懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

茅葺き民家 田舎の漂う風景

2017年04月06日 | 茅葺き民家
撮影場所 兵庫県旧今田町

この民家を見ていて田舎の漂う風景だなあと思う。
田舎を感じるのは年齢によっても違うと思う、私は子供の頃の風景を思い浮かべそれに近い風景に田舎を感じる。

田や畑があり川が流れ遠くには山も見え林や鎮守の森もみえる風景も田舎の風景には必要だ。
この民家の場合は周りに建物が無いのがいい。しかも家の周りに塀などなく農家らしい。

茅葺き民家は密集した集落にもあるが一軒屋で電柱のない家が懐かしく撮りやすい。

こんな民家に出会うと嬉しいものだ。

今年は桜が遅れている。少し咲いた程度だ。宮崎、鹿児島が平年より10日遅れてやっと開花宣言だそうた。
ここのところ東京の開花が一番早くなった。
冬場温かく春先寒かったのか原因というがいかがなものか、温暖化で鹿児島ではソメイヨシノの花が見られなくなるというがどうか 私は?である。゛

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本茅葺紀行 NO,358 滋... | トップ | 2016年 茅葺写真展 小屋も... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

茅葺き民家」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。