懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

私の昭和鉄道遺産 その33 飯山駅のC56

2017年06月15日 | 私の昭和鉄道遺産
蒸気機関車の走っている頃に長野県飯山市に飯山線に乗り一度だけ行った事がある。
駅にC56型蒸気機関車の貨物列車が停車していた。

働きながらでは何度も撮影に行ける環境ではなかった。
定年後は茅葺民家撮影や観光で飯山には何度も行った。
鉄道の撮影の頃は昭和46年でさぞかし昔の農村風景が残っていたと思うがほとんど記憶にない。
関心もなく目に入らなかったのだろう。
過ぎ去った時代を考えるとボケーと生きていてはいけないということです。関心があれば車内から農村風景を撮ればよかった。

日々の出来事に興味と関心を持ち続けたかで長く生きている内に大きな差になるなあと思う。
感性も低く感動も関心も少なく生きてきたと思う。
高度成長期に入る時には大きな変化があった。
その変化でどう変わるかを予測して記録した人は偉いと思う。
その時代に生きていると変化は気付かないものだ。

平成の時代も終わろうとするがこれから何が消えるかの予測はなかなか難しい。
しかし世の中は日々変わっていく。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 懐かしい風景  旧玉島駅 | トップ | 日本茅葺紀行 NO,372  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

私の昭和鉄道遺産」カテゴリの最新記事