クローン母ブログはじめました!

15歳でクローン病に出会ってしまった娘の母のブログ

診察

2016-10-08 22:10:04 | 日記
娘が大学生になって無事に秋を迎えた。
新しい主治医は小腸クローン病で有名な先生らしい。新しい患者は受けないらしいが前の主治医が指名で書いていた紹介状のおかげで特別にみてもらえるようになったと言っていた。
最初に「患者さんのお手本になりなさい」と色々言われたと言っていた。まず、飲酒を控える事、食べない治療をやってみる事。大腸検査の時は麻酔を使わない等。
今の娘の生活をみるとお手本とはほど遠い生活のようで、たまに学食で先生をみかけるが近寄りがたいと話していた。後ろめたさがあるからだ。
診察日も抜けることが出来ない授業と重なりドタキャンした事もあったがキャンセルすると次の予約が中々とれないと嘆いていた、これからも授業と診察と天秤にかけないといけないのかと思うだけで泣きたくなると電話口で涙声で言っていた。
薬がなくなりそうなので仕方なく別の日にとりに行ったとも話していたが、体調が良いからそう思うのだ、診察を優先しなさい、体調が悪くなれば授業どころではなくなると言いたい気持ちをぐっとガマン。
娘にまかせるしかない、娘の身体だ。
私自身、来月の大腸検査には同席しようと思っている(まだ娘や主人には内緒ですが〜)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 息子 | トップ | 病気の事 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。