日本国憲法の禁じるところである。
 ”安倍政権は
  アメリカに便利に利用されている。


TVに出演した石破茂氏(安倍後継を狙う)

北のミサイル攻撃
迎撃可能だと強調した

だが、

同席の軍事専門家は(氏名忘却)
北の新型ミサイル
理路整然と北の新型ミサイルの迎撃は不可能だと述べた。

素人にもよう分かる説明だった!
不満の石破氏 反論できなかった。



日米共同訓練
北を必要以上に刺激する

一発撃ち込まれたら
日本は壊滅する<迎撃不可能>

武力による国際紛争解決は禁止される日本だ

トランプに日本憲法平和理念 分かるまで説明する
安倍総理には責任がある。



平和的話し合い努力に努める

日本国民の生命財産を守る唯一の道である

---------------------

北を挑発する 軍事力誇示 共同訓練 即中止

国民が声を上げよう

4/23日 日曜日に考える pm4:20


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民が望む国会議論は・・ ... | トップ | 北ミサイルが撃ち込まれたら... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL