自然農あさゆふ通信

谷沿いの小さな集落に移り住んで、7年。
山と川に囲まれた田畑の様子、農のある暮らしを綴ります。

川口由一さんの稲刈り 2016年11月20日

2017年03月28日 | 川口由一さんの田畑

2017年11月20日

奈良県桜井市の川口由一さんの田んぼへ、

稲刈りのお手伝いに行ってまいりました。

 

早生種のお米(赤米・黒米・タイの香り米)は、

すでに稲刈りが済んで、はざ掛けしてありました。

 

小麦の苗も、綺麗に定植されていました。

小麦の移植は、今年が初めての挑戦だそうです。

 

たわわに実ったお米!!

今日は、うるち米の

トヨサト、アケボノ、トウカイアサヒを刈ります。

 

 

・・・見事ですね!

 

まずは、川口さんが、

刈り方のお手本を見せてくださいました。

 

動きが軽やかで、とても手際が良いです!

 

続いて、私たちも並んで、

1人3列ずつ刈っていきました。

 

豊かに十全に美しく育っているので、

やはり刈る時にも、心がはずみます。

 

慣れている人たちばかりで一斉に刈りましたので、

どんどん進み・・・

 

あっという間に、刈り終えました。

 

いつものように、長い休憩をはさみながら・・・。

休憩中のお話も楽しみで・・・。

 

極晩生の緑米(むかって右端)は、

まだ茎が青く瑞々しさがあるので、

刈るのは後日にされるそうです。

 

藁を束ねる作業と並行して、

こちらでは稲木を立てる作業をしてくださっています。

 

束ねた稲わらを、稲木にかけていきます。

 

途中でパラパラ小雨が降ってきたので、大急ぎでした。

全部掛け終えてからなら、降っても良いのですが、

掛けている途中に濡れてしまうのは、

ちょっと困るのです・・・。

 

幸い、小雨はすぐに降りやみ、

無事にすべてのお米を、はざに掛け終えました。

壮観!!

本当に豊かな実りですね。

 

最後は、毎年恒例の逆上がり大会です。

川口さんの逆上がりも、美しく決まりました!

 

今回も、楽しく作業させていただきました。

そして大変勉強になりました。

ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さとう家の田畑 2016月11月17日の様子

2017年02月01日 | さとう家の田畑

 

2016年11月17日の朝、

家の前の畑に向かうと、

うっすら霜がおりていました。

 

 夏草の亡骸と、幼い冬草に包まれ、

うっすら霜をまとう、

サニーレタス。

ああ・・・また、この季節がやってきたね。

 

 お日様が山の影から顔を出すにつれて、

霜がとけてゆきます。

 

 

たいへいさんが、里芋を収穫してくれていました。

 冬の間の、大切な食べ物。

芋穴に貯蔵して、長くいただきます。

 

里芋の手前の元気な葉っぱは、菜花です。 

このあたりで長く栽培されてきた種をいただいたので、大事につないでいます。

秋から冬の間は、間引いてザクザク刻んで、

お好み焼きにしていただいています。

とても美味しいです。

春になったら、蕾もたくさん出てくれることでしょう。

 

 

田んぼの畦まわりに育った大豆。

 昨年は、ほとんどネズミと猿に食べられてしまったけれど、

今年は、いろいろ対策をして、

元気に、たくさん実りました。

わあーい、お味噌を仕込もう!

お醤油も仕込もう!

お豆腐も作ろう!

 

 

お野菜いろいろ元気です。

 

天王寺カブ。

可愛いし、美味しいし、大好き。

 

六条大麦「春雷(しゅんらい)」の芽が、出ていました。

お家で炒った麦茶、すごく美味しかったので、

増やそうと思って、多めに種をおろしました。

 

玉ねぎの種取りに挑戦中・・・。

以前に一度、失敗しています。

今回は、うまくいくかなー?

 

山東菜も、元気。

 

今年は、ほぼすべてのアブラナ科野菜の種を、

10月に入ってから降ろしました。

ダイコンサルハムシ対策です。

お蔭で、被害は少なくおさえることができたと思います。

 

ダイコンサルハムシ対策については、下のページをご参照ください。

→ ダイコンサルハムシによるアブラナ科の被害

 

お鍋にかかせない、春菊。

これは、うちでは虫に食べられないなあ・・・。

 

さあ、今日は稲刈りの続きをするぞー!

