懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

私の昭和鉄道遺産 その29  北九州の9600型

2017年05月05日 | 私の昭和鉄道遺産
北九州へ夜行に乗り向かった。

着いた北九州は雨だった。
休暇を計画的に取っているので雨でも行かなくてはならない。
朝になっても暗い。気分も暗くなる。

蒸気機関車の写真撮りの日は雨が多かった。
晴れの日がむしろ少なかった。
フィルムの感度も低かった。
撮影には厳しい一日だった。
雨に濡れている線路を見ていると何か寂しい。
自分の生きてきた自信のない人生を見ているようで虚しい。

自信に溢れて生きている若者がうらやましい。
人生は何とも頼りない者も結婚を家族を守りながら次第に自信もついてくるととものに厚かましくなってくる。

雨に濡れた線路を見ていると自分の生きた時代を思い出す。

筑豊線の駅にたたずむ9600型蒸気機関車
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 板壁の通り | トップ | 日本茅葺紀行 NO,364 水鏡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。