懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

茅葺き民家  働く女性

2017年05月17日 | 茅葺き民家
撮影場所 岡山県旧加茂町 (現在は津山市)

朝から作業をされている女性と茅葺き民家を撮影させてもらう。
農業をやっている女性は朝から晩までよく働く。
80歳90歳になってもよく働く。

農家の女性の事を角のない牛というところがある。
牛馬のように働くという意味だそうだ。

一生働きづくめで子育て両親の世話、夫の世話と農作業で一生終わる人もいる。
娯楽や旅行もほとんどやらず何が楽しみで生きてきたのであろうと思う人もいる。

都会の人ならは仲間と女子会、カラオケ習い物と遊ぶのが忙しい。

どちらが幸せかは本人の気持ちのありようでなんとも言えない。

サラリーマンでも贅沢もせず旅行もせず子供に何千万も残す人もいる。

何が楽しみでこの人は生きたのかと思われながら人生の幕を閉じる。
真面目にあまり欲もなくよく働く人だったといわれるも生き方か
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本茅葺紀行 NO,366 水... | トップ | 限界集落  2016年 茅葺写... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。