 

 

完熟した品種から、順番に刈っています。

 

 今日刈ったのは、モチの赤米です。

 

「名前は知らないけど、イノシシにもカメムシにも強いよ」と、

知人から分けていただいて、つないでいます。

 

今年になって、別の友人が、

籠神社(このじんじゃ)の御神米(ごしんまい)なのでは?」と、

教えてくれました。

そしてまた別の友人から、

「籠神社の御神米の本名(?)は、神丹穂(かんにほ)って言うんですよ」と、

教わりました。

 

カンニホは、うちでもカメムシに吸われません。

御神米、ありがたや~。

 

ノギが長くてフサフサした姿が、

とても豊かに美しく見えます。


別のお米(うるち米)ですが、稲玉がついているのを発見しました。

コウジカビの塊。


極晩生の緑米は、

まだ生き生きして茎が青く、瑞々しさがありますので、

稲刈りは、もう少し後にします。

 

 稲刈りに夢中になって、

ちゃんとお昼ご飯を作る時間が無かった・・・。

オムレツサンドに、

自家製マヨネーズをのせて、

畑で摘んだレタスとルッコラをギュッと挟んで、

いただきまーす。

 

スローフードなのか、

ファーストフードなのか、

よく分かりませんが・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然農に取り組まれている皆さまへ

2016年10月19日 | 自然農・いのちのことわり

 

自然農に取り組まれている皆さまへ

 

皆さまは、朝に夕に、野に立たれ、

太陽、風、雨、嵐…自然の恵みを肌で感じ、

木々、草々、花々、虫、鳥、獣…たくさんのいのちに親しまれ、

お米や、お野菜や、果物のいのちと向き合われ、

お健やかな日々をお過ごしのことと思います。

 

 

 

私も、自然農で

お米や、お野菜や、果物の栽培に取り組んでいます。

 

 

 

 

豊かな自然のなかに身をおくこと、

精一杯に身体を働かせ、心を働かせて作物を育てること、

季節ごとに、色とりどりの美味しい実りをいただくこと、

どれもが幸せなことで、

感謝の日々を過ごしています。

 

 

 

けれども、やはり、

順調にいかないことも、多くあります。

自然農で確実に作物を育てることができるようになりたいと、

深く願っている者です。

 

 

 

皆さまも、田畑に立たれ取り組まれる中で、

ときに問題に直面し、対応に悩まされることも、

おありなのではないでしょうか。

 

 

 

大地に降ろした大切な種が、芽を出さない…

芽を出したのに、虫に食べられてしまう…

病気になってしまう…

元気に育たない…

草に負けてしまう…

枯れてしまう…

委縮してしまう…

倒れてしまう…

実りが悪い…

実ったのに、虫や鳥や獣に食べられてしまう…

草を刈り過ぎて失敗した…

 

 

 

天候に応じることができない…

気候に応じることができない…

土質に応じることができない…

 

 

 

効率よく作業できない…

疲れてしまう…

適期に作業できない…

保存がうまくできない…

種取りがうまくいかない…

 

 

 

本当にいろいろなことが、あります。 

 

でもまた、その一方では、

 

たまたま、うまくいった…

経験するうちに、気づいた…

教えていただいて、分かった…

苦労の末、応じられるようになった…

努力して、コツを得た…

ちょっとした工夫で、効率が上がった…

自然界を観察することで、見えてきた…

 

その様なご経験も、きっと、おありなのではないでしょうか。

 

 

 

そんな失敗や、苦労や、成功の数々、

創意工夫や、気づきの数々は、

お一人お一人の大切な財産であると同時に、

自然農に取り組む私たち皆にとっても、

大切な宝物です。

 

 

 

「自然農・いのちのことわり」では、

自然農を実践するなかで直面するいろいろな問題と、

その解決策を集めて掲載しています。

 

 

 

自然農実践者である川口由一さんが、

自然農を実践するなかで直面するいろいろな問題を集め、整理し、

その解決策を実践者がともに分かちあうことの必要と、

そしてこれから後に続かれる方々へも

手渡してゆくことの必要をお感じになられ、

この取り組みはスタートしました。

 

 

 

一人一人の経験を、

自然農に取り組む人々の「共通の財産」にすること…。

やがて、寄せられた様々な対処法を普遍性のある内容に整理し、

自然農に取り組む人々の「道案内となるような書物」にまとめること…

を、目的として取り組んでいます。

 

 

 

この取り組みは、

自然農に取り組まれている皆さまからのご投稿により、

成り立っています。

 

 

 

ご縁あって、自然農に取り組まれている

あなたの体験談も、お寄せいただけませんか?

 

こんな問題があって、困っている・・・

○○が、どうしてもうまく育たない・・・

うまくいっていたが、○年目にこんな問題が起こった・・・

こんな問題に対して、こんなふうに試みている・・・

このように応じて、効果があった・・・

確実に育てるため、こんなふうに工夫している・・・

聞いた話だが、こんな問題に対して、こういう対処で効果があるそうだ・・・

栽培を重ねるなかで、感じていること・・・

 

・・・等々、お気軽にお寄せください。 

 


  

皆さまよりお寄せいただく体験談を、

ひとつひとつ、大切にします。

ひとつひとつ、よく読んで精一杯理解し、

丁寧に編集し、

皆さまのもとへお返ししたいと思います。

 

分かち合い、ともに成長することを願いつつ、

心より楽しみに、お待ちしております。

 

さとう みかこ

 

 

自然農・いのちのことわり 体験談投稿フォーム

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さとう家の田んぼ 2016年9月7日の様子

2016年09月07日 | さとう家の田畑

お米の花ざかりの季節をむかえました。

手前から緑米、ハツシモ、赤米です。

田んぼの周囲では、大豆が元気に育っています。

 

稲の足元では、たくさんのカエル達が飛び跳ね、

稲の葉には、バッタや蜘蛛達が休み、

頭上では、トンボの舞が繰り広げられています。

 

 

お米も元気!

なのですが・・・


 

今年もまた、たくさん居るんですよね~、この虫が。

クモヘリカメムシです。

この子達は、お米が熟す前に、汁を吸ってしまうのです。

なんとか、実ってほしいのですが・・・。

 

私たちが、これまでに取り組んできたクモヘリカメムシ対策については、

自然農・いのちのことわり「クモヘリカメムシによる被害」のページを、ご参照ください。

 

 

 こちらの赤米は、長い芒(のぎ)に守られているため、

カメムシも、お米の汁を吸いにくいようで、毎年ちゃんと実ります。

 

赤い穂が風にゆられる姿は、本当に美しいです。

 

美しく、強い上に、

この赤米でついたお餅は、最高に美味しいんですよ!

 

野菜畑からも、豊かな実りをいただいています。

二人だけでは食べきれませんので、

食べてくださる方々と、分け合っています。

 

夏の日々が、少しずつ過去となり、

虫の音も響いて、そろそろ初秋の空気ですね。

皆様も、健やかな秋の日々であられますように・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川口由一さんの田植え 2016年6月18日(3)おまけ

2016年08月10日 | 川口由一さんの田畑

2016年6月18日(土)、川口由一さんの田植えのお手伝いの時、

お昼休憩をさせていただいた小屋には、

川口さんの絵画と陶芸作品が展示されていました。

 

心豊かな、美しい作品ばかり・・・

少しですが、お届けしたいと思います。

 

 

「涼気に 玉のクリ 初成り うれし」

 

 

川口さんは、20歳から40歳代の約30年間、

日々の生活に「創作」の時を持たれていました。

小屋に展示されているのは、その頃の作品です。

 

 

 

 

 

どれもが、優しいお人柄そのままの、温もりのある絵ですね。

 

 

「世の中は 変わり行けども さすたけの

君が心は 変わらざりけり」 良寛

 

「み仏の み法の道に かりにだも

契る心は 嬉しからまし」 良寛

 

 

自然の中に身をおかれて、

心の平安を、自らの成長を、本当の喜びを、

真摯に求めておられたのだな・・・と感じます。

 

 

清らかで、素朴な美しさを前にして、

私の心も洗われるように感じました。

 

 

最近もまた、絵筆をとられているとのこと。

今度は、新しい絵も観せていただきたいですね。

 

陶芸作品も、ありました。

 

 

 

優しさとともに、たくましさも感じます。

大地に立って生きておられる方の、

力強い作品ですね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれもが、観ていると、親しみがわきますね。

ものすごく美しいけれど、人を寄せ付けないような怖さが全く無くて、

心を和ませてくれるような、

大らかさ、ひたむきさ、可愛らしさ・・・、があると感じました。

 

 

 

 

緑に囲まれた簡素な小屋の中に、

さりげなく、美しいものが飾られていて・・・

この小屋で過ごす時間は、本当に心安らぐ時間です。

 

お野菜の種も干してありました。

こちらは大根の種。

 

エンドウ豆と、ソラマメでしょうか。

 

お天気にも恵まれたこの日、

田植えの勉強だけでなく、

たくさんのことを教えていただきました。

 

川口さん、ありがとうございました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加