懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

日本茅葺紀行 NO,366 水鏡と茅葺き民家 その3

2017年05月16日 | 日本茅葺紀行
今回は東北地方の田植え前の風景

東北では4月には雪や霜の降りるので田植えは5月中旬に行われるようだ。

ゴールデンウイークが終わり次の週に行くと田植えの準備が見られる。゛

稲架にも使う木の柵が味がある。栗の木で100年も使っているのにも出会った。

山間部に行くと用水の水路脇に葉わさびが自生している。葉わさび漬けにすると美味しいそうだ。



『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の昭和鉄道遺産 その30 糸... | トップ | 茅葺き民家  働く女性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。