憲法九条2項

護憲の立場から発言する。特に九条2項の交戦権否認を守る仲間を拡大する。

悲しすぎるニュ-ス ”死んではダメよ”

2016-10-19 17:56:23 | Weblog
●すべて国民は勤労の権利を有し、義務を負う。

>憲法27条第1項にある。

-----------------

「仕事も人生もとてもつらい。
 今までありがとう・・・。」

 昨年クリスマスの早朝 
 東京で1人暮らしの高松まつりさんから
 実家の母親にメ-ルが届いた。

 あわてて電話し『死んではダメよ」と
 話しかけると「うんうん」と力ない返事があった。

 数時間後、まつりさんは命を絶った。

 「電通新入社員『体も心もズタズタ』 yahoo メ-ルより 」

---------------------

電通と言えば超一流企業だ

得意満面 入社したに違いない

その彼女が

何故視察に追い込まラたのか・・・・

---------------------

新入社員 過労死 事件

数日前にも報道された

またか!

電通って 過労死多発企業なのか

超過労働禁止等決まりはある

だが、全く守られない企業だと指摘される

恐ろしき超一流企業だなぁ・・・

日本の超一流企業には

サ-ビス残業等酷い実態があるようだ

マスコミは実態を取り上げ

政治に働きかけるべきだ!

-------------------------

人はなぜ働く?

「生き甲斐だ」と言う

回答がトップである

それなのに

なぜ?過労死に追い込まれてしまうのか

「賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は
 法律でこれを定める。」

憲法27条2項の規定だ 

法律が抜け穴だらけであるのだろう

だから、超一流 電通が生き残れるのだ

政治の貧困であるう

------------

オリンピック開催

より優先されるべき課題である

過労死の無い国づくり

即取り組め!

悲しいニュ-スに

悲しくて悲しくて ・・・・・

10/19 pm 6:38

------------------





---------------------
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地方の反乱・民意が中央政治... | トップ | 連日過労死報道 知人も危険... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL