ごぶさたしております

ブログを書いていない間にいろいろありました。引っ越してから初めてバレエの発表会に出ました(キャラクターシューズだけどね)。で、その後から、お稽古でがんばったご褒美?罰?(爆)で、ポアントを履く練習をしています。まだ全然立てません。バーを持って、いや、バーにしがみついて数分ポアントでキープしているだけでもすごい筋肉痛になります&めっちゃ疲れます。で、家では目が腐るほど寝られます(笑)。こんなん履いて踊る人がいるなんて信じられへん(笑)。でも、バレエシューズだけの時にはわからなかったことがわかったりします。とーーってもビミョーで、掴んだと思ったら手をすり抜けていくような危うい感覚なんですが、そこがまたいい。

というわけで、果たしてこんなもん履いてバーから手を離して踊る日が来るのかどうかは全くわかりませんが、一応がんばっております。なお、お腹のぜい肉は落ちる気配がありません。なんでだろぅ~なんでだろ、ななななんでだろぅ~♪
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

洗い物をするときに考えていること

お台所の流しで洗い物をするときいつも考えているのは、洗剤(いやうちで使っているのは液体石けんですが)をちゃんと落とすことです。

食べるものも大事だけれど、器を洗う時に洗剤が残っていたら、次にその器を使うときに余計なものが口に入ってしまうのではないかなあ。

考え過ぎかもしれません。何事もバランス、ではあります。でも、そんなこと考えていつも洗い物をしています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

読了しました

↓の本、よく売れているようですね。私の中でも積ん読queueの前にある大量の本を飛び越えて(山下跳び(笑)(電機業界用語かもしれません))読了しました。

細かなところでは考えの違うところもあるのですが(著者は、調子が悪くてもとりあえず食事は薬と思ってしっかり摂るらしいです)、おおむね私が常日頃考えていることと一致する内容で、現場を数多く見てきたお医者様のおっしゃることなので、なんだか安心しました。

もちろん、ひとりひとりそれぞれに意見があっていいのですが、こういう考え方がもう少し知られるといいなあとも思います。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

なかなか読書の時間が取れませんが

「大往生したけりゃ医療とかかわるな」という本を買いました。新聞広告に載っていた目次の内容が、私が日頃から考えていることとたくさん一致したからです。まだ最初しか読んでいませんが、そこで出てくる「信頼度テスト」やってみると、○印がつくのはゼロでした。

旅行に持参して続きを読みたいと思っています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あけましておめでとうございます

皆様新年明けましておめでとうございます。

昨年は、考え続けた一年でした。そして考え続けることを、体を動かすことが支えてくれたように思います。

今年はゆるっといきたいなあ。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

運動適性テスト 後日談

体育館の指導員さん(イケメンの若い男性)に、「この間の適性テスト、私も受けたんですよー」と話しかけたら、返ってきた最初の言葉が「1級でしたか?」でした。「いえ、2級でした」と言いながら残念な気持ちになったのは言うまでもありません(無駄に負けん気あり)。

来年適用されるより緩い基準に今年の数値を当てはめて計算してみましたが、1級には3点足りない・・・ということは、今の体力を維持、ではなくさらに体力を向上させなければ、1級になれないということです(無駄に緻密な計算)。

ちなみに冒頭の「イケメンの」は全くもって無駄な情報です。

人生には、無駄も必要ってことで。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )

運動適性テスト

こんにちは。ハムストリングスがただの筋肉痛ではなく軽~く肉離れしているような気がする今日この頃。

昨日ですが、近くでしていた「運動適性テスト」というのに参加してきました。

備忘録として。

立ち幅跳び 159cm 6点(身長のハンディがすごーーーくあるような気がする)
上体起こし 18回 10点(いわゆる腹筋ですが、勢いをつけて後ろに倒れると回数が稼げます)
腕立伏臥腕屈伸 23回 7点(いわゆる腕立てですが、楽にできるようになっています)
時間往復走 33m 6点(反復横とびに似ています)
5分間走 790m 5点(5分間ひたすら走る。死ねます)

合計34点 2級 体力年齢は暦年齢-5歳

テストの実施方法等はこちら

自分の年齢の関係で、来年は基準が緩くなるので、体力が維持できれば来年はもうちょっとよい成績になるかもしれません(笑)。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

黒豆アゲイン

夏ですねー。とはいえ、暑い中にも、少しばかり勢いの下り坂が見えてきたもようです。

少し前の話になりますが、記録のために書いておきます。

結構暑くなってからも、せっせと黒豆を煮ておりました(汗)。数年前のお正月に作ったものが中川さんにダメ出しされて以来の宿題です。あれから、宿題のことが気になりつつ、どうしてもそちらのほうに気が向かずに、そのまま置いていたのですが、むそう塾の上級幸せコースに通うことになったので、やっととりかかることにしました。

まずはネットで下調べ・・・(私の場合、近くには昔からの方法を教えてくれる人がいないので、とっかかりはネットで、ということになってしまいます)。正解に近いレシピは、すぐに見つかりました(実はここまでは、ダメ出しされてすぐにしていたのです)。あとは実行に移すのみ。しかしこれが結構難しかった。

本来の作り方だと、陰陽の原理には沿っているのですが、おそろしく時間がかかります。時間管理のまずさもあり、5月に見ていただいたときの分は、時間的には何もかも見切り発車。でも、「マスタークックを使ったから、多少は時間が短くても大丈夫だろう」とか、「食べてみて/触ってみて柔らかいから大丈夫だろう」と思いました。結果、指摘されたポイントは全部見切り発車したところでした。

6月に見ていただいたときも、やはり不十分。このときはかなり改善できたのですが、時間足らずだったところがまだありました。そのポイントをずばり指摘されました。

7月に見ていただくまでに、たまたま母が市販の黒豆セット(笑)を送ってきてくれました。お茶や甘納豆に加えて、黒豆煮も入っていました。食べてみると、(味こそチョー甘だったのですが)自分ができ上がりとしてイメージしていたよりもはるかに柔らかく、「ここまで柔らかくしないといけないんだ」ということを実感しました。お母さん、ありがとう。

そして7月。もう夏やん。と思いつつ、更なるチャレンジ。各工程に、じゅうぶん時間をかけました。もう一人の自分が「もうええやろ」とささやきます(笑)。しかしここはガマン、ガマン。そして仕上がったものは、ようやくオッケーをいただけたのでした(10個ほど持っていったうちで、膨らみ具合が合格だったのは2個だけだったけどね)。

今回実際にやってみて、レシピを知っているのと実際に作るのとの間には大きなギャップがあると実感しました。日々忙しくしているので、どうしても、「もうこれだけしたんだからじゅうぶんだろう」と思ってしまいます。自分への言い訳でしょうか。自分の中にある常識との戦いでしょうか。自分の持つ頑固さとの対決なのかもしれません。でも、そういうものを超えて、はじめて、今までの自分では到達できなかった地点まで行けるのですね。

中川さん、暑い中何度もおいしくない黒豆を食べさせてしまってすみませんでした。ありがとうございました。クラスメートのみんなもありがとう。8月は持っていかないのでどうぞ安心してください(笑)。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

やっと

皆様こんにちは。長い間ほったらかしでごめんなさい。

今やっと、あしなが育英会の「東北レインボーハウス建設費」支援の申し込みをしてきました(ネット上でクレジットカード決済が可能です)。

時間がかかってしまいました。私としてはまとまった金額だったことがひとつの理由。もうひとつの理由は、自分自身の幸せ感がなかなか高くならなかったことです。

ひとのためになる(と、自分が思う)ことをさせていただこうと思っても、自分が幸せだと(自分で)感じていないと、心からさせていただくことができません。今回、そのことを実感しました。そして今回、心からさせていただきたくなるまで待とうと思いました。

これはあくまで主観的な感情。他のひとから見れば???と思われるかもしれません(まあ、細かな事情は、少なくともネット上で説明することはないので、どちらにしても???ですけれど)。でも、自分の思うところを優先して大事にしていきたいと思います。自分を大事にすることが、自分を愛することになり、ひいてはひとを愛することになりますから。

ちなみに・・・↓のデスクトップコンピュータ、まだ玄関に積んだままなんですが・・・(汗)。どなたか、うちにいらしてセットアップしてくださいませんか(結構切実)。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )

決してスーパーなわけではなく

時々、「あなたは何でもできるからねえ」と言ってくださるかたがおられます。娘が中学生の時に通っていた塾の先生からは、「スーパーかあちゃん」という、いったい褒めているんだかどうだかよくわからないような名前も頂戴しました。

しかし、現実はそうではなく・・・。

人よりも要領が悪いのです。で、最初は失敗ばかりする。だから失敗の原因を考えざるを得ない。自分で苦しんで自分で試行錯誤して、その中で解決方法を見つけるから、上っ面だけでなくその奥の原理が多少なりともわかるんでしょうねえ。そして、自分の身につく。

どうしてこういうことを書いているかというと、購入したデスクトップコンピュータをそろそろセットアップせなあかんのですわ。クレジットカードの請求が来たのに、まだ玄関に積んだままなので・・・(爆)。今回も、いろいろ試行錯誤しないとだめなんだろーか(ちなみにデスクトップと同時に買ったノートパソコンのセットアップでは、丸一日がかり+周辺機器のサポートとソフトウェアのサポートに電話を計1回ずつ)。

今している仕事が終わったら、とりかかるかな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