懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

日本茅葺紀行 NO,378 岩手県旧室根村 

2017年07月15日 | 日本茅葺紀行
岩手県の南部から気仙沼にかけては豪壮な煙出しのある民家が見られる。
写真の民家の煙出しはそれほど豪壮でないが。・
佐野昌弘氏の茅葺民家の本でその存在を知った。
最初に行ったときは室根村にも沢山あったが昨年行ったら随分なくなったり朽ちていた。
トタンを覆うことなくそのまま廃屋になっている家が多かった。

再びそのあたりをさがしたが記憶もあいまいで建物が撤去されていたら全く思い出せない。
走った道路を色で塗り茅葺民家をプロットしておかないと分からなくなる。

日本の田舎の風景も建物も時間との勝負だと思う。



『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鶴瓶の家族に乾杯 鳥取県日南町 | トップ | 茅葺民家 モノクロ 岡山県... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。